アイヌ嘘歴史“捏造の元祖”金田一京助は、どんな目的でそうしたのか──天皇への武力叛逆を煽動? 日本人からその祖先を剥奪して「“無祖先”自虐教」を刷り込む? いずれも日本国の溶解的自壊か、スターリン型共産革命に行き着く

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

(備考)本稿は、10月26日/11月9日/11月16日/1月8日upの連載「侵略異民族アイヌの本当の歴史」第五弾。

 大和朝廷への服属(帰順)を断固拒絶する、東北の「蝦夷」が日本人であることなど自明にすぎ、この問題は元来、論争にもなりえない。が、六国史にある「蝦夷」をアイヌだとの真赤な嘘を真赤な嘘と知りつつ、学問の形で大嘘宣伝した“極左”一流学者が、大正時代から昭和前期にかけて二人いた。現在、共産党員アイヌ史家が“真赤な嘘”「蝦夷はアイヌだった」を書き捲るのは、この“嘘歴史パイオニア”二人が残した真赤な嘘内容の著作が決定的に元気づけているからだ。

 「北海道アイヌ」の存在を革命手段に活用して、日本国の溶解的解体を目論んだ明治生まれの“極左”一流学者二人とは、喜田貞吉と金田一京助のこと。喜田貞吉は部落解放アナーキスト。金田一京助もアナーキズムに傾斜した共産主義者で戦後に入党した。

  なお、この両名の馬鹿げた嘘「蝦夷=アイヌ」に反駁したのが、戦後の1951年になっていたが、東京帝大理学部教授・長谷部言人(医学部卒)。金田一とは同じ年に生れた長谷部の結論が、次。

「身長、頭の形、血液型のどれをとっても、現代の東北人がアイヌに似ているとは言えない。結果は逆で、エミシはアイヌではないという方角を指し示している。・・・(前節では)国史の記述と地方差とを研究してアイヌが内地にいた跡形の無いことを証明した」(注1)

 喜田貞吉と金田一京助が活躍した大正時代を、彼らと同時期の極左著名人と一緒にし、表1に纏めた。明治生まれがいかに“反日極左”に育つかが、一目瞭然に明らかになる。明治生まれの保守主義者・与謝野晶子が、いかに稀有な例外だったかもわかる。

“アイヌ嘘歴史“捏造の元祖”金田一京助は、どんな目的でそうしたのか──天皇への武力叛逆を煽動? 日本人からその祖先を剥奪して「“無祖先”自虐教」を刷り込む? いずれも日本国の溶解的自壊か、スターリン型共産革命に行き着く” の続きを読む

菅義偉よ、コシャマイン大襲撃の“犠牲者”日本人一万人の慰霊塔と、侵入異民族にジェノサイドされた“先住民族”縄文人一万人の慰霊塔を、「白老ウポポイ」跡地に建立せよ。 ──“赤い嘘歴史の博覧会場”白老ウポポイの爆破解体は、日本国の存続と安全に焦眉の急

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 「日本国民」の意識と精神を持つことを断固拒否の、1970年頃に発生し今や凶暴さを増す“非・日anti-Japan”アイヌ人(約2割)を、日本政府(内閣府)は意図的に無為に放置し、いやむしろ積極的に彼らの暴力的「反日」活動を煽動し助成している。

 一方、中ロの日本列島侵略の動きが侵略前夜の勢いの今日、「北海道」侵略ロシア軍を熱烈歓迎する動きを見せる“非・日”アイヌ人に対し、その外患誘致・利敵活動を未然防止すべく、刑法外患罪を適用する準備を急がねばならない。よって、政府(大臣)&内閣府(官僚)&国会議員に対し、日本国民としての愛国心を喚起し、北海道防衛の責任を履行するよう要求する。また政府も国会も、歴史の真実を忠実に遵守し、害敵として北海道に侵入した異民族アイヌを、(「アイヌ系日本国民」になるのを拒絶した者に対し)彼らの故郷エニセイorアムール川に強制帰還させる法的措置を執られたい。

(備考)本稿は、10月26日/11月9日/11月16日にupした稿に続く、その第四弾に当る。

縄文人”皆殺し”アイヌ(レーニン/ヒトラーに酷似)は、北米インディアン殺しの白人より凶悪

 共産党員・市川守弘の著『アイヌの法的地位と国の不正義』は笑止千万、読むに堪えない。この著は先ず、①北海道の歴史を狂的な妄想のもとに犯罪者的な改竄・捏造をしている。次に、②日本政府の対アイヌ政策を、先住民族アメリカ・インディアンに対する米連邦政府の施策に重ねる、逆立ちしたトンデモナイ誤謬を犯している。

 ①は、一万年以上続いた縄文時代の北海道の歴史も、それに続く擦文文化の北海道の歴史も、あるいは鎌倉・室町時代の北海道の歴史も全て存在しなかったとの、大トリックで論を進める、市川の犯罪マジック・ショーの事を指す。こんな悪質限りない歴史の大改竄を行っておきアイヌの法的地位を論じるのは、真赤な嘘をでっち上げる犯意があるからだ。

 共産党とは、異民族の対日侵略を快楽・歓迎する“最狂の売国奴”カルト団体。市川守弘の「アイヌの法的地位」向上運動は、「異民族の対日侵略を快楽・歓迎する」“赤い宗教ドグマ”の典型。

 何故なら、“赤い尖がり帽子をかぶったトリックスター”市川守弘は、「北海道における人間は、江戸時代に初めて現れた」「北海道の人間の歴史は、アイヌと松前藩の歴史しかない」と作為しているからだ。江戸時代以前の北海道史を抹殺する市川守弘のこのトンデモ大嘘は、公理「ヨハネ黙示録と同じく時計が止まった共産社会を目指す共産党員とは、人間から歴史を剥奪して人間を夢遊病者やボルトナットに改造する恐ろしい悪魔型狂人」を思い起こせば、さほど驚かなくて済む。

 北海道における先住民族は縄文人である。シベリアからアイヌtribeが侵入・侵略していなければ、北海道は、100%の確度で、縄文人(=原日本人)と移住日本人とが婚姻を繰り返し、現在の日本人と全く同じ日本人だけが北海道で平和に繫栄していた。しかも、野生動物殺しを生業とするアイヌと異なり、縄文人の時代ですら野生動物の捕獲を最小限に留め(注1)、植物を食物とする植物採集/農耕民族の原日本人&日本人だけならば、北海道の野生動物が今ほどのレベルに絶滅しなかった。

“菅義偉よ、コシャマイン大襲撃の“犠牲者”日本人一万人の慰霊塔と、侵入異民族にジェノサイドされた“先住民族”縄文人一万人の慰霊塔を、「白老ウポポイ」跡地に建立せよ。 ──“赤い嘘歴史の博覧会場”白老ウポポイの爆破解体は、日本国の存続と安全に焦眉の急” の続きを読む

豊田社長の異議「ガソリン車禁止に反対!」は“最高級の正論”──“狂気の反・科学”「脱炭素社会」を狂信し日本経済の破滅を狙う菅義偉よ、パリ協定から離脱せよ。経団連よ、“CO2を呪うカルト教団”環境省を廃止する国民運動を開始せよ。

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 豊田章男・トヨタ自社長は、2020年12月17日、記者会見で「(環境省が)“2030年代にガソリン車(新車)の販売を禁止する”ことを検討している」菅義偉コミュニスト政権に対し、強く「反対!」を表明した。日本国民は万雷の拍手で、豊田社長の、この勇気ある発言を称讃し支持すべきである。

 理由は二つ。第一。CO2と地球(北半球)温暖化とは科学的に全く無関係。豊田社長「応援」は、カルト「CO2呪詛教」の洗脳で集団妄想状態の日本人を覚醒させ科学立脚に回帰させる。

 第二。国家権力の介入は市場原理の自由競争を盛んにする場合のみ許されるのだから、自由市場が決定すべき事項への介入は厳に禁止される。即ち、ガソリン車の生産/販売は“私企業の自由”だから、この禁止を命じる自由侵害の行政は、全体主義国家の暴力的“統制経済”。市場経済“殺し”の最凶最悪の行政。このような政府介入は万が一にも許してはならず、排撃せねばならない。

“豊田社長の異議「ガソリン車禁止に反対!」は“最高級の正論”──“狂気の反・科学”「脱炭素社会」を狂信し日本経済の破滅を狙う菅義偉よ、パリ協定から離脱せよ。経団連よ、“CO2を呪うカルト教団”環境省を廃止する国民運動を開始せよ。” の続きを読む

中共が死亡宣告を突きつけた日本/台湾“運命共同体” ──日本・台湾「国防」に有害な“America Alone 反・中共”トランプ外交

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

【お断り】 前々稿で、私が「頑張れ、トランプ」と熱烈声援を送っているものに、トランプの①“不正の塊”郵便投票糾弾闘争と➁米墨間「三千㎞壁」建設、の二つあると述べた。が、全部で四つあった。第三番目が③米国の惨たる分断“現実”を国民にありのまま見せた偉業。第四番目が④反科学の地球温暖化CO2説に異議を唱えパリ協定から離脱したトランプこそ、科学に適う勇者であろう。

 私がトランプに万雷の拍手を送る第三番目。米国社会は、レーガン以後の1990年代より顕著な分断情況を呈するようになった。が、クリントンやオバマらはこの隠蔽・糊塗に終始した。バイデンは、この「分断」隠蔽作戦をもっと狡猾に強化するだろう。一方トランプは、歯に衣着せず、悲惨な「分断」情況を米国民に白昼公然に暴露した。分断を可視化した。国家の現実をありのままに国民に提示するのが、政治家に課せられた正しい国政遂行。この意味で、この点に限るが、トランプ大統領は、米国民に対して、称賛されるべき極めて健全な行動をした政治家として特筆されるべきだ。

 米国の分断は、ソ連(フルシチョフ)が背後で操る“KGBロスケ共産主義者”キング牧師の「公民権運動」運動を皮切りに、1960年代に始まった。この米国社会の深刻な分断情況をアメリカ国民に警鐘乱打したのがサミュエル・ハンチントン。その著が『分断されるアメリカ』(2004年)。トランプは、ハンチントンに遅れること十五年、意図せずして米国民に分断の現実の惨状を啓蒙した。立派である。

(以下は、三分割した論文の、前々稿と前稿に続くラスト・パートに当る)。

トランプの反・中共は米国本土内。西太平洋での反・中共ではない。峻別せよ!

