特別ゼミ「上皇陛下のご譲位を禁止し“廃帝”(強制退位)制度を創った“非・日本国民”菅義偉の《真赤なアイヌ嘘歴史》捏造は、何を企てているか──北海道「先住民族」は数千年にわたり原日本人のみ」開催のお知らせ

Pocket

吉 田 寿 太 郎

 上記の特別ゼミの開催日時/場所その他および応募方法は、以下の通りです。

1、日時;10月10日(土曜)午前11時半~2時半。その後は、AFTERゼミ談話会(4時15分終了)

2、場所;都内のホテル。

3、ホテル製昼食が正午に配膳されます。ゼミの中断や休憩はしないので、各自、ペンを走らせながら食べて下さい。中川先生は昼食抜きです。

4、2時半で一旦15分間の休憩をします。その後は、AFTERゼミ談話会。テーマは「天皇制廃止に必ず暴走する菅義偉“共産党”内閣を、いかに早急に倒閣するか」です。3時にお茶とケーキを用意します(費用は中川先生の負担)

5、参加希望者は、下記のメールアドレスに、9月26日(土)正午までに、「氏名、自宅住所、固定電話番号、生年月日、卒業大学・学部・卒業年、現在の所属企業/官庁名」を送ってください。直ぐに自宅宛てに入ゼミ手続きの書類を郵送いたします。 

吉田寿太郎(nakagawamagazine@gmail.com)  

6、配布資料が多いので、参加者はカバンをご用意下さい。

以上。

レジュメ

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 三時間ノンストップ・ゼミは、以下の四部構成で進める。

第一部 北海道縄文時代「六千年以上」、日本人と全く異人種アイヌはゼロ人だった

 「北海道の先住民族はアイヌだ」と詭弁する、荒唐無稽な真赤な嘘歴史は、嘘つき共産党員&朝鮮人しかいない(日本列島を研究対象とする)考古学者の犯罪「学説」が決定的な役割を果たしてきた。

1、犯罪者の集団と化した考古学界の、トンデモ詭弁が「アイヌ人は先住民族の北海道縄文時代人を直系的に後継する、北海道で自生した先住民族だ」との真赤な詐言。だが、アイヌ人と北海道縄文時代人とは全く異人種。これは、DNAから証明済み。篠田謙一・安達登の論文はその一つ(注1)

注1、「DNAが語る複眼的視点」『科学』2010年4月号、370~1頁。ゼミ参加者にはこの論文コピーが、其の他の関連資料とともに配布される。

2、北海道が七世紀には侵入アイヌ人に完全占拠されたことは、『日本書紀』斉明天皇の条で明らか。この事実は、三~四世紀に樺太から侵入・移住した新参者アイヌ人が、六世紀までの二百年間かけて、数千年間以上にわたって北海道の先住民族だった縄文時代人(→続縄文時代人)を皆殺ししたことを示唆する。

 『日本書紀』の対アイヌ人/対ギリヤークニヴフ人征討・国境画定協定(口頭了解の合意)の記述については、ゼミで詳述する予定。アイヌ人は大和朝廷に帰属し留萌-旭川以南をその居住領域とし、ギリヤーク人は宗谷・北見などオホーツク海沿岸部より南には移住(南下)しないと約定(この国境画定は、現在の奈良県天理市石上神社周辺にて合意。660年。ギリヤーク人代表は47名(49名))

 また、本州からの日本人・移住者活動区域──函館(「胆振さえ」の仮比定)および室蘭市から沙流川に到る胆振地方──の日本人への危害を加えないことをアイヌは誓約(協定合意は「有間浜」(=津軽郡深浦町を仮比定)で行った。658年)。ギリヤーク人を監視しアイヌ人を守る大和朝廷の出先官庁「政所」が、岩内湾の海岸(「しりべし 後志」地方の仮比定。ここから見える積丹半島は「切り立つ崖」)に設置された。

(備考) 斉明天皇時代の日本の海軍力は、東シナ海以東では唐帝国を圧倒的に凌いでいた。白村江で唐海軍に敗れたのは、自分の絶対優位(三倍)に驕慢した日本海軍のお粗末戦法が原因。それより三百年前の四世紀、神功皇后の新羅征討・植民地化に見る如く、あるいは広開土王の碑文にあるごとく、日本の陸海の軍事力は、中間に位置する朝鮮半島ではシナ帝国と対等以上。なお、神功皇后は実在の人物。クレオパトラを越える世界史の女性。明白にすぎよう。神功皇后の史実を抹殺する“狂”古代史は全面的に糺さねばならない。

