“野蛮主義の暗黒時代”に突入した世界──《明日の日本は、今のウクライナ/今のイスラエル》が見えない日本人

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 ガザ軍事作戦のイスラエルに対する、世界の風当たりは、常軌を逸して異様。余りに過激だし過剰に偏頗。不自然すぎる。

 2001年ビンラーディン9・11テロに対し、米国は直ちに「アフガンに潜むテロ組織アルカィーダ攻撃」を開始。この時、世界は、これを自衛権の正当な行使だと納得し、しかもその迅速さに感心もして拍手すらした。2023年10月7日以降のイスラエルの「ハマス撲滅軍事作戦」を、この2001年9月~12月の世界と比較すると、相違が大きすぎる。看過してはなるまい。

 テロ組織撲滅に敢然と剣を振るうイスラエルが称讃されるのではなく、逆さに轟轟たる非難を浴びる状況は、2020年代の世界が、どす黒い“無法な野蛮主義vandalism/barbarianism”に支配されている証左。確かに、十三世紀蒙古人プーチンの2008年グルジア侵略から、“無法な野蛮主義”が世界を席巻するようになった。2014年3月のロシアのクリミヤ半島侵略・併呑で、“無法な野蛮主義”は本格化した。

 だが、目をウクライナだけに奪われてはいけない。2024年2月16日、イスラエルの自衛権行使を支持する米国バイデン大統領が、ハマスの軍事拠点の一つラファへのイスラエル進撃制圧を「しないよう」発言した事例も、一見すればマイナーだが、この“無法な野蛮主義”に数えられる。

 なぜなら、このバイデン発言は、一般ガザ・アラブ人への被害を避けるためとの妄想型美名に粉飾されているが、イスラエルの自衛権行使を阻害し、ハマスのテロ“容認”をしている。ネタニヤフ首相は即時、バイデンに拒絶を通知したが、この方が世界の法秩序維持に寄与し、世界平和に貢献する。今、世界で、無法な野蛮主義と戦っているのは、ウクライナとイスラエル。両国の、自国と世界の平和のために自己犠牲する騎士道精神には、ただただ頭が下がる。

 また、バイデン大統領は、パレスチナに対して包括的和平案を準備している。が、度が過ぎた時期尚早。ナンセンス限りなく、絶句するほかない。2024年3月時点で早々とパレスチナ和平を唱道するなど、荒唐無稽な妄想。それは、イスラエルがハマス殲滅と人質奪還をした後であるべきもの。また、ハマスの“共犯者”UNRWA解体が国連で定まった後の問題。ガザ完全更地化も同時に提案されていないとすれば、このようなパレスチナ和平協議の開始は、検討にも値しない。

 パレスチナ自治政府が「ガザ消滅」を約し「ヨルダン川西岸で、テロ団体が決して萌芽しない情況を創った」時には、新「オスロ合意」を確かに協議してもよい。この意味で、上記のバイデン大統領の勇み足は度が過ぎており、論外。バイデンは、庭に朝顔の種を蒔き、「明日、咲いてくれよ」と声をかけている老耄老人になっている。このような戯言は、米国の信用を傷つける。バイデンよ、発言には理性の自制をかけ、もっと慎重であれ!

““野蛮主義の暗黒時代”に突入した世界──《明日の日本は、今のウクライナ/今のイスラエル》が見えない日本人” の続きを読む

イスラエルの兵制&核武装は、日本の“国家生存の師匠”

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 日本が国防で師と仰ぐべき“本物の師匠”が世界に三ヶ国ある。フィンランド/スイス/イスラエル。本稿は、凶悪テロ団体ハマスとその“共謀犯”UNRWA(国連パレスチナ難民支援事業機関)と果敢に戦う、“義勇の騎士”イスラエルを考察するもの。が、イスラエルは日本国が尊敬すべき偉大な師匠だから、本稿を読まれる健全で立派な日本国民は、イスラエルに言及する時は、心の中で“イスラエル先生”と、正座して呼ぶ礼節を忘れてはいけない。礼節は愛国精神の始まりである。