 日本の民族系は教養がなく知能指数が際立って低い下衆階級。国際政治などほとんど見えない。外交や国防という国政の中枢を正しく思考するに不可欠な国際政治が全く把握できない結果、民族系は保守の対極、つまり共産党・朝日新聞の別動隊になる。だから彼らは、次のようなイロハ事項の比較権衡すらできない/しない。

1、トランプは親ロであり、日本の主敵ロシアから日本を守るに、トランプの対露外交は有害で危険。

2、トランプの反・中共は、日本/台湾が裨益する“西太平洋を守る反・中共”に力点を置かない。あくまでも米国本土内への中共の経済侵略や情報侵略を排除する事に的を絞った自国重視に集中する。日本/台湾に少しプラスする部分もあるが、「大きなマイナス」の方が顕著。この「少しプラス」は、バイデンでもするだろうから、バイデンとトランプの間には差異はない。

3、バイデンは“やや反露”。“親露”トランプより、相対的には日本に直接裨益する。例えば、“稀代の反日コミュニスト”安倍晋三のスーパー対ロ売国行為(プーチンと27回も会談)をバイデンなら阻止した。バイデンはまた、日本全土をロシアへ献上することに全身全霊を傾注している“悪魔の敵国ロシア人”鈴木宗男を(刑法外患罪ではなく別件)逮捕せよと安倍晋三に迫っただろう。対ロ外交に関する限り、ほんの少しだが、バイデンの方がトランプより日本国に貢献したのは間違いない。

 そこで、以下、トランプの「反・中共」を、米国本土と西太平洋の二つに地理的分離した解剖をしよう。日本が米国に期待し欲するのは、“西太平洋での反・中共”。“米国内における反中共策!”ではない。トランプの“Fortress America  米国のみ安全な砦に立て籠もる”策では、日本の「対中」国家安全保障は向上しない。つまり、この地理的峻別をせず、トランプ支持/不支持を騒ぐ酔っ払い日本人は、意図せずして日本を撹乱し日本の国益を毀損している。

“中共が死亡宣告を突きつけた日本/台湾“運命共同体” ──日本・台湾「国防」に有害な“America Alone 反・中共”トランプ外交” の続きを読む

菅義偉よ、茂木敏充の首を斬り日中平和条条約の破棄を習近平に通告せよ。「米国をレーガンの介入主義/同盟主義に回帰させる」事が、日本が今すべき国家の存亡を賭けた最優先外交だ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

(本稿は、長くなりすぎ中断した前稿に連続する、その後半の半分)

 日本でもトランプ支持者と朝日新聞に代表されるバイデン支持者とが対立している。日本のバイデン支持者の多くは、共産党員や共産主義者など、visibleな「反日」勢力が主力。私は日本のバイデン支持者に対しては蛇蝎を見た時のあの嫌悪感をもって嘔吐を催す。が同時に、トランプ支持の日本人に対しては、“国益がわからぬ単細胞野郎!”と、軽蔑の感情が迸る。

 私のこの微妙な立ち位置は、米国の東部における数百名の保守系知識人(大学教授&シンクタンク研究者、ほとんどがPh.D)の多くと同じである。親ロという“反・米国国益の極み”トランプ外交によって、世界秩序メーカー米国の外交構造は、自壊作用を起こしてしまい、今や修復不可能のフェーズに至った。むろん、独りトランプ外交の所為ではなく、マルクーゼ系コミュニストである前任者オバマの核廃絶(米国核戦力の対露/対中相対的大削減)と、トランプの時代錯誤「America First=America Alone米国独りぼっち」狂いが合体したことによって生成された、世界にとり最悪の十二年間の結末。

 すなわち、トランプ政権が今後四年続いても、バイデンが四年間大統領になっても、日本が中ロに侵略されて確実に地球から消える“中ロが分断占領する日本列島”が現出するその直前状況が、これからスピードを上げて形成される。

  “史上空前の対ロ売国奴”で凶悪コミュニスト安倍晋三の“反・国防&超バラマキ福祉&新生児数激減による民族絶滅策”八年間を通じ、日本憎悪の“国家「自滅」政治”は一線を越え、深部に及ぶ国家腐食が進捗し、日本民族は劣化どころか動物化し、“日本国の死亡宣告”は悪夢ではなく現実となった。日本国を包む絶望の暗い黒雲は、コールタールとなって日本列島にベットリへばりついている。今や、日本には太陽の光は一条も射していない。

北方領土を露に貢ぐ“反日の狂人”安倍晋三に激昂しないトランプは、米国大統領か

 話をトランプ外交に戻す。トランプは「RCEPに絶対反対だ!」とは一言も発したことはなく、“経済の反中同盟づくり”を主導する米国の責任を放棄した。トランプはまた、「北方領土をロシアに貢ぐ“悪魔ロスケ”安倍晋三の日露平和条約狂いに絶対反対する」とは公言せず、ロシアの対対日軍事侵略(=日本のロシア属国化)から“自由な海”西太平洋を軍事防衛する、永年負ってきた米国の責任をも放棄した。

 「America First」外交とは、米国が世界の孤児(Alone、独りぼっち)になって、地球全体が中ロに席捲されていくのを、指を咥えて傍観する“米国の冬眠”の事。日本にとり最悪の国際情勢が訪れるのは必然だし不可避となる。現に、習近平の香港/ウィグル/チベット/内モンゴルへの弾圧と強権的な支配はスターリンの再来だが、トランプは指を咥えて何もしない。これが世界を無秩序な巷に抛り出す“無責任「傍観」主義”「America First」の正体なのだ。

 南シナ海を軍事化し内海化するという、習近平の軍事的大膨張に対してもトランプは何もしない。全て放置。尖閣諸島の防衛に関し、日本に対して「尖閣の魚釣島を要塞化しろ、自衛隊を常駐させろ」と、安倍晋三を一度たりとも叱ったことがない。尖閣は米国の領土でないから、トランプにとってどうなろうとどうでもいいのだ。このように、「America First」とは、トランプのごとく、米国国内問題しか見えない/米国国外問題に完全盲目となる外交のことをいう。BLMで暴動に走る(外交無関心の無法な)下層黒人と、国際政治が靄に霞んでいる「America First」狂のトランプの確執は、五十歩百歩の近親憎悪。

 また、尖閣を守るにも台湾を守るにも、日本に“中古の原潜”ロサンジェルス級八隻を購入させ、軽空母四隻を米国に発注させなければならないが、トランプは、この事を安倍晋三に迫ったことがない。トランプが口にしたのは、「駐留米軍経費の負担を二倍にしろ」だけ。すなわち、軍事音痴/国防産業音痴のトランプは、軽空母四隻の代金の方が駐留米軍経費の増額よりもはるかに大きな現金と雇用とを米国に齎すことすら発想できない。

 この事実は、トランプと米国国防総省やその四軍との間の意思疎通が今では完全にアウトになっている最悪事態を暴露している。トランプに「日本に再軍備させよう」と進言する国防省の高官がゼロというのも、この一つ。軍の信頼を一切失ったことで、“暗愚の大統領”カーターと並ぶ“史上最悪の大統領”トランプでは、有事に米軍は動かない。日米同盟の形骸化・画餅化が発生してしまっている。

 トランプは、日本の国防という国益の観点からは、重大欠陥車だから、米国大統領職を去ってもらった方がいい。次のバイデンも、日本の国益に適う大統領である可能性は全くのゼロと言える。日米同盟は、日本を守る日本の堅固な砦から、多少は遠くから日本を援護射撃する、ほとんど「フレー、フレー、日本」の“声だけ応援団長”へと変貌している。

 日本を守るのは、第一に日本国を守る十全たる日本国の兵力・武器。第二に血を流して自国を守らんとする日本国民の倫理的精神。日米同盟は、プロ野球のスタンドで檄を飛ばす応援団に変貌し、無いよりあった方がましのレベル。この意味で、「米国大統領には、トランプがいい、バイデンがいい」と騒ぐ輩は、他力本願の三歳児。双方とも日本国を毀損する害虫。日本から出ていけ!

“菅義偉よ、茂木敏充の首を斬り日中平和条条約の破棄を習近平に通告せよ。「米国をレーガンの介入主義/同盟主義に回帰させる」事が、日本が今すべき国家の存亡を賭けた最優先外交だ!” の続きを読む

習近平に大敗北したトランプ“破滅の一国主義”──日本はRCEPから直ちに脱退せよ! 米国はTPPに直ちに加盟し、APECから離脱せよ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 トランプ大統領が大統領選挙に対する敗北宣言をしない事を、日本の新聞・テレビは、ボロクソに揶揄嘲笑する。トランプ大統領の“大統領職継続or not”問題は、米国の内政問題。米国民が判断すべき事柄。日本のマスコミが、早朝の下町でよく見かける、ゴミ袋を破り散らすカラス群のごとくギャー、ギャーと喚き騒ぐのは、彼らの腐った赤いスイカ脳が原因だが、中共に命令された通りのトランプ落選祝賀騒ぎでもあり、“敵国との通謀行動”ではないか。

 私は、四年前の2016年、「女クリントンを非、トランプを是」とした意見を開陳した。米国は反・中共に大きく舵を切るべきだと考えたからである。そして、共和党なら、ワシントンに反共反露マケイン上院議員介入主義interventionismのネオコン知識人が控えているから、“理想の米国外交”「反露&反中」が果敢に実践されると踏んだのである。

 だが、親露トランプは大統領就任後も、反露マケイン上院議員との喧嘩を止めなかった。しかも、シリアをプーチンに献上する“アホ外交の極み”を「アメリカ第一主義」で糊塗し、ロシアの勢力圏を拡大した。知識人嫌いからの、反露・反全体主義のネオコン知識人を「東部の既成勢力だ」と排除する姿勢も変えなかった。反・全体主義者ボルトンの解任も、この一つ。

 トランプ外交は破茶目茶を越え、結果として、世界をより無秩序化し、米国の国際的地位を大幅に後退させた。そして、中共との派手な喧嘩で世界の多くの国に“中共の脅威”を啓蒙した功績を除けば、トランプ米国は全ての分野で中共に大敗北し、情況は四年前に比して格段に悪化した。同盟重視主義者の共和党「保守」ポンペオ国務長官の頑張りだけが、この大敗北の流れに抗する、ささやかな反撃だった。

 ともあれ、この四年間を振り返って、私のトランプ支持は、今は二つしかないことに気づき、かなり愕然としている。本稿執筆時点で、私が未だ熱くトランプに拍手を送っているのは、米墨間「壁」建設に象徴される中南米移民排除政策および不正選挙糾弾/敗北宣言拒否、の二つ。

“習近平に大敗北したトランプ“破滅の一国主義”──日本はRCEPから直ちに脱退せよ! 米国はTPPに直ちに加盟し、APECから離脱せよ!” の続きを読む

加藤勝信よ、マルクス『共産党宣言』より悪魔的に過激な“日本共産化革命の国家命令”「男女共同参画社会基本法」を即時廃止する法案を国会に上程せよ。「男女共同参画局」の職員(コミュニスト軍団)を一人残らず分限免職する法案も忘れるな。 

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 2020年11月11日、共産党派遣のコミュニスト総理・菅義偉のもとで、百名を越える共産党員が跳梁跋扈する内閣府・男女共同参画局は、究極の過激な日本共産革命アジェンダ「第五次基本計画」骨子(=「基本的考え方」)を“対「赤支那」売国奴”スガーリンに提出した。表向きは偽装形式(嘘ラベル)「男女共同参画会議による、首相への答申」で国民騙しをしているが、実際に書いたチーフは、全フランス国民2700万人を殺戮すること確実だった“ルソー教の気狂い”ロベスピエールの写真を毎朝拝んでいるとの噂がある、“女党員200万人を総括する共産党の大幹部”辻村みよ子(注1)。