3、詭弁・思い付きが大洪水する「物の考古学」←→人間の営み史を確定する作業「人間の歴史学

   * ここで、考古学と歴史学の学問手法の相違につき簡単に触れる。

4、小保方晴子を越える“凶悪ペテン師の考古学者”瀬川拓郎が書いた嘘満杯の毒書群の解剖。

① 解剖対象本は、A『アイヌの世界』2011年。B『アイヌ学入門』2015年。C『アイヌと縄文』2016年。

ゼミ参加者へ;事前リーディングの必要性はありませんが、Cの『アイヌと縄文』を持参下さい。

② 瀬川拓郎は、アイヌは縄文時代人だと妄想しているのではない。「アイヌを日本人の祖先にデッチアゲ、日本人にアイヌを崇拝させるポスコロ革命のカルト宗教を構築しているのである。

 だから、共産主義者and/orポスコロ狂の瀬川拓郎は、荒唐無稽な“真赤な嘘歴史”「“縄文時代人の生き残り”アイヌ」という虚構を捏造すべく、嘘八百の詭弁を凄まじい勢いで強弁し続ける。麻原彰晃がおこなった信者への洗脳方法と全く同じ。日本人は、人種に関して、科学と一致する物差し「外見からの判断」を堅持する勇気を捨ててはいけない。

(参考) 例えば、四千年前から徐々に分化した朝鮮人と日本人は、血統の近親において今でも女性は区別が困難。コリアンの朴がプロデュースした9名の少女ユニットniziUにコリアンはゼロ。が、半分ほどがコリアンに見える。血統のつながりは、このように外形に現れる。一方、アイヌ人の外形は、日本人とは余りに異なる。アイヌと日本人とは、DNAで証明されているように、血縁関係が全く無い全く別の人種だからだ。

③ 瀬川拓郎は、中核派・三浦雅士と同志で昵懇な「反日」革命活動家。共産党員か、中核派の北朝鮮人。まだ調査中のため、これは未確定。

④ 共産主義orポスコロを狂信し日本国滅亡が宗教信条の“過激反日屋”瀬川拓郎は、次のように限度無く嘘を垂れ続ける。烏が鳴かない日はある。しかし、瀬川拓郎が嘘を吐かない文章は一行もない。ゼミでは緻密な分析結果を配布するので、ここで二例を例示するに留める。

イ;篠田謙一らの「DNAによる科学的証明《アイヌと北海道縄文人は全く無関係》」を完全無視する、瀬川の凶暴で狡猾な詭弁とは、「血統という生物学的な系譜など、両者の関係性に無関係だ」「文化(物、生活様式、習俗)やアイデンティティこそ、両者の継承・連続を示している」(A、16頁)

 誰しも絶句のスーパー詭弁。アイヌ人で、「俺は北海道縄文時代人の末裔だ」を考えた者は古来から今に至るもゼロ人ではないか。アイデンティティ論は、“大嘘つき”瀬川らしい真赤な作り話/嘘話。また、北海道縄文人の文化で現アイヌ人が継承したと証明できた習俗も物も何一つ無い。例えば、獰猛な動物の狩りができない穏やかな縄文人は、ヒグマがふんだんにいるのに、アイヌ習俗の熊狩りも熊送り儀式も全くしていない。縄文人とアイヌは文化における繋がりは皆無。両者の断絶は、明白。

ロ;「擦文人=アイヌ人は、10世紀末になると樺太南部に進出しました・・・この動きは当然サハリンにもいたオホーツク人(ギリヤーク人のこと)に影響を及ぼした。10~11世紀にアニワ湾に面する、ギリヤーク人の集落遺跡は環濠で囲まれていた。サハリンへ渡海して住み着くアイヌ人を恐れたからだ」(C、141頁)。笑止千万。アイヌ人の居住地に闖入して集落をつくった以上、アイヌ人から「出ていけ!」と絶えず襲撃されるのは自明。だから、環濠を作った。四世紀にアイヌ人が樺太から北海道に渡った歴史事実を意図的に逆にしている。「アイヌの南下」を「アイヌの北上」は、逆立ち詐言。

* 学術的な箴言「考古学者に、歴史を語らせてはいけない」。

⑤ 北海道縄文人の血統は沿海州原産。しかし、その文化は、本州以南の縄文人(原日本人)と全く同じ。が、3~4世紀に樺太から侵入した異人種アイヌ人に6世紀までに皆殺しされたと考えられる。アイヌ人は、後期・続縄文文化を継承し擦文文化を創った。

5、年表               

表1;北海道の主たる人種・部族・民族は誰か

第二部-1 天皇制廃止運動として、“天皇制以前”縄文時代を「聖化」「理想化」

1、1970年の大阪万博に、私は行かなかった。過激共産党員・岡本太郎が作った「太陽の塔」がシンボルとして、そのど真ん中に建てられていたからだ。当時、太陽の塔は、縄文時代の太陽がモチーフで、「弥生時代以降の日本に対する敵対的な憎悪の芸術表現」とか、「“太陽神”天照大神から太陽を奪い、弥生時代以降の日本を暗黒にする」がモチーフだと言われていた。これは恐らく真実。