 イスラエルと日本は、敵性国家群に包囲されている厳しい戦略環境を共通とする。両国のこの地政学的な酷似性は、両国を、“地理における不幸の星”に生まれた双子の兄弟にしている。ユダヤ教徒のイスラエルは、自国の周りを全てイスラム・アラブ人とイスラム・ペルシャ人から包囲されている。イスラエルの平和と永続は、これらの外敵侵略を排除して、これらに平和共存策を強制する以外、他策が無い。

“イスラエルの兵制&核武装は、日本の“国家生存の師匠”” の続きを読む

ガザは完全更地化、ガザ220万人は「西岸」に移住

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ハマス10・7戦争の戦争後処理に、手抜かりは僅かもあってはならない。その第一は、①ハマス戦闘員三万人の戦死と最高指導者ハニヤの暗殺は、必ず完遂されていなくてはならない。第二に、②ハマスの共犯〝テロ犯罪機関〟UNRWAは解体されていなくてはならない。第三に、ハマスが再び復活しないように、③ガザ地区は完全に更地化され、イスラエル領にせねばならない。

 この第三の問題。イスラエル政府の一部は、2024年10月、ガザ更地化の後、ガザ・アラブ人220万人をエジプトに追放して、これをもって戦争処理だと主張している。が、これは、エジプトが決して認めない以上、イスラエルとしては選択肢から外すべきだ。

 エジプトはハマスを危険視し、ガザ・パレスチナ人を全員テロリストの温床だと見做している。ムスリム同胞団イデオローグのクトゥブを処刑したように、エジプトは、クトゥブを継承しその過激暴力主義をより濃縮したハマスを決して容認しない。即ち、ガザ・パレスチナ220万人〝大移住〟の場所は、ヨルダン川「西岸」しかない。

 この場所としては、西岸地区内の死海の西側がベストだろう。ここに、ガザと同一面積365㎢を、イスラエルはパレスチナ自治政府に提供する(図参照)。即ち、この365㎢は、(イスラエル管轄下の)C地区からパレスチナ自治政府管轄のA地区に変更される。

図:ガザ地区を消滅させ、西岸に移住させる

㋑パレスチナ自治政府がイスラエルに1200名殺害の賠償として割譲する領土

㋺ハマスの対イスラエル戦争に対する加罰として放棄を強制される領土

㋩ガザ220万人の移住用の領域(ガザ地区と同一面積の365㎢)

 即ち、ガザは、ラファ検問所のみを残し、すべてをイスラエル領とする。そうしなければ、ガザ全域の地下に網の目のように張り巡らされたハマス建設の550㎞軍用トンネルやすべての地下兵器生産工場を、完全には発見できないし完全破壊し尽くすこともできない。また、外国からの援助物質は、ラファ検問所から(死海に近い)西岸「東南端」DKEIKAまで、イスラエル軍の監視下で運べば、これまでと何ら変わらない。

 また、ハマスが10・7で残虐に殺害したユダヤ教徒1200人に対する損害賠償として、パレスチナ自治政府は、首都エルサレム市の近郊で現在ユダヤ教徒が入植している区域(現在設置されている壁のイスラエル側)をイスラエルに割譲する。西岸地区イスラム教徒のエルサレム宗教施設への参詣は、これまで通り保証される。

 この割譲に、ラマッラ市にあるマンデラ像の地点までを加える(ラマッラ市の中心街は含まない)。これによりイスラエルは、南ア黒人テロリストの共産主義者マンデラの銅像(高さ6㍍、2016年に南アが寄贈)を爆破撤去できる。パレスチナに、テロリズム煽動の教育や施設を存在させてはならない。

残虐なテロ組織ハマスの“共犯”UNRWAの解体を急げ!──外務省・総合外交政策局長を懲戒免職し、国連広報センターを廃止

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 2024年1月28日、UNRWA職員12人が10・7ハマス戦闘員/「イスラム聖戦」戦闘員としてテロに参加したことが露呈し、“KGBロスケ”かつ“ハマスの犬”国連事務総長グテーレス(ポルトガルの共産主義者)は大慌てで、うち9人を直ちに解雇と発表。

(1)ハマスの10・7テロ及び10・7ユダヤ教徒“人質”拉致・監禁に関わった、実際のUNRWA国連職員は12人ではなく、数百人に上る。なお、UNRWAとは、国連パレスチナ難民救済事業機関のこと。