 この「第五次基本計画・骨子」を書いたのは、表1の五名。うち四名は札付きの共産主義者。表向きチーフ(座長)の鈴木準が党員かどうかは未確定。「共産党員」とは、“共産党の指揮下にある強度な共産主義思想の信奉者”と定義。共産党は党員秘匿のため党籍免除制度を広く活用しており、党員と党籍の有無は無関係。

表1;2021~26年度「男女共同参画基本計画」骨子の執筆者

 過激と言うより狂妄な共産革命運動家の上記五名(四名)について、内閣府は学歴・経歴を公表していない。全員、国家公務員ではない。国家公務員でない者に、国家の根底を崩壊させる最中枢行政の根本方針を策定させることは憲法、その他の国法において絶対に許されない、重大な違憲・違法行為。また、この五名の存在は、外部の共産革命勢力による国家中枢の簒奪だから、「日本国は通常の国家機能を喪失した“死に体の国家状態に陥っている」ことを示していないか。

 要するに、この五名に、後述の第五次“日本フェミニズム革命”基本計画を丸投げしたこと自体、交通法規を、警察庁の国家公務員でない、民間の暴走族に策定させたのと同じ。今の日本とは“無法、無法、無法”が大爆発している、レーニンのロシア革命初期1917~22年の状況を呈している。

 なお、男女共同参画基本計画(基本目標)が五ヶ年計画を重ねる形になっているのは、スターリンの計画経済「五ヶ年計画」を模倣しているからである。辻村みよ子ら共産党員は今でも、スターリンを日本共産党(当初の正式党名は「コミンテルン(ソ連共産党)日本支部」を創設してくれた有り難い教祖として、心底では熱狂的に崇拝している。共産党員にとってのスターリンは、表向きでは否定するが、今も、日蓮宗信者にとっての日蓮/浄土宗信者にとっての法然、と同じである。

“加藤勝信よ、マルクス『共産党宣言』より悪魔的に過激な“日本共産化革命の国家命令”「男女共同参画社会基本法」を即時廃止する法案を国会に上程せよ。「男女共同参画局」の職員(コミュニスト軍団)を一人残らず分限免職する法案も忘れるな。 ” の続きを読む

侵略異民族アイヌ史を美化・捏造し、北海道“先住民族”日本人の歴史を抹殺する“自虐&転倒の国”日本

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 ケット人の支族アイヌは、騎馬民族ではない。エニセイ川から石狩川までの3500㎞は、平原ではない。とすれば、3500㎞移動など極めて困難な行程で不可能、との先入観に囚われるのが、定住「水田」農耕民族の日本人。

 が、大型野獣が棲息する住む山々が近傍の、川辺を縄張り居住域とするケット人やその支族アイヌ人にとり、西シベリア東端から石狩平野までの東進は、日常の生活の延長で、さして特別な事ではない。遭遇した他部族を必ず完全殺戮でき、移動途次の食糧確保が無事に達成できるならば、さほど難しくはないのである。

 こうした、考古学の研究対象となる「不朽物」を有さないアイヌの、その歴史解明に欠かせない、原アイヌ「3500㎞大移動」をぼんやりでもいいから映し出すには、行程と年代について、仮推定・検証を何度も何度も繰り返す必要がある。この繰り返し(feedback)検証には、当然だが、最初の仮推定が無くてはならない。が、前々稿で、この最初の仮推定を書き忘れた。遅ればせながら本稿で触れる。

“侵略異民族アイヌ史を美化・捏造し、北海道“先住民族”日本人の歴史を抹殺する“自虐&転倒の国”日本” の続きを読む

エニセイ川を原故郷とするアイヌの他部族ジェノサイド“狂” は、アイヌの日常「シベリア虎」殺し/熊殺しの延長──日本人約四百名「殺戮」者シャクシャインの“英雄”視は、無法な法的正義「転倒」

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 今や数十人に膨れ上がった日本の自称アイヌ研究「エセ大学教授」は、悪魔的な「反日」歴史捏造の犯意に燃えるのみ。だから、ユーカラを(文学や言語学の領域に押しとどめ)歴史学に用いない。ユーカラを歴史研究すれば、北方民族アイヌは北海道原産ではないこと、及び、一万年前からの“縄文人(=原日本人)の占有領域・北海道”に侵略(侵入)し、“縄文人を皆殺し”した残忍な北方蛮族ということが即座に証明されるからである。

 2020年7月、私は、(ロシアKGB命令を忠実に実行して)菅義偉&鈴木宗男コンビが国民の税金200億円かけて作った“嘘歴史の魔窟”「白老ウポポイ」開所の式典を、これまた共産党員の菅義偉&鈴木直道コンビが執り行っているテレビ画像に驚愕し、また怒り、真っ先に手に取った本がある。書庫に眠っていたネフスキー『月と不死』。

 ネフスキーが収録した「ユーカラ二篇」に、シベリア虎がふんだんに棲息する所がアイヌの故地だと断定するユーカラがあった。西シベリアと中央シベリアに跨る森林地帯で、夏場に魚を狩猟するエニセイ川の上流域の河畔こそ、アイヌ人が産まれ生活した原・故郷ではないか、との私の日頃の仮推定は、ズバリ的中した。アイヌ人をケット人から分枝した北方民族と断定することは、学術的に最重要仮説として、このように既に成立している。

「・・・・・

人間のお父様が山に行きますと

太った鹿や

肥えた熊を家に運んでくる。

・・・・・

さらにまた 山の東の方に 走って行つたら

いやな 憎らしい

微笑んでゐました。

・・・・・

その かう云ひました。

・・・・・

それからしばらくもみ合つて

悪いを 私は殺してしまひました。」(注1)

 シベリア虎は、ここ数世紀に及ぶロシア人の乱獲で、今ではアムール川やウスリー川の近辺にしかいない。が、シベリア虎の学名が「アルタイ虎」(Pantheraヒョウ属 Tigris Altaica)であるように、かつてはエニセイ川の上流域アルタイ山脈の北部一帯(西シベリアと中央シベリア)こそ、シベリア虎の主たる棲息地だった。アイヌは、虎を、熊や鹿や狼と同じように、狩猟・屠殺・解体作業する獰猛な北方民族だった。ユーカラこそは、この歴史事実を確定する、紛れもない歴史証拠である。

“エニセイ川を原故郷とするアイヌの他部族ジェノサイド“狂” は、アイヌの日常「シベリア虎」殺し/熊殺しの延長──日本人約四百名「殺戮」者シャクシャインの“英雄”視は、無法な法的正義「転倒」” の続きを読む

宮中饗宴の儀もない御列(パレード)もない立太子礼を強行する“スガーリン”の、皇太弟殿下への“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”は空前絶後──天皇制度・皇族と日本国に“憎悪の炎”を燃やすコミュニスト菅義偉を“父親の故郷”満洲・延吉に帰還させよう

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 国民が敬仰の心で、二千年間(万世)に亘り不変で今後も悠久に不変の、「男系男子」が世襲する天皇制度を奉戴することと、この高貴にして光暉なる皇室伝統が放つinvisibleな力が日本国の生命を絶えず若返らせることによって存続している、美しき自由に包まれた由緒正しき日本国にあって、命も財産も擲って皇室伝統を護持する精神こそは、世襲の日本国民(臣民、subject)が光栄なる世襲の義務を履行するに欠いてはならない脊椎である。

 立太子礼も、この皇室伝統を護持し続けることを至高の光栄とする日本国民が、歓喜をもって果たすべき世襲の義務の一つ。言うまでもなかろう。が、コリアン共産党員・菅義偉は、共産党語「簡素化」で、前代未聞の“スーパー疎略”な立太子礼を、11月8日に強行する。しかも、武漢コロナを屁理屈に、菅義偉は、この“スーパー疎略”を二乗にする。11月8日は、疎略、疎略、疎略・・・と、暗雲のごとくに「疎略」が皇居を覆い尽くす。

 武漢コロナの終息宣言も未だ出していない情況で、立太子礼を強行する合理的理由は全くない。過去の先例からも、今上陛下の御即位から三年以内なら遅れ過ぎとは言わない。11月8日を、来年4月29日に延期するのは、日本国民ならば当然に考える。そう考える者だけが日本国の宰相の資格を持つ。そう考えないのは、菅義偉(カンギイ)の正体がスガーリンで、天皇制を廃止せよの命令書=「スターリンの32年テーゼ」を奉戴している、“非・日本国民”の“非・日本国”宰相だからだ。

 破壊尽された廃墟の街の防空壕内かのような形式で、立太子礼を強行するのは、皇太弟・秋篠宮殿下並びに天皇陛下に対する“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”の極み。日本史上に空前絶後の不敬千万。だが、日本国民ではない“精神における対日侵略者”コリアン菅義偉は、ひたすら、“世襲の国家”日本国を憎悪・呪詛し、経典として何時も左ポケットにしのばせているマルクス『共産党宣言』に従い、日本国を地球から消滅させんと、あらん限りの悪智慧を巡らせ共産国・日本への改造に暴走する。

 なお、日本国民か否かは、国籍の有無とは関係がない。日本国の祖先から預かった全ての固有の領土を守り、日本国を御創りされた偉大な“日本国の守護神”皇室を護持し、日本民族の歴史・伝統・慣習を断固継承する者のみが日本国民である。

“宮中饗宴の儀もない御列(パレード)もない立太子礼を強行する“スガーリン”の、皇太弟殿下への“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”は空前絶後──天皇制度・皇族と日本国に“憎悪の炎”を燃やすコミュニスト菅義偉を“父親の故郷”満洲・延吉に帰還させよう” の続きを読む

ケット人(シベリア)から分枝した北方民族アイヌは、アムール・樺太から北海道に侵入(四世紀)、“先住民族”縄文人(原日本人)を“皆殺し”し(六世紀)北海道を占拠──菅義偉よ、国連先住民族宣言から離脱し、アイヌ誇り施策推進法を全廃し、“嘘歴史の魔窟”白老ウポポイを解体せよ。 

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 本論考を、寒風に凛として咲く紅梅のごとき“アイヌ女性”故・砂沢クラの墓前に捧ぐ。

 2021年度のアイヌ関連予算は、今年度に比し9%増の61億円余となる。アイヌと沖縄を日本共産化の拠点に仕上げる“日本版レーニン革命”に専念している、コリアン二世で“極悪の赤”菅義偉が、首相の立場を利用して檄を飛ばした結果である。その内訳は、次の通り(NHKニュース、10月8日)

アイヌ予算「61億円」は全額カット! 「内閣官房アイヌ総合政策室」も即時閉鎖!

