ロシア北海道侵略と北海道民五百万人ジェノサイドをプーチンに了解した2018年11月の安倍晋三──鈴木宗男が主導した「アイヌ先住民族」国会決議(2008年)は、「北海道はロシア領」を確定させるプーチン命令

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ウクライナ国防軍関係者の6月12日twitterに、表1リストの武器を、西側は急いで供与して欲しいとあった。ウクライナの対ロシア防衛戦争は、世界の平和維持秩序を守るものであり、また日本国の国防とは密接不可分の関係にある。日本は、世界に率先垂範して、これらの武器の一部を急いで送ろうではないか。

表1;日本が供与すべき、ウクライナが喫緊に必要とする武器

(備考)米国製M270を、米メーカー「LTV社」は、今、生産していない。が、日本の「IHIエアロスペース」が今も生産工場を有している。米国製のGPS誘導ロケット弾を含め、日米英の関係メーカーが急ぎ糾合して大量生産に踏み切るべきだ。

 ウクライナは、ロシア大膨張の防波堤として、今、国民挙げて戦っている。しかも、このウクライナのロシアからの位置は、日本国とは鏡像の位置。ウクライナの運命はまさしく日本国の運命。日本がウクライナと一心同体なのは、地球儀上の日本の地理が決定している。即ち、ウクライナがその対ロ国防で欲しい武器を日本が世界に率先して供与するのは、直接的に日本国を防衛することに繋がる。

 それなのに自由のために戦うウクライナの偉大な対ロシア戦争を等閑視するのが、倫理道徳も国益も認識できない日本の現状。日本人は、反・倫理で反・法的正義の“人間以下”に成り下がった。

 現に、“侵略と殺戮の皇帝”プーチンは、“スウェーデンの永年の固有の領土”バルト海の入り口を侵略・奪取したピョートル大帝の侵略行為を讃える始末(プーチンの6月12日「ロシアの日」演説)。このような領土膨張と侵略正当化を民族固有の文化とするロシア人の悪魔性は、ロシア人を絶滅させない限り消えない。つまり、ロシア人の地球上からの絶滅が不可能なら、ロシア人をモスクワからバイカル湖までの領域に押し込める必要がある。ロシア人から核兵器と海軍力とバルト海・黒海・沿海州とを全て没収し、ロシア人の海への出口をムルマンスク一ヶ所に限定しなければならない。

“ロシア北海道侵略と北海道民五百万人ジェノサイドをプーチンに了解した2018年11月の安倍晋三──鈴木宗男が主導した「アイヌ先住民族」国会決議(2008年)は、「北海道はロシア領」を確定させるプーチン命令” の続きを読む

“極悪「対ロ」売国奴”安倍晋三は、プーチンの対ウ侵略・虐殺・拉致・略奪を擁護すべく、“NATOロシア関係史”を捏造的に大改竄──法務大臣は、指揮権発動し“極東ロシア軍のインフラ整備に三千億円を貢いだ安倍晋三を「刑法外患罪(死刑)」で逮捕せよ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 日本の政治家は、例外がほんの数名いるが(1%未満)、愛国心が欠如しているのが絶対多数(99%以上)。つまり、日本の政治家とは、祖国に対し叛逆的で祖国を毀損するのが普通で常態。

 歴史を振り返っても、日露戦争の終了とともに武士の子弟が大量に引退した1906年以降の日本では、愛国心ある政治家などほとんど消えた。大衆が政治家を決める投票権を持つ“最悪の政治制度”が始まる大正デモクラシー以降になると、日本の国会議員は、共産主義者か、そうでなければ人格・教養における水準以下のクズ/ガラクタ人間の職業となった。

 これこそは、オルテガが『大衆の叛逆』で考察した通りの、腐敗と堕落が阿波踊る大衆デモクラシーの政治の特性である。この意味で、河上肇の一派・安倍寛を初代とする安倍家コミュニスト三代の家系に生まれ、スターリン/野坂参三崇拝の安倍晋太郎の意思を継ぎ、心にもない「民族系」演技で人気を博しつつ、対ロ売国一直線の安倍晋三がトッチャン幼児のように燥ぎ回っている光景は、大衆が叛逆する日本政治の末期を飾るものと看做せば納得できよう。