 共産党は、弥生時代の稲作文化によって(スターリンが憎悪する)天皇制度と(マルクスが憎悪する)富の格差が誕生したと考える。この故に、共産党支配の学界は、「弥生時代への中傷誹謗」&「縄文時代の美化」で、古代史を徹底的に歪曲し、あらん限りに捏造してきた。現在の日本の古代史が、日本国の誕生をシナの聞き書き文献のままに改竄され、皇室の祖先が歴史事実に反して完全抹殺されているのは(備考)、共産革命の究極目標「天皇制度の廃止」からの政治的な歴史捏造である。ともあれ、“弥生文化を全否定する「弥生時代への中傷誹謗」は、共産党の理想である無格差社会の縄文時代を美化・聖化に欠かせないからだ”ぐらいは、日本人なら臍を噛んで知っておかねばならない常識だろう。

(備考)神武天皇や神功皇后は、今日の日本国も大きく依存する実在の“偉大な天皇”である。「坂本太郎/山田孝雄/滝川政次郎→中川八洋」に、この歴史の真実は継承されている。

2、共産主義が猖獗する戦前・戦中を通じて日本は、保守や保守主義者を絶滅した。与謝野晶子/山本勝市/柳田国男は、この時代に絶滅危惧種となった「日本の保守」最後の三人だった。戦後日本で、竹山道雄、磯田光一、林健太郎、福田恒存、中川八洋、栗栖弘臣ら、保守主義者が、少数であっても誕生できたのは、マッカーサーGHQのお蔭である。“奇跡の神風”GHQの七年間の日本占領が無ければ、保守知識人などゼロだったし、日本国そのものがとうに滅んでいただろう。

3、柳田国男は、弥生文化期の“稲作民族”日本人の民俗を今に伝えてくれる大学者である。故に、コミンテルン32年テーゼを今も狂信するカルト宗教団体・共産党は、目くじらを立て、柳田国男潰しの手を緩めることがない。

 例えば、共産党員・赤坂憲雄(学習院大学教授)は、『柳田国男を読む』『遠野物語にようこそ』で弥生時代に光を当てた柳田国男を攻撃するとともに、『岡本太郎の見た日本』と弥生時代全否定の“縄文狂徒”岡本太郎を聖化している。

第二部-2 (明治前)天皇制度を奉戴していないアイヌこそ汚れ無き共産革命戦士だ!

 上記の基礎知見に基づけば、共産党員や北朝鮮人の学者が歴史的に全く不連続の「アイヌと縄文時代人」という無関係な両者をなぜ強引に結びつけたか、のドス黒いその意図が垣間見えてくる。

 アイヌも縄文時代人も、ともに天皇制度が誕生する基盤を提供しなかった。ともに、天皇制度を奉戴したこともない。しかも、ルソーが『人間不平等起源論』で聖化した、文明社会以前の“人間の理想社会”「未開・野蛮」が共通する。つまり、日本人共産主義者の三聖典、ルソー『人間不平等起源論』、マルクス『共産党宣言』、スターリン「32年テーゼ」に、アイヌと縄文時代人は合格している。ならば、この両者を全く無関係だが一緒にしてしまえ、とのカルト宗教的な動機が暴走してもおかしくない。

 日本国の滅亡を目指す“エセ学者”瀬川拓郎が、荒唐無稽な大嘘「北海道縄文時代人→アイヌ」という歴史を捏造した動機とはこれ。だが、本当の歴史は、3~4世紀に樺太から北海道に侵入したアイヌが“原日本人の一つ”北海道縄文時代人を皆殺しにしたと考える方が合理的で、他の歴史事実とも整合する。

 ゼミ参加者は、岩波文庫本『共産党宣言』『人間不平等起源論』を持っていれば、ご持参下さい。

第三部 「在日」は日本が滅ぶまで収奪してよい・・・恐ろしい悪魔のドグマ「ポスコロ」

1、“旧植民地人は旧宗主国人を無限に収奪できる”を基幹教義とするポスト・コロニアリズム(=“逆”植民地主義は、日本国の溶解的な滅亡を目標とした、新型の猛毒「反日」革命イデオロギー。

 1991年末のソ連邦崩壊後の日本では、1926年から猖獗してきたマルクス・レーニン主義は、死滅したわけではないが、表舞台からは確かに退場した。しかし、その代替として、共産革命の新型のカルト宗教を大々的に伝染させるという戦術において、日本の共産革命は過去八十年間以上(1926年~現在)も弱まることがなく続いている。しかも、この共産革命は表面のソフト化で錯覚が蔓延しているが、実態はより過激になり濃度は年々濃くなっている。