 上記の61億円は全額カットしなければならない。理由は二つ。第一は、日本は明治政府以来、アイヌ人に対して何一つ差別など全くしていない。教育権に関しても選挙権に関しても財産権に関しても、日本国民として日本人として完全に平等であった。いや、むしろ逆だった。アイヌ人に対し特別な厚遇と特権を与え、北海道に入植した開拓民・日本人が羨望するほどに、極度な逆差別政策をとってきた。これについては、次稿以降にしっかと論証される。なお、この問題、“アイヌ男性”砂澤陣の名著『北海道が危ない』を必読されたい(注1)

 第二の理由。北方民族アイヌ人は、北海道の先住民族ではない。北海道の先住民族は、数千年間にわたり、原日本人の縄文人であった。すなわち、エスキモー人やラップ人と同じ、北方民族アイヌ人とは、紀元後四世紀頃、現在の日本人(=弥生人)の母方の祖先たる縄文人を殺戮and/or東北地方に追い出し、北海道をわが物顔に簒奪した獰猛な異民族である。北方民族アイヌ人の祖先は、エニセイ河(中央シベリア)近辺に住むケット人から分枝したその親族の部族orアムール川のギリヤーク人と同じ古アジア族の一つかそれ以前の狩猟民族、だと考えられる。

 なお、アイヌ関連予算61億円の全額カット問題と一体の、もう一つの癌細胞切除問題を忘れてはならない。それは、共産党員官僚の牙城の一つ「内閣官房アイヌ総合政策室」を、行政改革の一環として、ばっさりと全廃・閉鎖する事。“共産党員学者の全人代”「日本学術会議」も、きれいさっぱりに廃絶しなければならないから、これと一蓮托生させればよい。霞が関で跋扈跳梁する“赤い共産革命細胞”「内閣官房アイヌ総合政策室」は、国民の血税を湯水のごとく使って真赤な嘘歴史を日本国民に擦り込むことに全力疾走する“赤色”犯罪官庁の典型ではないか。

“ケット人(シベリア)から分枝した北方民族アイヌは、アムール・樺太から北海道に侵入(四世紀)、“先住民族”縄文人(原日本人)を“皆殺し”し(六世紀)北海道を占拠──菅義偉よ、国連先住民族宣言から離脱し、アイヌ誇り施策推進法を全廃し、“嘘歴史の魔窟”白老ウポポイを解体せよ。 ” の続きを読む

女性天皇/女性宮家を狙う「男系」論/「養子」論は、皇統二千年の「男系男子」“法”とは真逆な、赤い天皇制廃止ドグマ──青山繁晴は菅義偉の正体“天皇制廃止狂”を厚化粧で隠してあげるメイク・アーティスト

 10月13日の夕方、青山繁晴・参議院議員のtwitterを覗いたら、次の、実に怪訝で不審きわまる事柄がtwitされていた。

「速報1;菅義偉総理は、《男系男子による皇位継承》の尊重を明言されました」

「速報2;菅義偉総理に、父系一系(?)による“皇位継承の安定”を提案し・・・」(カッコ内中川)

菅義偉の発言を歪曲、いや大捏造した青山繁晴

 青山繁晴の奇々怪々なtwitの第一番目は真赤な嘘。第二番目は“奇語のなかの奇語”「父系一系」を用いており、人を騙すペテン師特有の煙に巻く表現方法。まず第一番目から暴くとしよう。青山twitから二時間後、NHKはNEWS WEBで、次のような報道をした。

(青山繁晴らに)菅総理は『男系による継承が続いてきた重みを踏まえることは、いささかも変わらない』と述べました」。

 菅義偉とは、共産党・朝日新聞と全く同一の“強烈な女性宮家論者”である。まさに自民党きっての天皇制廃止を狂信する最凶コミュニストが菅義偉。菅義偉がスターリンの1932年命令(コミンテルン32年テーゼ)を熱烈に奉戴・信仰していることにおいて、菅義偉の愛称がスガーリンになった。

 さて、NHKが報じた菅義偉の発言は正確である。即ちスガーリン菅義偉は、「男系」と言ったが、決して「男系男子」とは発言していない。ということは、青山繁晴が、菅の発した言葉「男系」を、それとは意味が180度逆になる「男系男子」に改竄・捏造したことになる。

“女性天皇/女性宮家を狙う「男系」論/「養子」論は、皇統二千年の「男系男子」“法”とは真逆な、赤い天皇制廃止ドグマ──青山繁晴は菅義偉の正体“天皇制廃止狂”を厚化粧で隠してあげるメイク・アーティスト” の続きを読む

立太子礼はコロナ収束の来春に延期せよ。「皇嗣」を廃し「皇太子(弟)」に糺し&「東宮職」を復活する特例法改正の後に“立太子パレード”を以て挙行せよ──“天皇制廃止のコミュニスト”菅義偉を総理官邸と日本国から追放しよう。

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 菅義偉は、10月8日、首相官邸で「式典委員会」を開き、立太子の礼を排斥するためにデッチアゲた、反・伝統の奇天烈「立“皇嗣”の礼」を来る11月8日に強行することを決めた。満洲産コリアン2世・菅義偉とは、法政大学夜間部に在籍中、共産党に入党した教条的な“凶悪”共産主義者。健全な普通の日本国民の枠内に含めることはできない。福島瑞穂と菅直人がブレンド的に一緒になったような人物を「日本国民」とは言わないだろう。

 実際にも、菅義偉の天皇制廃止に懸ける妄執は、そこら辺に居る天皇制廃止の与太者レベルでは無く、河上肇から志位和夫に至る筋金入りの共産党幹部といささかも異なるところがない。まさにスターリンの天皇制廃止命令(コミンテルン32年テーゼ)をシーラカンスのごとくに奉戴することにおいて、どんな日本共産党のトップ優等生でも、菅義偉の教条的な天皇制廃止“狂”には及ばない。

 さて、11月8日「立“皇嗣” の礼」が、実に異様きわめることは、表1で明らかだろう。

“立太子礼はコロナ収束の来春に延期せよ。「皇嗣」を廃し「皇太子(弟)」に糺し&「東宮職」を復活する特例法改正の後に“立太子パレード”を以て挙行せよ──“天皇制廃止のコミュニスト”菅義偉を総理官邸と日本国から追放しよう。” の続きを読む

朝鮮人の「対日本人」強姦/強盗殺人が大量発生した関東大震災“真実の歴史”の隠蔽・改竄を許すな!──“凶悪”朝鮮人「数百名」を半島に急送・逃亡させた“犯人隠避の巨悪”が帝国陸軍

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 あと三年経つと2023年。それは関東大震災百周年。日本の新聞テレビや大学の文系学部は現在すでに、在日朝鮮人に完全に占拠されてしまった。が、これら(日本国籍を持つ者も含める)在日コリアン達は今、この百周年を目指して、総力を挙げて“偽造歴史”の最後の総仕上げに余念がない。

 この“偽造歴史”とは、関東大震災において朝鮮人がなした、日本人に対する「凶悪」犯罪を隠蔽して、さも無かったかに歴史事実を改竄する、歴史偽造の事である。従軍慰安婦や徴用工など、歴史偽造はコリアン民族の得意技でお手の物。まさに①「朝鮮人置屋と親に全責任がある、日本国内の赤線公娼より三倍高い報酬を得たコリアン従軍慰安婦」問題、➁「日本人と全く同じ賃金(朝鮮国内の二十倍)と全く同じ雇用条件だった、みずから希望・応募のコリアン徴用工」問題、③「震災で倒壊した家屋から好き放題に金品を盗み、怪我をしてうずくまる婦女子を手当たり次第にレイプした、凶悪な火事場泥棒犯罪者集団だった関東大震災時の朝鮮人」問題は、朝鮮人得意の歴史偽造のトップスリー。前二者は歴史の捏造・改竄で、最後の三つ目は歴史の隠蔽・抹殺である。

 これらの、現在日本人を悩ませる、朝鮮人がデッチアゲる嘘歴史・改竄歴史・隠蔽歴史をこのまま放置していいのか。このまま等閑視するのは子孫が甚大に苦しむ。我々大人は、日本国の名誉と誇りだけではなく、子孫のためにこそ立ち上ろうではないか。在日朝鮮人の偽情報宣伝の悪辣さと執拗さは、日本国の滅亡と日本人の奴隷化が目的。日本人は死ぬ覚悟(=命懸け)で取り組まねばならない。

“朝鮮人の「対日本人」強姦/強盗殺人が大量発生した関東大震災“真実の歴史”の隠蔽・改竄を許すな!──“凶悪”朝鮮人「数百名」を半島に急送・逃亡させた“犯人隠避の巨悪”が帝国陸軍” の続きを読む

陸上配備型イージス・アショアを洋上に配備する防衛省“酔いどれ狂気”は、日本国の“ミサイル防御力”を剥奪し、中ロに日本人皆殺しの対日核攻撃をさせるため――警視庁公安部は、中ロと通謀(利敵行為)するイージス・アショア担当局長/課長を逮捕せよ

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 防衛省官僚の過半は旧・社共系の極左「反日」人士ばかりだから、その多くが中共工作員やロシア工作員になっている現状に、何ら不思議さはない。この故に、防衛省は、共産党や朝日新聞以上に、日本国の国防力を潰滅的に弱体化することに日々、全力疾走している。この典型の一つが、防衛省と“ロシアの軍隊”陸上自衛隊が一丸となっての、北海道を侵略ロシア軍に無血占領させるための、北海道防衛力のゼロ化であろう。

 だが、2000年頃から防衛省と陸自が露骨に進める“北海道侵略のロシア軍を熱烈歓迎する”北海道無防備化に対して、正常な国民なら絶叫するはずの、「北海道なしに日本国全体の防衛が不可能になる!」や「北海道の不沈空母化なしに尖閣・宮古・石垣が守れるのか。“縦深の理論”もわからないのか」の声は、日本列島のどこからも聞こえてこない。

洋上イージス・アショアとは、“漫画”「空飛ぶ潜水艦」級の、“狂人が妄想する非・兵器”

 9月23日の朝、『朝日新聞』を開いた瞬間、眩暈がしてよろめいた。「陸上イージス 洋上転用」と言う見出しが、目に飛び込んできたからだ。

 陸上配備の兵器は陸上配備しかできない。海上配備の兵器は海上にしか配備できない。空中配備の兵器は空中配備しかできない。そのように設計されており、転用すれば兵器として機能不全になるからだ。この事は、戦車に翼を付けても“空飛ぶ戦車”になることはない。潜水艦も同じく、翼を付けても“空飛ぶ魚雷発射の爆撃機”にはならない。

 蒸気機関車が宇宙を飛翔する「銀河鉄道999」は、松本零士が描いた漫画の世界だから可能であって、現実の鉄道ではない。つまり、イージス・アショアという陸上配備のミサイルを、仮にも洋上配備すれば、それが「銀河鉄道999」と同じく、兵器としては妄想上の“狂”兵器で、子供のおもちゃの兵器と同等になり、通常の兵器の機能を完全喪失する。

“陸上配備型イージス・アショアを洋上に配備する防衛省“酔いどれ狂気”は、日本国の“ミサイル防御力”を剥奪し、中ロに日本人皆殺しの対日核攻撃をさせるため――警視庁公安部は、中ロと通謀(利敵行為)するイージス・アショア担当局長/課長を逮捕せよ” の続きを読む

特別ゼミ「上皇陛下のご譲位を禁止し“廃帝”(強制退位)制度を創った“非・日本国民”菅義偉の《真赤なアイヌ嘘歴史》捏造は、何を企てているか──北海道「先住民族」は数千年にわたり原日本人のみ」開催のお知らせ