(2)そればかりではない。ハマスが所有する数万発のロケット弾は、UNRWAの全面的協力が無ければ、一発も生産されていない。地下10㍍の製造工場(ブレイジ市、サラ・ディーン通りの東)の建設に要した膨大な量の鉄骨やセメントも、UNRWAが代理して輸入してあげた。このロケット弾の設計製造指導をしたイランの技術者は、UNRWAの手引きでガザに駐在できた。この地下工場の建設を指導した北朝鮮「工兵部隊」の技術者も同様で、UNRWAの協力なしに入国も長期滞在もできなかった。

“残虐なテロ組織ハマスの“共犯”UNRWAの解体を急げ!──外務省・総合外交政策局長を懲戒免職し、国連広報センターを廃止” の続きを読む

本籍“日共”岸田文雄・上川陽子のユダヤ教徒“絶滅”テロ支援は、日本民族“ジェノサイド”の予行演習──共産党・共産主義者のユダヤ人“憎悪”は、マルクス市場経済“憎悪”の狂信から発生

「イスラム教徒は(パレスチナ・ユダヤ人の殲滅など、コーランの律法において)「正当な戦争」ならば、その戦争の過程で捕えたユダヤ人の少女を、敵を辱めるために自宅に監禁して性奴隷にしてよい。これらの少女は、イスラム教徒の所有物になったのだ」(MEMRI-TV、2014年9月12日に放送)

 これは、エジプト・カイロ市にあるアル・アズハル大学神学部の女性教授スアド・サレハ教授が、テレビで解説した内容。こんな残忍な考えは、われわれ文明社会の常識や法概念では、凶悪犯罪者の暴言中の暴言。が、アラブ・イスラム教徒の世界においては、一部の少数派を除き、半分ほどがサレハ教授の言説を常識の範囲内だと考える。

 なお、女性に対する暴虐なる行動は、現在のプーチン・ロシア軍でも普通で、これを非とするロシア人など(国民の5%を除き)存在しない(備考)。チンギス・カンの末裔ロシア人と、ムハンマドの末裔アラブ人とは、狂暴かつ残虐性を共通の民族文化とする。

(備考)ロシアでは、戦争相手国の女性は戦利品。だから、無制限に殺害やレイプをしてよいとされ、実際にも軍刑法で処罰されることはない。敵国女性に対する殺害“快楽”やレイプは、安い兵士給与を補う「給与の一部」。現実に、2022年春、ウクライナのブチャで起きた「ブチャの虐殺」は、1945~6年の満州・樺太での日本人女性に対する蛮行に比すれば千分の一の規模だが、世界に衝撃を与えた。一方、日本の共産党員/朝日新聞/北朝鮮人系の国会議員などは、これに衝撃を受けなかった。日本の霞が関官僚や大学教授は今では共産主義者の群れで、殺人鬼の集合体になっている。

 1945年8月~46年6月、満州の日本女性は、ロシア兵に好き放題にレイプされ殺された。その数はこれら女性の(餓死・凍死・病死した)子女を併せて、25万人~35万人と推定される。広島・長崎の原爆被害者の本当の数字「合計10万人」と比べると、その三倍に当たる。だが、戦後日本では、全ての大学で「満州の一般邦人のレイプ・殺人の情況と被害者総数割り出し」の研究は、(学問の自由を絶対に認めないカルト教義の上に、ソ連共産党からの命令で)日本共産党が徹底弾圧したため、戦後八十年が経つが、一本の論文もない。仮に教員や大学院生が、学内共産党の検閲に抗して、この分野の研究をすれば、大学から百%追放された。1950年代では一部は殺害された。

“本籍“日共”岸田文雄・上川陽子のユダヤ教徒“絶滅”テロ支援は、日本民族“ジェノサイド”の予行演習──共産党・共産主義者のユダヤ人“憎悪”は、マルクス市場経済“憎悪”の狂信から発生” の続きを読む

“中東平和の星”イスラエルを守り抜かねば、世界は戦争と殺戮の巷になるが、これに無知な“暗愚”一億日本人──イスラエルのハマス潰滅に全面支援が、日本の国益で道徳に従う真正外交