 具体的には、マルクス・レーニン主義の、革命の主体が「バラ色のユートピア」に向かって驀進することで、資本主義と文明の社会を破壊し一掃して「暗黒の全体主義体制」をつくる革命の方法を、代わりの新型革命にスウィッチする大転換をした。日本人の個々の人格を根底から破壊し正常性を剥奪し“思考の狂気化”を行い、これをもって文明の国家そのものを維持できないようにし、日本の国家としての発展どころか、現状に存続する基盤も能力も根本から破壊する、新革命戦術である。

 第一は、1995年から本格的に始まった、日本の子供たちに対する、教育現場での、性差破壊(ジェンダー・フリー)のフェミニズム教育は、次代の日本人すべてに性同一性障害者の心理を形成するのが目的である。第二の、主に血統的に朝鮮族の大学教師による1996年からのポスト・コロニアリズム洗脳運動は、記憶喪失症と同種の障害を人為的に形成して、次代の日本人から“国家意識”を剥奪せんとするものである。

 性差破壊フェミニズム教育であれ、ポスト・コロニアリズムであれ、いずれも人格破壊を目的とするもので、その手法は、1968年頃からフランスで発生した、劇薬ポスト・モダン思想を素地にしている。ポスト・モダン思想とは、フーコーが率直に語るように、フロイトの治療法を逆転させて、精神分裂症への人格改造を目指すものである。人間から人格の正常性を奪う「脱構築」をして、“非人間”に改造するものである。

 マルクス・レーニン主義の革命が「主体」を礼讃して「主体」に革命させるものだったとすれば、ポスト・モダンで煮込まれた性差破壊フェミニズムとポスト・コロニアリズムは、「主体」を破壊して人間を浮遊させ「主体なき社会」にすることによって、社会そのものの自壊を目指す新型革命である。「バラ色のユートピア」を提示もしないし煽動もしないが、現在の自分の国家・社会をすら維持できない狂気の人格に生体実験的に改造する、“反人間の革命”である。

2、マルクス・レーニン主義と新型の極左ドグマ「ポスコロ」はどう相違するか

表2;「ポスコロ」とは、“日本国消滅”の特効薬物

3、もしポスコロについて事前に概要を勉強しておこうと考えるゼミ参加者は、北朝鮮人の本橋哲也『ポスト・コロニアリズム』(岩波新書)が簡便。

 ゼミでは、(ここでは省略の共産党員・朝鮮人の日本語作品50冊と共に)サイード、バーバ、ギルロイ、コンファン、トリン・ミンハ、ソンタグ、トドロフ、ボードリアール、レヴィナス等を駆使して、縄文人を襲ってその後を継いだ“後続の部族”アイヌを、デッチアゲて「先住民族」とした現在のアイヌ新法が日本国の消滅を目指していることを明快に証明する。法律名が、“満洲産朝鮮人二世”のディアスポラ菅義偉が主導して立法した「アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策推進法」とあるように、日本国の消滅やアイヌが日本人を好き放題に殺せる情況づくりがアイヌ人の誇りを回復する唯一の方法である以上、この法律は日本国の地球からの消滅&日本民族の絶滅を目指す。この法律がある限り、日本は一億総自殺のバンザイクリフ(サイパン島)に向かって死のダイブに盲走する。

第四部 “凶悪「対日」恫喝(ヘイト・クライム)文書”『アイヌ民族否定論に抗する』の解剖

 上記の第一部~第三部の基礎知識をもとに、“悪書の極み”『アイヌ民族否定論に抗する』を解剖する。この本は、小林よしのり批判が表看板。だが、衣の下に鎧を見せて、ポスト・モダン(サイードやデリダ)的な“日本国の脱国家”が本当のモチーフ。日本国を滅ぼせ!が、その主張で真意。

附記1;譲位禁止と強制退位制度を法的制度にした菅義偉についての参考書

 2019年4月30日、上皇陛下の譲位を禁止し、総理の安倍晋三に「お前は廃帝だ!」と絶叫させた、強制退位制度を創った“赤い悪魔”が菅義偉とその仲間、山本信一郎たちである。『天皇「退位」式は皇統断絶 』『徳仁《新天皇》陛下は、最後の天皇』に詳述しているので、ゼミ参加者だけでなく、日本国民なら必ず精読されたい。

附記2;北海道アイヌは2500名以下。「嵩上げ一万五千人は朝鮮人」説は本当か

 今、日本にアイヌ系日本人は1万7千人いるとされる。だが、この数字は北海道アイヌ協会の私的で恣意的な数字のようである。北海道庁が具に調査した数字ではないらしい。しかも、噂では、アイヌ人は実数2500人。一万人は朝鮮人で、アイヌなりすまし偽装だという。北海道アイヌ協会は、会員全員のDNAを調べ公開されたい。個人名なしでの公表だから、個人情報保護法には違背しない。

(朝鮮人に日本国が簒奪された2020年9月16日に記す)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です