吉 田 寿 太 郎

 上記の特別ゼミの開催日時/場所その他および応募方法は、以下の通りです。

1、日時;10月10日(土曜)午前11時半~2時半。その後は、AFTERゼミ談話会(4時15分終了)

2、場所;都内のホテル。

3、ホテル製昼食が正午に配膳されます。ゼミの中断や休憩はしないので、各自、ペンを走らせながら食べて下さい。中川先生は昼食抜きです。

4、2時半で一旦15分間の休憩をします。その後は、AFTERゼミ談話会。テーマは「天皇制廃止に必ず暴走する菅義偉“共産党”内閣を、いかに早急に倒閣するか」です。3時にお茶とケーキを用意します(費用は中川先生の負担)

5、参加希望者は、下記のメールアドレスに、9月26日(土)正午までに、「氏名、自宅住所、固定電話番号、生年月日、卒業大学・学部・卒業年、現在の所属企業/官庁名」を送ってください。直ぐに自宅宛てに入ゼミ手続きの書類を郵送いたします。 

吉田寿太郎(nakagawamagazine@gmail.com)  

6、配布資料が多いので、参加者はカバンをご用意下さい。

以上。

レジュメ

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 三時間ノンストップ・ゼミは、以下の四部構成で進める。

第一部 北海道縄文時代「六千年以上」、日本人と全く異人種アイヌはゼロ人だった

 「北海道の先住民族はアイヌだ」と詭弁する、荒唐無稽な真赤な嘘歴史は、嘘つき共産党員&朝鮮人しかいない(日本列島を研究対象とする)考古学者の犯罪「学説」が決定的な役割を果たしてきた。

1、犯罪者の集団と化した考古学界の、トンデモ詭弁が「アイヌ人は先住民族の北海道縄文時代人を直系的に後継する、北海道で自生した先住民族だ」との真赤な詐言。だが、アイヌ人と北海道縄文時代人とは全く異人種。これは、DNAから証明済み。篠田謙一・安達登の論文はその一つ(注1)

注1、「DNAが語る複眼的視点」『科学』2010年4月号、370~1頁。ゼミ参加者にはこの論文コピーが、其の他の関連資料とともに配布される。

2、北海道が七世紀には侵入アイヌ人に完全占拠されたことは、『日本書紀』斉明天皇の条で明らか。この事実は、三~四世紀に樺太から侵入・移住した新参者アイヌ人が、六世紀までの二百年間かけて、数千年間以上にわたって北海道の先住民族だった縄文時代人(→続縄文時代人)を皆殺ししたことを示唆する。

“特別ゼミ「上皇陛下のご譲位を禁止し“廃帝”(強制退位)制度を創った“非・日本国民”菅義偉の《真赤なアイヌ嘘歴史》捏造は、何を企てているか──北海道「先住民族」は数千年にわたり原日本人のみ」開催のお知らせ” の続きを読む

迫るロシアの北海道侵攻を手引きする“赤シナ対日工作員”鈴木直道の恐ろしい正体──菅義偉は“捏造の嘘歴史”アイヌ《先住民族》施策推進法を廃止せよ。菅義偉は札幌ロシア領事館を閉鎖せよ。

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 日本人は科学と医学を全否定して不思議がらない、文盲の未開人・野蛮人に成り下がってしまった。日本経済の崩壊的衰亡を狙って、テレビが意図的に流す“コロナ恐怖”煽情報道に、“集団ヒステリー阿波踊り”を踊り捲る日本人とは、今では消えてしまった、かつて地球上に存在した“文字を持たない”「土人」そのもの。

 “生物兵器の未完成品”「武漢コロナウィルス」は、日本人に限るが、インフルエンザほどの致死性もなければ伝染力もない、弱毒性あらわな“タダの風邪”。新型コロナのこの疫学的特性は、医学的には六月頃にとっくに証明されている。

 インフルエンザにはワクチンが必要だが、日本人に限り「武漢コロナウィルス」にワクチンは全く不要。いや、安全性も効果も確認されておらず甚大な副作用の危険が予見される以上、「ワクチン禁止」が正しい行政。日本に限るが、「武漢コロナウィルス」に、(換気を除き)「三密」も、夜の街「休業」も、マスクも、ワクチンも、国はこれらに関して何らの施策もしてはならない。なお、「マスクNo!」は、「ワクチンNo!」とともに、真正の日本国民が声を挙げるべき問題。マスクもワクチンも不急不要な“恐怖”を植え付け、日本人を過度に委縮させる。

四月中旬、指定感染症から外し「終息宣言」を出すべきだった“芸人宰相”安倍晋三

 安倍晋三が仮にも科学と医学を尊重する教養ある文明人だったならば、四月半ばに、「武漢コロナウィルス」を(二類相当から五類相当に格下げするのではなく)「指定感染症」そのものから外し、「終息宣言」を発出していただろう。附記に、これに関連する重要問題を言及。

 が安倍晋三は、成蹊大卒の無学無教養なお馬鹿な上に、科学も医学もさっぱりの、いわゆる野蛮人。ために、共産党が支配する厚生省が選んだ“アクドイ共産党員医師「三人組」”尾身茂/西浦博(「八割おじさん」)/押谷仁に、木偶の棒よろしく体よく操られ、この「悪魔の三人組」の言いなりに、日本経済潰しには効果満点だが伝染病対策に無関係で無効果な「緊急事態宣言」を逆立ち的に発出した。バカは死んでも治らない。

“迫るロシアの北海道侵攻を手引きする“赤シナ対日工作員”鈴木直道の恐ろしい正体──菅義偉は“捏造の嘘歴史”アイヌ《先住民族》施策推進法を廃止せよ。菅義偉は札幌ロシア領事館を閉鎖せよ。” の続きを読む

日本(北海道)侵攻を宣言した駐日ロシア大使館twitter──プーチン対日侵略準備に全面協力の“史上空前の凶悪ロスケ”安倍晋三を国家反逆罪で国外追放(or絞首刑に)する刑法特別法を制定しよう。安倍晋三「削除」は、北海道「要塞」化と共に、日本国を守り抜く最小限の国防

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 “侵略の皇帝”プーチンが、憲法に新条項「せっかく侵略して奪取した領土の返還(「割譲」と語彙を変造)を禁止する」を定めたのは、7月1日だった(注1)。プーチンは、これに続き、議会に命じ、法律(備考)にロシア“領土の一体性”(territorial integrity)を侵害する行為(violation)を、刑法犯罪の“過激主義”として処罰する規定を設けさせた(7月24日)。  

(備考)私は露語原文を入手しておらず、この法律名を確定できない。持っている方はコピーを送って下さい。

 これに伴い、今秋9月にも、侵略した領土を被害国に返還させる、“返還幇助(転倒語「領土一体性の侵害」)”を犯罪とする条項が刑法に定められる。この刑法改正は、①被侵略国に領土返還を幇助する行動をなした者には、「懲役六年~十年」の実刑を課し、②被侵略国に領土返還を幇助する言論をなした者には、罰金刑を課す。この罰金は、a領土の一体性の侵害を公衆に口頭やビラ等で呼び掛けた場合、最大で六万ルーブル(日本円で約9万円)の罰金。b新聞やインターネットで呼び掛けた場合、最大で10万ルーブル(約15万円)の罰金、となるようだ(注2)

八年間27回もプーチンに叩頭し続ける“狂人”安倍晋三の祖国叛逆は、今も絶好調

 父親に過激な共産主義者として育てられた“稀代のコミュニスト”安倍晋三は、反共の岸信介を狡猾に騙し続けた父親の凄腕の嘘つき手法を学び、それを国民に適用している。安倍晋三の特徴は、三つ。過激なコミュニスト/天才的な国民騙し術/(日本国民として意識がゼロの)究極の非国民

 現在、安倍晋三が“稀代のロシア対日工作員”鈴木宗男(北朝鮮人、「維新の会」参議院議員)を通じ、プーチンと交渉している内容は、真面な日本人なら気絶してとても数日間は起き上がることはできない。「安倍晋三はコロナ禍で、気狂いもびっくりの日露平和条約締結を諦めた」と思う日本人は、トンデモ脳天気のトンデモ誤解をしている。“史上空前の対ロ売国奴”安倍晋三とは、尋常の一欠けらもない人格異常者で、今尚プーチンに土下座し「日露平和条約を締結してくれ」と泣きついている。

 安倍が今、プーチンに泣きついて懇願している内容が、次。

“日本(北海道)侵攻を宣言した駐日ロシア大使館twitter──プーチン対日侵略準備に全面協力の“史上空前の凶悪ロスケ”安倍晋三を国家反逆罪で国外追放(or絞首刑に)する刑法特別法を制定しよう。安倍晋三「削除」は、北海道「要塞」化と共に、日本国を守り抜く最小限の国防” の続きを読む

原水爆より百万倍恐ろしい“大量殺人の最狂カルト宗教”「共産主義者」を《廃絶》せねば、日本国の滅びは目前──「オウム真理教」信者より反科学の狂気を放つ、世界一長寿で健康な「黒い雨」被爆者の“役に立つ白痴”岸田文雄よ、共産党に入党せよ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋           

「私たちは、リスク・ゼロを求めるべきではない。リスクが全く無い社会は単なる想像の産物で、実現など不可能。人間が感じる恐怖は、コントロールする必要がある。リスク評価は、その問題自体で行ってはならず、必ず他の関連問題との相対比較で判断すべきである」(ウェード・アリソン、オックスフォード大学名誉教授)

 日本の国会議員は全員、一人の例外なく、“不正常な無能”“亡国促進狂or亡国快楽症(→反・国防の祖国憎悪)”“共産党の操り人形”の三つの特性を発揮して、通常の愛国者や保守政治家は存在しない。この特性は、自民党でも顕著である。具体的に、自民党「派閥領袖」クラスの、安倍晋三/石破茂/岸田文雄/二階俊博/菅義偉/河野太郎の六人を俎上に上げれば、一目瞭然だろう。

 自民党とは、足の爪の先から頭のてっぺんまで共産党の支配下にある。だから、正確に言えば「日本共産党の自民党支部」である。自民党は、共産党から独立した「保守の政党」とは程遠い。自民党とは、田中角栄が首相になって以来、保守の要諦「思想的に、共産主義と対峙しそれを排除する」行動を一度もしたことがない。つまり、自民党は、田中角栄首相以来、共産主義思想を薄めてジュースのごとく毎日それを吸飲して、はや五十年。自民党を正しく命名すれば“ソフトな第二共産党”

 だから、国会では、自民党と共産党の間で、国政に関する論戦・紛糾がほとんど無い。「桜を見る会」とか「森友学園八億円値引き」とか、安倍晋三の個人的な“非国政”問題が、国会論戦の九割を超える。「桜を見る会」「森友学園八億円値引き」の国会論戦は、“自民党の第二共産党化”の現実を、国民の目から隠すカムフラージュ八百長劇(マジック・ショー)として考案・実行された。