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ユダヤ教徒に関連のナチズムを研究したいなら、ヒトラー『我が闘争』/『シオン賢者の議定書』/ローゼンベルグ『二十世紀の神話』の三冊(注1)を熟読することからスタートするのがいい。その後にかなりの量になるが「ニュルンベルグ裁判」や「第三帝国史」関連の書に目を通す。私も、この順序で“ナチズムとユダヤ教徒”問題の知見を、少し深めた。

 一方、中東イスラム教徒のテロリズムについては、日本にはすっきりした入門書が邦語文献では見当たらない。共産党員やテロリスト予備軍の低級下劣な学者以前が大学教授になる、自由な学問が許されない“共産党ファッシズム国家”日本の特性だろう。仕方がないので、私は個別資料を読み漁り、それを補った。

 ある時、「ハマス憲章(1988年)」をネットで検索して読み、ビックリ。『我が闘争』『シオンの議定書』が具材の鍋料理に調味料レーニン主義を混ぜた、ヒトラーとスターリンがイスラム原理主義のダンスホールで踊り狂っている代物。即ち、「ハマス憲章」とハマスの暴虐なる10・7テロは、現在の世界が“継続”第二次世界大戦の“未完の過程”(第三次世界大戦の初期段階)にあることを突き付けている。

 要は、2023年の時点、ヒトラーは生きているのだ。スターリンも生きているのだ。現に、2023年10月からの赤い国連では、「ヒトラー万歳!」「レーニン・スターリン万歳!」の大合唱が木霊して、已む気配が全く見えない。二十世紀に墓に埋葬されたはずのヒトラー型ホロコーストやロシアのポグロムが、2023年の今の国連で墓石を撥ね退けて蘇っている。この悍ましい歴史逆行は、国連事務総長グテーレス(ポルトガルの共産主義者)が同じ内容を何度も繰り返す血塗られた演説を読み返せば、またハマスのテロを讃美する国連総会の無数の“狂”決議を思い起こせば明らかにすぎよう。

 世界平和を欲するならば、ハマスの絶滅は絶対である。国連とくにUNRWA(国連パレスチナ難民支援機構)の解体も、最低限不可欠である。「ハマス絶滅」「UNRWA解体」を叫ばない運動や団体や人間は、第三次世界大戦を希求する戦争主義者であり殺人狂徒であり世界平和の敵である。

““中東平和の星”イスラエルを守り抜かねば、世界は戦争と殺戮の巷になるが、これに無知な“暗愚”一億日本人──イスラエルのハマス潰滅に全面支援が、日本の国益で道徳に従う真正外交” の続きを読む

ゼレンスキーよ、反転攻勢の失敗ごときで怯むな!ウクライナの勝利は不動の運命。気を安んじて戦い続けよ!──日本よ世界の諸国よ、第三次世界大戦を未然防止するために自己犠牲する“美徳の騎士団”ウクライナに、必要な武器と軍資金すべてを急ぎ送ろう

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 2023年6月5日未明に始めたウクライナの反転攻勢は失敗に帰した。この失敗、私にとって驚くものは何もない。私は6月10日頃、ブログかtwitterかで既に指摘していたように、この事態を予見していたからだ。また、8月頃、失敗に至るのが明らかな、愚かな作戦を二ヶ月以上も続けるウクライナが“お気の毒”で、戦略変更するよう提言した論考を発表した。

 6月初頭、ウクライナのザルジニー総司令官は、主力を、ザポリージャ州を北からアゾフ海沿岸に縦断侵攻しアゾフ海に達したところでドネツク州を攻略するとの作戦に拘り、これを実行。が、この作戦には、二つの大欠陥がある。「全くナンセンスな作戦」と言っても言い過ぎではない。

 第一。ザルジニーは、ロシアの防御戦“兵法”のイロハを知らない。例えば、1941~3年のレニングラード戦/モスクワ戦/スターリングラード戦など主要なロシア軍の戦史(「戦闘史」)について極度に無知。第二。《ケルチ大橋を落とさないで反転攻勢が可能》など、底の無い樽にワインを注いでいる“お馬鹿”ワイン農家以上に烏滸の沙汰。私が2022年2月24日のプーチンの対ウ侵略開始から半年を経ずして構想したのは、次。