 かくも日本国の政治情況は、目も当てられない状況になった。これは、“国民騙しの天才”ヒトラーに洗脳されて酔い痴れた、1930年代後半の(破局・破滅に飛びこむ直前の)ドイツを彷彿とさせる。一億日本人は、日本国を地球から消さんとする国民騙しの安倍晋三らが吹く“ハーメルンの魔笛”に、ピーヒャラ踊って、阿鼻叫喚の地獄へと行進している。

““極悪「対ロ」売国奴”安倍晋三は、プーチンの対ウ侵略・虐殺・拉致・略奪を擁護すべく、“NATOロシア関係史”を捏造的に大改竄──法務大臣は、指揮権発動し“極東ロシア軍のインフラ整備に三千億円を貢いだ安倍晋三を「刑法外患罪(死刑)」で逮捕せよ!” の続きを読む

仏マクロン大統領の妄言「プーチンのロシアに(敗戦の)屈辱を与えてはならない」は、第二次世界大戦の元凶ヒトラーを増長させた“1930年代フランス暗愚外交”の再現──露烏戦争の戦後処理は、“叡智と賢慮と勇者の騎士”英国の主導に委ねよう

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 仏マクロン大統領のプーチン詣では、“スーパー対ロ売国奴”安倍晋三の27回に次ぐ15回に及ぶという。十九世紀末からのフランスの親ロ慣性は、天才ビスマルクも手を焼くほど。だから、三国干渉にも見せたようにフランスを半ば浸食するロシア贔屓において、欧米諸国の中では、“世界一のアホ民族”日本のロシア属国主義ほど極端な狂気性はないが、フランスを“重いロシア病”罹患国と見做しておかねばならない。

 ロシア狂・日本がフランスを非難するのは無礼に当るから、まず、日本の狂ロシア属国主義を振り返る。この一つに、ロシア一辺倒だった戦前日本の祖国叛逆外交があろう。

 戦前日本の祖国叛逆外交は、日露戦争に勝利した直後の1907年に始まる。第一次日露協約がそれ。これにより日本は、北満洲と外モンゴルにも軍事力投入のベクトルを向ける、ロシア南下を封じ込める正しい対ロ軍事態勢を、自ら崩壊させた。すなわち、日露戦争に勝利した日本は驕慢に現を抜かし、ロシアに全面工作されて主権を捨て、逆走外交を国策とした。

 ロシアの対外情報工作力は、人類史においてロシア民族だけが有する特殊能力。情報と智慧に長けた英米というアングロ・サクソン族以外の、いかなる国も、ロシア工作を受ければひとたまりもなく、その外交は迷走し自国に刃を向ける。日本が、ロシアからの工作でロシアの操り人形にならない方法は一つしかない。米英の同盟国となって、日本が「米英こそ日本外交の羅針盤」とする時のみ。

“仏マクロン大統領の妄言「プーチンのロシアに(敗戦の)屈辱を与えてはならない」は、第二次世界大戦の元凶ヒトラーを増長させた“1930年代フランス暗愚外交”の再現──露烏戦争の戦後処理は、“叡智と賢慮と勇者の騎士”英国の主導に委ねよう” の続きを読む

ロシア産天然ガス/蟹ウニ海産物を輸入禁止しない倫理道徳を失った“家畜”日本人。ロシアに虐殺されるウクライナ国民に涙しない“人非人”日本人──ロシアに満洲とシベリアで惨殺された祖先百万人の無念に思いを致さない“非情”日本人の末路

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 冒頭から脱線するのは論考としては非常識にすぎるが、読者には、何分ともご海容をお願いしたい。

脱線Ⅰ;米バイデン大統領、射程300㎞MLRS(多連装ロケット)の対ウ供与を拒否

 私は、後述する理由で、米国の射程300㎞MLRS(多連装ロケットシステム)のウクライナ供与を、ここ一ヶ月以上、まだかまだかと首を長くして待った。が、5月30日、バイデン大統領は「この長射程MLRSは供与しない」と表明(ロイター)。私は、がっかりした。