 日本の国会における与野党間のこの種の“八百長の論戦ごっこ”は、朝日新聞の、安倍晋三やその政権に対する批判報道でも満開。朝日新聞は、安倍晋三側と事前に打ち合わせて、非国政に限って批判報道する事に自己コントロールしている。過激な共産主義者・安倍晋三は仲間である以上、国政・外交政策で安倍を批判すべき材料など、朝日新聞にとって何一つ見当たらない。北方領土をロシアに献上する安倍晋三のスーパー売国行為も、尖閣を防衛しない対支那売国行為も、“共産革命の司令塔で、共産党の機関紙”朝日新聞の命令を忠実に実行しているだけ。

“原水爆より百万倍恐ろしい“大量殺人の最狂カルト宗教”「共産主義者」を《廃絶》せねば、日本国の滅びは目前──「オウム真理教」信者より反科学の狂気を放つ、世界一長寿で健康な「黒い雨」被爆者の“役に立つ白痴”岸田文雄よ、共産党に入党せよ!” の続きを読む

共産党に入党すべき外相・岸田文雄の“痴呆” ──国連に提出した核廃絶決議案は、“日本存立の要石” 「米国の核の傘 extended deterrence」を破壊する“自虐の狂気

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 集団的自衛権の憲法解釈変更に成功した後の首相・安倍晋三は、どうも変だ。安倍は、民族主義を「70周年首相談話」で完全にかなぐり捨てたし、少しはあった岸信介的な保守色も、2015年9月を境に消えてしまったようである。

 安倍晋三の内政・外交は、とみに濃厚な左翼色に急旋回している。もう一つの面相である「共産党系の安倍晋三」にヘンシンしたのである。だから、教育は赤化一路だし、共産党そのものの安倍版家族解体フェミニズムは大暴走中。そればかりか安倍晋三は、日本の安全保障の根底を覆すことにすら、ご執心である。安倍晋三には、志位和夫が憑依している。

 その一つが、“共産党シンパ”岸田文雄・外相と組んで、安倍の主導で国連第一委員会に日本が提案した「核廃絶決議案」である。それは、11月2日のニューヨーク国連本部の第一委員会で賛成多数で採択されたが、果たして、日本の国益に合致するものだったのか。なぜなら、棄権十七国と反対三ヶ国の動向は、日本の国家安全保障にさまざまな暗雲を投げかけているからだ。

※本稿は、2015年11月4日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

“共産党に入党すべき外相・岸田文雄の“痴呆” ──国連に提出した核廃絶決議案は、“日本存立の要石” 「米国の核の傘 extended deterrence」を破壊する“自虐の狂気” の続きを読む

“生れによる差別主義者”為末大は、反核運動の共産革命家──反科学の妄語「被曝三世」は、憲法違反!

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 為末大とは、陸上400メートル・ハードル競走の日本のエースで、オリンピックにはシドニー/アテネ/北京と三回出場している。現在は、さまざまなスポーツ事業を行なう傍ら、テレビやラジオで活躍するタレントである。

 しかし、表現のやわらかさから余り知られていないが、相当に確信犯的な共産党系の共産主義者。共産党の「反核」運動や共産党の「安保法制つぶし」運動では、それなりの広告塔の役割を果たす、正真正銘のあくどいコミュニストである。

 表向きは「広島市/広島平和文化センター/朝日新聞社」が主催するが、実態は共産党が主催した「国際平和シンポジウム」(広島国際会議場、7月25日)で、為末大は、特別講演を行った。演説冒頭から、科学否定の共産党に特有で特殊な“バカげた反科学”用語を高飛車に振り回して、共産党が独裁者となる暗黒で陰惨な逼塞社会「共産社会化した日本」をつくるために、“国民騙しの悪魔の運動”である「核兵器廃絶」に大衆を煽動して抱き込もうと、にこやかに語り掛ける。

※本稿は、2015年7月31日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

“反・科学の狂語”「私は被曝三世」を、文明国・日本は、排除しなければならない

 為末大は、21世紀の世界を“戦争の世紀”に導きたい戦争狂の共産主義者として、共産革命のみを目的とした手段である反核運動を、次のように美化し甘く囁く。しかも、為末は、子供たちをどう共産主義者に洗脳するかを担当している怖ろしい革命家のようだ。

みんなで話しながら、平和や戦争、原爆のことを考え、納得していく(=洗脳していく)。時間はかかるが、納得した(=洗脳された)子供は平和を深く考えるようになる(=パブロフの犬のごとくに「平和!」「平和!」を連呼する夢遊病者の共産主義者に改造される)。」(注1)。

「全体が何かの空気で染まりそうな時(=日本の平和を日米同盟や軍事力強化で守ろうとする現実を直視した正しい冷静な国防に、日本人の過半数が目覚めた時)、ストップをかけられる人間(=日本を侵略するロシアや中共側に加担して、日本を阿鼻叫喚の戦場にする、日本を裏切る残虐な非人間で戦争狂の非国民が育つと思う」(同)

““生れによる差別主義者”為末大は、反核運動の共産革命家──反科学の妄語「被曝三世」は、憲法違反!” の続きを読む

“対シナ売国奴(赤いチャンコロ)”安倍晋三/今井尚哉/二階俊博を東シナ海に追放しよう。“枝野幸男の舎弟”橋下徹も一緒に──“偉大な台湾人”李登輝を追悼し、小型空母四隻と原潜八隻を基軸兵力に、“日本を守る砦”台湾防衛に全力疾走しよう。

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 米国のシンクタンク「CSIS 戦略国際問題研究所」の(国務省と共同した)報告書は、「首相補佐官」今井尚哉と「幹事長」二階俊博の“二階・今井コンビ”が、安倍晋三をして対中宥和appeasementに誘導してきたとしている。古森義久の記事である(2020年7月27日、産経ニュース)

 語彙「宥和」において、米国・国務省は、安倍晋三を、1938年秋のミュンヘン会議でヒットラーに媚びたチェンバレン英国首相に重ねている。これは習近平をヒトラーに擬え、日本に対し、一日も早く“媚中の安倍”を引き摺り降ろし、反・支那の「チャーチル」的政治家を首相にするよう、間接的に要請していることを意味しよう。

 が、日本の悲劇は、安倍晋三が、“土井たか子の化身”今井尚哉を馘首することも“支那人以上に赤いチャンコロ”二階俊博を幹事長ポストから放逐することもしないだろうこと。それだけでない。ポスト安倍でチャーチル的な人材は、日本の国会の隅から隅まで探しても存在しないこと。日本における政治家のスーパー劣化は絶望的状況。日本の政治家は、米国から緊急輸入する必要がある。

ポンペオの歴史的演説「共産支那と自由世界の未来」は、“逆”ニクソン・ドクトリン

 古森記事の一週間前7月23日(米国時間)、ポンペオ国務長官らトランプ政権“反共四銃士”が、わざわざニクソン大統領記念図書館(カリフォリニア州)まで出向いて、米国の対中外交政策の歴史的転換を世界に訴えた時、私は感極まった。何故なら、(24歳だった)私は、不快の余り絶句した五十年前のニクソン大統領のグアム演説(1969年7月)を思い出したからだ。

 1969年7月、「友邦・南ベトナムを捨てるとは、クウェーカー教徒・ニクソンとは、何という戦争恐怖症の病気持ちか!」「100%真赤な嘘のKGB製ペテン演技《中露対立》が見抜けないとは、スーパー外交音痴のニクソン野郎メ!」と怒り心頭に発し髪が逆立った。この時に頭をよぎった嫌な予感は、三年後に的中した。KGB系のコミュニスト大平正芳と社会党左派系・田中角栄のコンビが独走して、1972年10月、“日本国の友邦”台湾を斬り捨て“日本の敵国”と日中国交回復して、自民党は一気に左旋回し社会党・共産党になってしまった。保守の自民党は、田中角栄が総理になった瞬間、日本から完全に消えた。

““対シナ売国奴(赤いチャンコロ)”安倍晋三/今井尚哉/二階俊博を東シナ海に追放しよう。“枝野幸男の舎弟”橋下徹も一緒に──“偉大な台湾人”李登輝を追悼し、小型空母四隻と原潜八隻を基軸兵力に、“日本を守る砦”台湾防衛に全力疾走しよう。” の続きを読む

マルクス『資本論』を読めば必ず大量殺人狂になる。何故か ──レーニン大量殺戮の再現を狙う、池上彰/佐藤優の『絶望の資本論』

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 マルクスに狂う極左人士は、例外一人として無く、三つの異常な犯罪を志向する。彼らは猛毒の阿片マルクス『資本論』を吸引することによって、「国民の貧困を極限化」「戦争誘発と戦争永続化」「国民に対する無制限大量殺戮」の三犯罪を三位一体で信仰するに至るからである。  

 この三位一体「国民の貧困を極限化」「戦争誘発と戦争永続化」「国民に対する無制限大量殺戮」の教典が、マルクスの『資本論』であるのはつとに誰でも知っていること。しかし、共産党員・池上彰と稀代のアナーキスト佐藤優は、この自分たちの狂気の信条を隠蔽すべく、それを反転させる転倒語法(=ジョージ・オーウェルが導入した新概念「ニュー・スピークス」)を駆使して、『希望の資本論』だと詐称し嘘宣伝に努めてきた。

 が、改めて指摘するのは教養ある読者に失礼だが、『資本論』とは、人間をこの世で絶望の地獄に叩き落すことを目的として書かれた悪魔のカルト宗教経典である。池上彰と佐藤優が嘘八百の雑談に興じているだけのお粗末対論『希望の資本論』は、少なくとも『絶望の資本論』と正しい原題に戻すべきだし、より正確には『血塗られた資本論』と改題すべきである。  

 池上彰と佐藤優とが『絶望の資本論』『血塗られた資本論』を、嘘ラベル『希望の資本論』という笑止な仮面を『資本論』にかぶせた理由は、二十世紀に起きたかつてのレーニン/スターリンによる自国民大量殺戮6600万人)」をもう一度、この日本で再現させたいと狙っているからである。その方法は、ロシアと中共に日本を侵略させ日本列島全体を戦場として破壊尽し日本を阿鼻叫喚の地獄にしておいて、この破壊の上に樹立される露中の代行政権「共産党独裁政府」によって国民に対する無限の収奪と殺戮を実行すれば、いとも簡単に実現する。

 マルクス『資本論』の吸飲者が必ず「反戦・平和」を絶叫するのは、ロシア・中共の対日侵略において日本の国防力を無力化するため。コミュニスト達のマルクス『資本論』大宣伝と共産党の「反戦・平和」運動が完全に整合するのは、一つのコインの裏表だからだ。いずれも、日本と日本国民とを無限の収奪による極限の貧困と殺戮の巷に誘導する悪魔のハーメルンの笛である。  

 なお、戦争は侵略による対外膨張の戦争もあれば、国防力の不足による隣国から侵略される戦争もある。いずれも戦争であることに変わりはない。しかも戦争には、この二種しかなく、またこの戦争発生頻度は同数である。

 双方の戦争における相違は、前者は国家の意思や一部国民の熱狂によって発生し、後者は平和の意思や願望が踏みにじられることで発生する。池上彰や朝日新聞等の共産主義者達の反戦・平和運動とは、国防力の不足による隣国から侵略される戦争を目指すもので、「平和」の嘘仮面を疑われにくく、戦争狂・戦争主義者がもっとも活用する運動形態。すなわち、「反戦・平和」運動には、血塗られた自国民大量殺害の犯意が透け透けに見える。見えないならば、それは頭が悪すぎる。

