日本(北海道)侵攻を宣言した駐日ロシア大使館twitter──プーチン対日侵略準備に全面協力の“史上空前の凶悪ロスケ”安倍晋三を国家反逆罪で国外追放(or絞首刑に)する刑法特別法を制定しよう。安倍晋三「削除」は、北海道「要塞」化と共に、日本国を守り抜く最小限の国防

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 “侵略の皇帝”プーチンが、憲法に新条項「せっかく侵略して奪取した領土の返還(「割譲」と語彙を変造)を禁止する」を定めたのは、7月1日だった(注1)。プーチンは、これに続き、議会に命じ、法律(備考)にロシア“領土の一体性”(territorial integrity)を侵害する行為(violation)を、刑法犯罪の“過激主義”として処罰する規定を設けさせた(7月24日)。  

(備考)私は露語原文を入手しておらず、この法律名を確定できない。持っている方はコピーを送って下さい。

 これに伴い、今秋9月にも、侵略した領土を被害国に返還させる、“返還幇助(転倒語「領土一体性の侵害」)”を犯罪とする条項が刑法に定められる。この刑法改正は、①被侵略国に領土返還を幇助する行動をなした者には、「懲役六年~十年」の実刑を課し、②被侵略国に領土返還を幇助する言論をなした者には、罰金刑を課す。この罰金は、a領土の一体性の侵害を公衆に口頭やビラ等で呼び掛けた場合、最大で六万ルーブル(日本円で約9万円)の罰金。b新聞やインターネットで呼び掛けた場合、最大で10万ルーブル(約15万円)の罰金、となるようだ(注2)

八年間27回もプーチンに叩頭し続ける“狂人”安倍晋三の祖国叛逆は、今も絶好調

 父親に過激な共産主義者として育てられた“稀代のコミュニスト”安倍晋三は、反共の岸信介を狡猾に騙し続けた父親の凄腕の嘘つき手法を学び、それを国民に適用している。安倍晋三の特徴は、三つ。過激なコミュニスト/天才的な国民騙し術/(日本国民として意識がゼロの)究極の非国民

 現在、安倍晋三が“稀代のロシア対日工作員”鈴木宗男(北朝鮮人、「維新の会」参議院議員)を通じ、プーチンと交渉している内容は、真面な日本人なら気絶してとても数日間は起き上がることはできない。「安倍晋三はコロナ禍で、気狂いもびっくりの日露平和条約締結を諦めた」と思う日本人は、トンデモ脳天気のトンデモ誤解をしている。“史上空前の対ロ売国奴”安倍晋三とは、尋常の一欠けらもない人格異常者で、今尚プーチンに土下座し「日露平和条約を締結してくれ」と泣きついている。

 安倍が今、プーチンに泣きついて懇願している内容が、次。

“日本(北海道)侵攻を宣言した駐日ロシア大使館twitter──プーチン対日侵略準備に全面協力の“史上空前の凶悪ロスケ”安倍晋三を国家反逆罪で国外追放(or絞首刑に)する刑法特別法を制定しよう。安倍晋三「削除」は、北海道「要塞」化と共に、日本国を守り抜く最小限の国防” の続きを読む

安倍晋三よ、ロシア新憲法「領土引き渡し禁止」に厳重抗議し、在ロ日本大使「即時召還」&対ロ経済断交を断行せよ!──新・検事総長(林真琴)は刑法外患罪で“対ロ売国奴”安倍晋三らを逮捕し死刑求刑で起訴せよ! 

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 7月1日、プーチン専制独裁のロシアは、憲法改正を成立させた。この新・憲法の中に、「領土割譲の禁止」条項があり、日本の北方領土“奪還”に応じることは憲法違反となった。また、20世紀に入ってもロシアは一貫して、国を“国際法が適用されないその特別除外域”だと言い張ってきた、反・国際法をもって国是とする侵略国家だが、このことについても、新・条項「(第二次世界大戦のロシアの勝利に伴う戦争の結果などの)歴史的真実を守り、矮小化を許さない」で公然と憲法に明記した。

 後者は、プーチンが、2018年から“日本史上に残る最狂お馬鹿”安倍晋三を何度も恫喝したように、国境は戦争と軍事占領が定めるとの、ロシア民族固有の《国境画定のドグマ》を憲法条文化したもの。なお、国際法は、国境は戦争の結果や軍事占領では定まらない/定めてはならないとする。