中川作戦;ケルチ大橋“落とし”→クリミア半島のロシア軍基地の潰滅(セバストポリの黒海艦隊を含む。奪還占領はしない)&へルソン州東側の制覇→ザポリージャ州の南域に侵攻し、そこから北上し同州を完全制覇→ドネツク州に侵攻・奪還」。

 私は2022年のかなり早い頃、「海自のハープーン艦対艦ミサイルを二百基ほど引っ剥がして、ポーランドで十㌧トラック50台を発射台に改造し、うち25台(100基)をオデーサからルーマニア領海まで黒海沿岸に万遍なく配備して、ウクライナ農産物輸出貨物船の護衛に用いる」「残る25台(100基)は、“へルソン州東側→クリミア半島のロシア軍基地”の攻撃に用いる」ことを提唱した。このハープーン二百基供与も、上記「」の中川作戦の一部。

“ゼレンスキーよ、反転攻勢の失敗ごときで怯むな!ウクライナの勝利は不動の運命。気を安んじて戦い続けよ!──日本よ世界の諸国よ、第三次世界大戦を未然防止するために自己犠牲する“美徳の騎士団”ウクライナに、必要な武器と軍資金すべてを急ぎ送ろう” の続きを読む

岸田文雄よ、国民の支持率が一気に三倍増する“正義”外交を今直ぐ実行されたい──ウクライナ人の命を守り劣勢なウクライナを逆転させるべく、74式戦車全輌/10式戦車100輌/日本版ゲパルト50基/MLRS全輌/ホーク全基/155㍉砲弾50万発を急ぎ供与しよう

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ウクライナの戦況は、思わしくない。このところ私は落ち込んでいるのは、この戦況の所為。毎朝、天照大神を祀る神棚にウクライナの早期必勝を祈願しているが、私の祈りはどうやら足りない。正月には、ウクライナ必勝祈願を明治神宮/乃木神社/東郷神社にお詣りし、2024年夏までのウクライナ全面勝利と戦争終結を期したい。これからの世界の法秩序と平和は、早期のウクライナ勝利にかかっている。この世界平和と大義のためにも、世界中の国々は、ウクライナの防衛戦争勝利にもっと積極的に関与すべきである。核大国ロシアの侵略は、他人事ではなく、明日は我が身だと、特に日本人は正しく自覚し、正しく怖れるべきである。

決定が遅すぎる米国バイデンの武器供与を、さらに遅らせているのは“極左”オースチン国防長官か

 今では愚痴になって詮ないことだが、ウクライナが6月5日に開始した反転攻勢が半年を経て大きく劣勢に陥っている主な原因は三つ。

 第一番目は、欧米の武器供与の決定が余りに遅いこと。特に、F16や長距離ミサイルの供与を半年以上も出し渋ったことが、主力を南部へルソン州からザポリージャ州南半へと突破させる合理的な領土奪還作戦の実行を不可能にした。特に、「ケルチ大橋を落とせば、プーチンは戦術核を使う」という非現実の恐怖に囚われた米国バイデン大統領が、ケルチ大橋を攻撃させない、暗愚極める逆走策をウクライナに強制したことが、ウクライナの反転攻勢を岩礁に乗り上げさせてしまった。

 バイデン政権には、「米ソ核戦争だって? ロスケよ、やってみろよ!」と、ソ連を呵々と嘲笑した、1981~4年レーガン/Richard Pipes コンビのようにロシアに精通した核戦略家が一人もいない。対ロ核戦争に怯える“反米の極左”オバマ大統領以来、1980年代にレーガンが育成した正統核戦略家は今では米国に一人もいない。この情況は、米国の核の傘に依存する日本にとっても、実に深刻な事態である。

“岸田文雄よ、国民の支持率が一気に三倍増する“正義”外交を今直ぐ実行されたい──ウクライナ人の命を守り劣勢なウクライナを逆転させるべく、74式戦車全輌/10式戦車100輌/日本版ゲパルト50基/MLRS全輌/ホーク全基/155㍉砲弾50万発を急ぎ供与しよう” の続きを読む