“マルクス『資本論』を読めば必ず大量殺人狂になる。何故か ──レーニン大量殺戮の再現を狙う、池上彰/佐藤優の『絶望の資本論』” の続きを読む

“戦争狂”池上彰と“貧困促進屋”池上彰は同一体 ──日本の経済破綻と超貧困化を狙う“池上彰の犯罪”の先に来るもの

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 オルダス・ハクスリー『すばらしい新世界 brave new world』(注1、邦訳1974年、原書1932は、ジョージ・オーウェル『1984年』(注2、邦訳1972年、原書1947とともに、1970年代、保守系の中高生や大学生の間で、爆発的に読まれた。全体主義体制に対するこれほど痛快・痛烈な非難を文学作品の形で成功した古典的名著が、(1926年に始まる、1930年代の出版物が赤一色だった戦前・戦中では無理だとしても)敗戦の1945年8月から三十年間も翻訳されなかった事実は、何を物語るのか。

 スターリンの命令に嬉々として従った“アジア共産化戦争”大東亜戦争八年間の洗脳によって、戦後日本では、知識層も出版界も共産主義思想(“畸形の共産主義”皇国史観を含む)や全体主義思想の枠内でしか思考できない状態が生まれ、この状況は出版界を心理的に圧迫し続けた。少し解放感が漂ったのは、1970年に入った直後だった。また、共産主義や全体主義に汚染されていない正常な出版社がほんの一部であれ〇〇党の検閲・弾圧からやっと掻い潜れるようになったのも1970年に入ってからだった。とはいえ、戦後日本の出版界に訪れた、この束の間の自由は、1983年が最後だったようだ。1984年からの再締め付け的な検閲体制を強化した〇〇党の独裁的支配が広く深く浸透して、中堅の数社を除き、その後の日本における出版の自由はあっという間に消え去った。

 『すばらしい新世界』は、進歩した文明的全体主義体制とその独裁者「総統」の下で「幸福」が国家から強制的に与えられる状態を、未開の非文明国からこの全体主義国家に紛れ込んだ自由人が、人間の自由/幸福/人間性/思考の独立性/真理/宗教などの視点から追及する物語。「善と悪の関係性」に言及する箇所はドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を彷彿とさせるし、ユートピア社会をこの世に求める事が“自由ゼロ/人間性ゼロの暗黒のディストピア”に至ると喝破した天才ベルジャーエフと同一の信条がこの著のモチーフとなっている。

 もっと率直にいえば、『1984年』が“スターリンの暗黒の体制”をオーウェル流に描いたのに似て、ハクスリー『すばらしい新世界』は、マルクスの『共産党宣言』を標的に、それが描く未来のユートピア“共産社会”を、諷刺のマントを着せてはいるが、ばっさりと外科手術的な解剖を試みたもの。だから、登場人物の一人に「バーナード・マルクス」の名をつけている。

 蛇足だが、日本では1970年代前半、バーク『フランス革命の省察』もハイエク『自由の条件』『法と立法と自由』もまだ翻訳されていなかった。ために、『1984年』『すばらしい新世界』は、ハイエク『隷従への道』(1954年、東京創元社)や『ベルジャーエフ著作集』(全八巻、1960~1年、白水社)とともに、保守系人士の座右の書となった。だが、『1984年』『すばらしい新世界』の邦訳出版は十五年遅すぎた。『ベルジャーエフ著作集』出版とほぼ同時ならば、保守勢力に相当な影響力(=社共と猖獗する共産主義思想に対する攻撃力)を大いに発揮しただろうからである。

““戦争狂”池上彰と“貧困促進屋”池上彰は同一体 ──日本の経済破綻と超貧困化を狙う“池上彰の犯罪”の先に来るもの” の続きを読む

“共産党員”吉野源三郎のベストセラーに狂喜する『文藝春秋』誌の真赤な怪気炎──『君たちはどう生きるか』は子供達を“共産革命戦士”に洗脳養成する“赤化教本”

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 吉野源三郎とは、戦後日本にソ連軍を侵略させて日本をソ連が無限に収奪し続ける国家喪失地獄に叩き落さんとした、悪魔が縮こまる凶悪な共産主義者であった。そんな狂気のスターリン教徒が、日本の子供たちをソ連人=狂気の共産革命の戦士に改造するために書いた赤化・洗脳教本『君たちはどう生きるか』が、漫画版だが、今、超ベストセラーになっている。すでに170万部を突破したという。

※本稿は、2018年2月25日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

 吉野源三郎のような札付きの共産党員の本は、エチオピア農民婦女子150万人の餓死処刑に加担した極悪非道の殺人鬼黒柳徹子の『窓際のトットちゃん』でもそうだったが、なぜか必ず超ベストセラーになる。誰しもこのからくりを知りたいだろうが、この問題は、ここでは扱わない。

 19377月に新潮社から出版された『君たちはどう生きるか』は、ちょうど究極のスターリン狂で共産主義者・近衛文麿が、「対蒋介石戦争」を開戦した19377月と同じ年/同じ月であった。「対蒋介石殺害戦争」を、当時も「日支事変」だと偽装語で誤魔化し、戦後もまた「日中戦争」だと嘘ラベルを張った。が、近衛文麿が日本国民を騙して日本の国費と日本の若者の命を蕩尽した「八年間の対支戦争」は、中国共産党の毛沢東に依頼されるままに、反共の蒋介石を殺害して支那全土を毛沢東の手に渡すことを戦争目的とした戦争だった。

 そればかりではない、吉野源三郎に少年用赤化洗脳教本の書き方を教えたコミュニスト山本有三が、大東亜戦争を煽動して昭和天皇/吉田茂など親英米派・大東亜戦争反対派を封殺した朝日新聞に『路傍の石』を連載開始したのも、この1937年であった。山本有三は、河上肇の直系で日本のスターリン細胞のボス近衛文麿グループの一味であった。人脈図を描けば、「吉野源三郎──(少年を共産革命戦士に改造する教本の書き方の師弟関係)──山本有三──(ソ連軍の日本侵略誘導の赤化集団)──近衛文麿」ということになる。つまり、吉野源三郎とは、東アジア共産革命戦争(=「大東亜戦争」)のれっきとした一味で、悪魔そのもののスターリンの犬だった。

 なお、『君たちはどう生きるか』は、一時的に目を患った山本有三に代行し、ピンチ・ヒッター的に吉野源三郎が書いたもので、山本有三が企画編集した1935年に第一回配本の)全十六巻「日本少国民(=「少年少女」のこと)文庫」の最後の配本第十六冊目であった。また、この「日本少国民文庫」シリーズは、日本の若者をアジア共産化革命の祖国叛逆大東亜戦争に駆り立てるべく、山本有三が近衛文麿に依頼されて企画出版したと考えられる。

 コミュニスト山本有三もコミュニスト吉野源三郎も、大東亜戦争の八年間にわたり一度も、小声ですら大東亜戦争に反対していない。心底からアジア赤化の大東亜戦争に狂喜乱舞していたからだ。

““共産党員”吉野源三郎のベストセラーに狂喜する『文藝春秋』誌の真赤な怪気炎──『君たちはどう生きるか』は子供達を“共産革命戦士”に洗脳養成する“赤化教本”” の続きを読む

“デマゴーグ医師”山口芳裕を大称讃するNHK・民放・新聞の煽動報道は、「倒産・失業・自殺者の大量発生→日本経済崩壊→日本国防力解体」を狙う“非暴力”革命──6月以降の感染者数を4月までのそれと同一グラフに書く“超・劣等民族”日本人

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

  東京都の感染者数に相当な人為操作を感じるが、これは内部告発が無いと追及できないので、私はこの問題には関心を持たないことにしている。しかし、小池都知事が、その対策会議(「モニタリング会議」と呼称)を、都民を恐怖に煽動洗脳すべくマスコミと共謀した「八百長」で行っている重大問題の方は、TV画面から誰でもわかる。この重大問題、都民なら決して看過してはならない。

 例えば、7月22日のそれでは、“デマゴーグ医師”山口芳裕と“データ妄想病の狂人医師”大曲貴夫が発言するところのみTVカメラが入り、そのままNHKも民放も放映した。学術的な議論をする場合、マスメディアを入れてはならない。良心的な参加者は発言を控え、売名一辺倒の参加者はこれ幸いと自己宣伝に活用するからだ。行政庁のいかなる会議も、裁判と同じく冒頭一分間のマスコミサービスを除き、“非公開”の大原則を遵守すべきである。但し、正確な議事録を作成し残すこと。

嘘八百を吠えた山口芳裕に対し、都側は会議中に間違いを糺さなかった。なぜ?!

 東京都のモニタリング会議は、小池百合子の意向が絶対で、嘘つき常習癖者が必ずメンバーになる。大嘘付きで名を馳せる、杏林大学の山口芳裕は、次のようなデタラメを酔いどれ与太者のごとく吠えた。「入院患者数は949人と増え、重症者数も14人に倍増したのだから、医療体制が逼迫していないとは言えない」、と。だが、東京都は重症患者用のベッドを400床準備している。このように386床も余っている状態を「病院はガラガラ」と言う。が、詐言師の山口芳裕は、病院ガラガラを逆さにし、「医療逼迫」と言う。山口のスーパー虚言癖は入院治療が必要。

 さて、東京都は今、「軽症/中等症/重症」患者用病床を2800床(5月時点では3300床)準備している。医療体制の逼迫とは病床不足を謂い、東京都では、2700人を超えた場合をいう。すなわち、詐欺師もびっくりの“詐言医師”山口芳裕は、「949人は、2700人だ」と絶叫したことになる。山口芳裕の大嘘つき度は、底なし沼。

 麻原彰晃が“嘘つき”上祐史浩を重用したように、大量失業者・大量自殺者の発生を快楽する冷酷残忍なサイコパス”小池百合子は大嘘付きが大好き。彼女の異常人格は、小池百合子が重用した低学歴の問題医師四名がことごとく、犯罪者型or精神異常者型デマゴーグである事実に十分に証明されていよう。

““デマゴーグ医師”山口芳裕を大称讃するNHK・民放・新聞の煽動報道は、「倒産・失業・自殺者の大量発生→日本経済崩壊→日本国防力解体」を狙う“非暴力”革命──6月以降の感染者数を4月までのそれと同一グラフに書く“超・劣等民族”日本人” の続きを読む

小池百合子は、“データ妄想病”大曲貴夫や“ヤクザ医師”尾崎治夫と組み、《夜の街》に「人民の敵マーク」を貼りまくる“《廃業・失業》快楽症の疫病神”──日本経済の破局「革命」及び迫るロシアと中共の侵略脅威隠しが目的の新聞・テレビは、“コロナ集団ヒステリー”煽動報道を止めない

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 本稿は、小池百合子の「7月15日」記者会見に戦慄するものを感じ、7月16~7日に急ぎ執筆した。ただ、この執筆中の7月16日、「Go Toキャンペーン」を巡り安倍晋三と小池百合子の場外乱闘が起きた。ために冒頭では、この「安倍・小池の真昼の決闘」に少し触れる。