 私が、射程300㎞MLRS供与に拘った理由は、露烏戦争の勝敗(=ウクライナの勝利)を決めるのは次の三つと考えるからだ。そして、射程300㎞MLRSは、Aに一定以上の戦果をもたらすからである。なお、BとCについては未だ策が見つからない。私の軍略家としての才は、大村益次郎に及ばない。

A、クリミア半島「軍港」セバストポリを破壊尽し、ロシア黒海艦隊司令部「機能」を崩壊させる事。

B、ケルチ海峡大橋(2015年1月契約、2018年5月道路開通。2019年12月鉄道開通)を破壊して、ヘルソン州やクリミア半島への、ロシア軍の陸上による兵站輸送力を不能にする事。

(備考)なお、ケルチ海峡大橋の鉄道が開通したのは2019年12月。この時、プーチンはヘルソン州&サボリージャ州&マリウポリへの侵略の意志を固めたはず。

C、ロシア黒海艦隊の潜水艦部隊の母港は、セバストポリではなく、ケルチ海峡より南東100㎞ほどのノボロシースク。このロシアの潜水艦基地を使用不能のレベルに破壊尽くすこと。

“ロシア産天然ガス/蟹ウニ海産物を輸入禁止しない倫理道徳を失った“家畜”日本人。ロシアに虐殺されるウクライナ国民に涙しない“人非人”日本人──ロシアに満洲とシベリアで惨殺された祖先百万人の無念に思いを致さない“非情”日本人の末路” の続きを読む

ロシアに準・占領された根室市ほかを日本は急ぎ奪還・正常化せねばならない──「ロシア侵略“大歓迎”」「日本人はロシアの奴隷になります」を意味する露語が氾濫の根室市/稚内市は、日本人が「国家防衛」意識を完全喪失したからで、北海道ロシア領化は極めて近い

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ウクライナの東部情勢は、ウクライナの方が敗北を重ね決定的に後退している。特にルハンシク州では、二つ合わせて州の副都的なシェヴェドネツィク/シチャンシクは既に包囲され陥落する可能性が高い。この場合、イジュームとザポリージャを結ぶ線までがロシア制圧区域となるだろうから、再びハルキウがロシア軍に包囲されるし、東部南部全体でウクライナ軍は相当な苦戦に陥る。まさに今、ウクライナは、大後退かそれともロシア国境まで進撃できるかの瀬戸際。情況からして戦況の帰趨は決してウクライナに甘くはない。

 が、ロシアKGB第一総局の完全支配下にある日本の新聞・テレビは、意図的にウクライナの戦況を報じようとはしない。報じれば、日本国民はウクライナ側に付いているので、日本人の多数に「武器を送れ」の声がまきおこるからである。現に、ウクライナの劣勢は、ウクライナ陸軍保有の榴弾砲と戦車と砲弾の不足が決定的。米国が送った90門の榴弾砲は、ハルキウ州/ヘルソン州/ザポリージャ州の最前線にも分けており、その全てをルハンシク州/ドネツィク州の前線に配備したわけではない。

 榴弾砲や多連装ロケット砲などの火力部門では、東部戦線の現在のウクライナはロシア軍の七分の一。これほど貧弱だと士気の高さでカバーできる範囲にはない。今ではウ側が、一方的に押し戻されている。東部戦線の榴弾砲は少なくともあと100門以上が必要。火力部門の戦力でこれほど劣勢だと近接戦はできないので、ウ軍得意のジャベリンなどはほとんど役に立ない。

“ロシアに準・占領された根室市ほかを日本は急ぎ奪還・正常化せねばならない──「ロシア侵略“大歓迎”」「日本人はロシアの奴隷になります」を意味する露語が氾濫の根室市/稚内市は、日本人が「国家防衛」意識を完全喪失したからで、北海道ロシア領化は極めて近い” の続きを読む