テロ団体ハマスを殲滅する騎士イスラエルに、日本は支援と声援を送るべきだ──国際法を改竄する篠田英朗氏の粗大ゴミ雑文を放置してはいけない

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

「われわれの革命精神を覚ますには、ガザの女性/子供/老人の血が必要です」と、ハマスの最高指導者ハニヤは、イスラエル軍のガザ空爆を大歓迎して、こうTV演説した(10月27日、MEMRI)。ハマスは、ガザのパレスチナ人を人間とは見ておらず、いつでも処分できる羊などの家畜と同じ“ハマスの所有物”に扱っている。このハニヤ演説には、悪魔のごとき殺戮快楽集団ハマスの本性があからさまに噴き出している。これを直視せずに、ハマスを語ってはならない。

【上記ハニヤ演説の補足】「われわれの革命精神を覚ます」は、「パレスチナ人の、対ユダヤ“復讐&憎悪”感情を濃縮し猛毒化し殺意のみにする」との意味。「ガザの女性/子供/老人の血」とは、「ハマスをイスラエル軍の攻撃から守るべく、ガザ地区のアラブ人女性/子供/老人を盾にする。彼らが大量にイスラエルに殺戮されることは大歓迎」との意味。

 が、日本の新聞TV学界は、“本籍共産党”岸田・上川コンビを含めて、血に飢えた殺人快楽症のハマスに共感し、「被害者」イスラエルを一方的に叩き続ける。だから、このハマス・イスラエル戦争を平和裏に解決する入口であるはずの「ハマスよ、人質250人(備考)を直ちに全員、返還せよ!」の声が全くない。

 日本の新聞TV学界および“岸田・上川コンビ”内閣は、ハマス同様、国際法が定義する「侵略」を、あろうことか逆さに讃歌し、“地球を殺戮の巷にしよう”の、血に飢えた殺人快楽症の非人間たちばかり。

(備考)11月24~30日、105名が解放された。あと140名(死者を含む)が拘禁中。4名は初期段階で解放。19歳の女性兵士1名が自力脱走に成功。

“テロ団体ハマスを殲滅する騎士イスラエルに、日本は支援と声援を送るべきだ──国際法を改竄する篠田英朗氏の粗大ゴミ雑文を放置してはいけない” の続きを読む

ハマス“快楽殺人”テロリズムを礼讃する日共“党員”学者が突然、なりふり構わず、大嘘・奇論・狂説・中傷誹謗を大量に新聞TVネットに垂れ流している。どうして?──篠田英朗(東京外大)&池内恵(東大)の解剖(Ⅰ) 

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

(本稿は11月18日に上梓。19日から「まぐまぐ17号」の原稿執筆などで忙しく、気付いたら十日間もブログupを忘れていた。この間に、ガザ情勢に変化と進展が起きた。修正するのが通常だが、論旨に変りがないので無修正でupする。御容赦)。

 本論に入る前に、禁治産者より劣悪な“異常なお門違いばかり”イスラエル情報宣伝戦に対し苦言を呈しておきたい。15日、イスラエル軍は、シファ病院に百人ほど兵士を突入させた。が、この小部隊の目的の筆頭は、シファ病院に強制避難させられている“人間の盾”偽装避難民約2000人をガザ南部に退避させることではなかった(備考1)。二番目であるべき院内捜索が筆頭だった、お門違いの順番に、私は呆れ果てた。シファ病院を900㎏爆弾投下で粉々にし、地下司令部をむき出しにするのが優先すべき軍事作戦だろう。

(備考1)イスラエル軍が、シファ病院のスタッフ/患者/一般避難民に対し、ガザ南部への退避を命令したのは突入から三日後の11月18日。本稿上梓の後だったので、記事内容を訂正していない。

 次に、英語が多少できる“お馬鹿”二等兵に、この病院から逃げ出した20人ほどと推定されるハマス戦闘員が残したAK47ライフル銃や銃弾などを並べさせ、当たり前すぎる「ここにハマスがいた!」と動画で説明させていた。情報戦は、事実を正確に伝えるだけでなく、簡潔に敵の悪辣非道ぶりを発信することが要。それができるのは、40代で大佐になった特別に秀才の将校しか務まらない。秀才のエリート将校なら、この動画を次のように説明しただろう。

“ハマス“快楽殺人”テロリズムを礼讃する日共“党員”学者が突然、なりふり構わず、大嘘・奇論・狂説・中傷誹謗を大量に新聞TVネットに垂れ流している。どうして?──篠田英朗(東京外大)&池内恵(東大)の解剖(Ⅰ) ” の続きを読む