 日本人に限り“ただの風邪”にすぎない「武漢ウィルス」を煽りに煽って、国民を恐怖に慄く“コロナ集団ヒステリー”に焚きつけた国家的大犯罪において、安倍晋三と小池百合子は、1月から5月までは、呉越同舟の共犯関係の仲間だった。例えば、1月中旬までに、対中“相互渡航”全面的鎖国をすれば武漢ウィルスを水際対策で阻止する絶対的な特効薬になったが、安倍・小池は協同して、「国賓」来日予定の習近平に対し媚態外交に終始し、二カ月間もこれを遅らせた。

 日本におけるコロナ蔓延のA級戦犯が安倍晋三/二階俊博/小池百合子/公明党/鈴木直道らなのは、証拠十分。“未曽有の大借金”六十兆円は、安倍晋三/二階俊博/小池百合子/公明党/鈴木直道らが支払うべきである。見識ある日本国民の諸君! そう声を上げて頂きたい。

“人気至上主義の三枚舌”安倍が勝つか、“《夜の街》潰し狂の貧乏神”小池が勝つか

 コロナ感染者数を増やせば増やすほど政局動乱は不可避となるから、武漢ウィルスは安倍晋三退陣への起爆剤に活用できる。しかも、人気が上がるなら毒饅頭すら喰らう安倍晋三は、その幼児性もあって、「武漢ウィルスを退治した偉大な政治家に成れる」と逆さに錯覚する“スーパーお馬鹿”。有害無益な2・27休校や五百億円の国民の税金をゴミ捨てしたアベノぽい捨てマスク配給は、“史上空前の脳内ゼロ宰相”安倍晋三の度し難いおバカさのほんの一端にすぎない。

 7月5日に東京都知事選に再選された直後から安倍晋三への(打倒の)闘志を剥き出しにする小池百合子は、だから、この安倍晋三の超弱点であるコロナ感染者数を急騰させるべく、遮二無二、PCR検査数を(医学的な意図からではなく)政治的に増やした。まさに安倍・小池“真昼の決闘”が始まった。小池百合子の直近の狙いは「Go Toキャンペーン」潰しだった。

 7月16日の「東京都感染者286名」は、4月平均1000名検査の五倍に近い検査数4683名の成果。が、この286名、陽性率で見れば6.1%。4月平均20%に比すれば、武漢ウィルスの伝染力は既に極めて弱い。余波とは言えても、第二波ではないことはしっかと証明されている。

 だが、安倍晋三も強かな悪徳政治家。「Go Toキャンペーン」を“東京抜き”で強行した。東京都内の旅行業者やホテル・旅館・土産物店業界は、怨嗟の声を小池に向け始めた。この意味で、この勝負、安倍の辛勝と言ったところか。第二ラウンドの安倍・小池のデスマッチが待ち遠しい。

“小池百合子は、“データ妄想病”大曲貴夫や“ヤクザ医師”尾崎治夫と組み、《夜の街》に「人民の敵マーク」を貼りまくる“《廃業・失業》快楽症の疫病神”──日本経済の破局「革命」及び迫るロシアと中共の侵略脅威隠しが目的の新聞・テレビは、“コロナ集団ヒステリー”煽動報道を止めない” の続きを読む

西村康稔よ、宣言「武漢ウィルスは終息した」を発し、政令「指定感染症」を廃止せよ!──“大嘘付き”尾身茂を「分科会」から叩出せ! 二度と《休業》要請しないと国民に確約せよ! 《休校》要請をした“狂”行政を国民に謝罪せよ!

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 共産革命“日本経済潰し”を目標に、反・科学と反・医学が旗幟鮮明な“革命集団の魔窟”「赤いエセ医師が闊歩する専門家会議」を廃止するとの、西村康稔「発言」を聞いた時(6月24日)、西村康稔は初歩的な医学判断が出来るのかと、彼を見直した。が、「反・専門家の犯罪者集団たる専門家会議を廃止する」は名ばかり。同じメンバーが中心の「分科会」に看板を替えただけで(7月3日)、西村康稔の「廃止」は国民騙しだった。十日間であれ、彼を間違って評価した自分の早合点を恥じる。

安倍晋三/小池百合子/鈴木直道は“放火魔消防夫”。では尾身茂/西浦博は何?

 日本における武漢ウィルスは、3月28日をピークに一気にその伝染力を喪失した。日本人に関する限り、武漢ウィルスはインフルエンザより病力が弱い“ただの風邪”でしかない。しかし、“成蹊大卒のスーパーお馬鹿”安倍晋三は、大嘘つきが得意な“日本のテドロス”尾身茂や、今や日本共産党の英雄で“世紀のデマゴーグ”西浦博と意気投合し、3月28日から十日後の、感染が一気に収束に向かって急降下中の4月7日、逆立ちして、“日本経済潰しの火山”を大爆発させたに等しい緊急事態宣言を発出した。安倍晋三らしい“反・国民/反・国家の叛逆行為”の暴走である。

 人気至上主義一辺倒の“脳みそゼロ宰相”安倍晋三は、緊急事態宣言の発出が自分の人気を急騰させると錯誤したのである。むろん理由はこれだけではない。緊急事態宣言で倒産・廃業・失業し、犠牲を強いられ呻吟する無辜の国民に、冷酷残忍な“非人間”安倍晋三は思いが至らないからだ。

 安倍晋三の人格は、正真正銘のサイコパスの狂人。有害無益な「休校」&「緊急事態宣言」を発出した代償に、六十兆円の大借金を子孫に課す“日本史上最も鬼畜的な政治家”が安倍晋三。その八年近い総理在任で、既に四百兆円の国債を発行し、国家の財政・経済を完全に傾けたが、平然としている。安倍晋三の方が武漢ウィルスより数百万倍もの病毒を日本に撒き散らしている。ならば、怖がるなら安倍晋三に対してであり、武漢virusは安倍に比すれば無害で怖がるのはオカシイ。

 さて、“天性の大嘘つき”尾身茂について。尾身は自治医大生の時から共産党の「民青」活動家。共産党の伝手で厚生省の医務官僚になった筋金入りの共産革命家。こんな事実、側近の警察庁出身の北村滋から安倍晋三は忠告されているはずだが(備考)、安倍晋三は無知を演技した。なぜ?

“西村康稔よ、宣言「武漢ウィルスは終息した」を発し、政令「指定感染症」を廃止せよ!──“大嘘付き”尾身茂を「分科会」から叩出せ! 二度と《休業》要請しないと国民に確約せよ! 《休校》要請をした“狂”行政を国民に謝罪せよ!” の続きを読む

安倍晋三よ、ロシア新憲法「領土引き渡し禁止」に厳重抗議し、在ロ日本大使「即時召還」&対ロ経済断交を断行せよ!──新・検事総長(林真琴)は刑法外患罪で“対ロ売国奴”安倍晋三らを逮捕し死刑求刑で起訴せよ! 

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 7月1日、プーチン専制独裁のロシアは、憲法改正を成立させた。この新・憲法の中に、「領土割譲の禁止」条項があり、日本の北方領土“奪還”に応じることは憲法違反となった。また、20世紀に入ってもロシアは一貫して、国を“国際法が適用されないその特別除外域”だと言い張ってきた、反・国際法をもって国是とする侵略国家だが、このことについても、新・条項「(第二次世界大戦のロシアの勝利に伴う戦争の結果などの)歴史的真実を守り、矮小化を許さない」で公然と憲法に明記した。

 後者は、プーチンが、2018年から“日本史上に残る最狂お馬鹿”安倍晋三を何度も恫喝したように、国境は戦争と軍事占領が定めるとの、ロシア民族固有の《国境画定のドグマ》を憲法条文化したもの。なお、国際法は、国境は戦争の結果や軍事占領では定まらない/定めてはならないとする。

“侵略の皇帝”プーチンの目的──侵略した北方領土とクリミヤ半島のロシア領確定

 新憲法条項「領土割譲の禁止」で“二十一世紀最獰猛な侵略者”プーチンは、何を狙うのか。現時点の目的と近未来の目的の二つがある。現時点での狙いは、1945年に侵略した北方領土と2014年に侵略したクリミヤ半島の双方を、「ロシア領土」と確定すること。つまり、プーチンのロシアは、憲法の新条項を水戸黄門の印籠のごとくに高く掲げて、日本とウクライナからの返還要求を門前で粉砕できる仕掛けを構築したのである。

“安倍晋三よ、ロシア新憲法「領土引き渡し禁止」に厳重抗議し、在ロ日本大使「即時召還」&対ロ経済断交を断行せよ!──新・検事総長(林真琴)は刑法外患罪で“対ロ売国奴”安倍晋三らを逮捕し死刑求刑で起訴せよ! ” の続きを読む

「イージス・アショア」中止は、プーチンの命令で“売国奴”安倍晋三が、習近平の命令で“売国奴”河野太郎が、共謀して暴走する“日本全列島「中ロ」献上アジェンダ”の実行。

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 防衛大臣・河野太郎(2019年9月11日~)がついに赤色の正体を露わにした。河野太郎とは、中国共産党員もビックリの狂信的な毛沢東崇拝者であった父親・河野洋平から、“中共の対日工作員”としての血を受け継いだだけではない。祖父・河野一郎から教条的なコミュニストの血を相続し“ロシアKGB対日工作員”としても祖父以上に暗躍している。

 要するに、志位和夫と同類の“反・自衛隊/反・国防の狂気”を常態とする河野太郎の過激な親中/親ロは、その“過激な反米/反日”と一体だから、陸上配備のイージス迎撃ミサイルの事である「イージス・アショア」の配備中止は、防衛大臣になった昨年9月からの個人的信条を、満を持して決行しただけと言える。

 イージス・アショアは、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するだけでなく、ロシアと中共の中距離弾道ミサイルに対する迎撃能力もあり、ために中共とロシアは、「この配備を中止しろ!」と、安倍晋三・総理官邸と防衛省内への非公然工作を集中的に行ってきた。今般の河野太郎は、この中共とロシアの命令を忠実に実行しているのである。

 また、“安倍家コミュニスト三代目”安倍晋三も同様で、2018年にプーチンから「イージス・アショアの配備を中止しなければ、日ロ平和条約は締結してやらないぞ!」と何度も恫喝されており、安倍晋三が河野太郎を防衛大臣に任命した理由は、日ロ平和条約を締結したい一心からの、イージス・アショア配備中止も目的の一つ。その意味で、河野太郎は、「イージス・アショア配備中止」はさも自分の独断であるかの演技において、安倍晋三との密約「イージス・アショア配備中止」を見事に遂行したことになる。また言うまでもないことだが、安倍も河野も、一般国民がコロナ“集団ヒステリー”で痴呆老人化している、この六月を狙った。

“「イージス・アショア」中止は、プーチンの命令で“売国奴”安倍晋三が、習近平の命令で“売国奴”河野太郎が、共謀して暴走する“日本全列島「中ロ」献上アジェンダ”の実行。” の続きを読む