“侵略の皇帝”プーチンの目的──侵略した北方領土とクリミヤ半島のロシア領確定

 新憲法条項「領土割譲の禁止」で“二十一世紀最獰猛な侵略者”プーチンは、何を狙うのか。現時点の目的と近未来の目的の二つがある。現時点での狙いは、1945年に侵略した北方領土と2014年に侵略したクリミヤ半島の双方を、「ロシア領土」と確定すること。つまり、プーチンのロシアは、憲法の新条項を水戸黄門の印籠のごとくに高く掲げて、日本とウクライナからの返還要求を門前で粉砕できる仕掛けを構築したのである。

“安倍晋三よ、ロシア新憲法「領土引き渡し禁止」に厳重抗議し、在ロ日本大使「即時召還」&対ロ経済断交を断行せよ!──新・検事総長(林真琴)は刑法外患罪で“対ロ売国奴”安倍晋三らを逮捕し死刑求刑で起訴せよ! ” の続きを読む

『外交青書』は“ロスケ総理の狂気”を20%是正した。が、“日本固有の領土”北方領土の無条件奪還には、“史上空前の対ロ売国奴”安倍晋三のシベリア追放が絶対不可欠。

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 国家は、政治の堕落と国民の精神的腐敗で滅ぶ。これは、古今東西の歴史が証明した人類史の真理だし、古代ギリシャ史の天才史家ブルクハルトの遺言でもある。国家滅亡のこの哲理は今、安倍晋三による日本人乞食化促進政策によって、日本が新たに証拠を世界史に提供しつつある。

 すでに健全な倫理的精神を喪失し、人間としての劣化と腐敗甚だしい日本人は、安倍晋三の10万円配給(=子孫が返済する13兆円)によって、腐敗の最終段階“乞食”へとさらなる最低(精神の退嬰)人格に自己改造している。人格を磨き倫理道徳を顕現する国防を否定する、反国防=反・道徳主義の阿片吸引を七十年間も続けた結果、日本人はついに“乞食”に成り果てた。

 そればかりか、この10万円配給の財源は子孫の所得からの強奪だから、子孫所得強奪「常習」強盗への犯罪者に人格改造したことになる。日本人とは今、“乞食&子孫所得強盗”という、人間の顔をしているが、その実“家畜”に成り下がり、また“子孫殺しの刑法犯罪者”になってしまった。

 だから、日本国の領土をロシアや中共に貢ぎ、日本経済の破局と財政破綻そして新生児数の極限ゼロを目指す、「近衛文麿→阿南惟幾」の直系“サイコパス狂人”安倍晋三が頭に描いている、“廃墟と日本人不在”の日本列島の恐ろしい地獄図的構想を、真正の日本国民なら見えるのに、日本人の誰も見えないのである。

 家畜や乞食に、国家が見える筈もなかろう。あと十年も経てば日本は、経済崩壊/ハイパーインフレの阿鼻叫喚が確度100%に到来するが、これを今感得できないのは、知力喪失の痴呆民族になっただけでなく、日本人が子孫への愛を喪失し人間の精神も倫理も失ったからである。国防を説く愛国者デモステネスを死に追いやった直後、外敵の侵略で地球上から消え果てた古代ギリシャの愚行を今、日本は再現している。日本は世界に見せる“亡国ショー”舞台づくりの最終準備段階にある。

北方領土の正記述には、国際法からの五語彙が不可欠。今般の復活はたった一つ

 本稿は、“サイコパスの「反日」狂人”安倍晋三が進める、日本の領土を外敵(ロシアや中共)に呉れてやる、“日本人に領土など要らない”と言う前代未聞の“狂気”対ロ外交の一つに焦点を当てるもの。

 安倍晋三は、2018年11月、シンガポールで、「国後・択捉島(千葉県と同一面積、北海道防衛の東側の要塞)をロシアに献上するから、7%の歯舞色丹だけで日ロ平和条約を締結してくれ」と、プーチンの靴を舐めまわしたことは、新聞テレビで報道されているから国民の誰しも知っている。だが、これに怒ったのは、グレンコ・アンドリー氏一人。日本人で拳を振り上げ安倍晋三を総理の座から引き摺り降ろせと叫んだ日本人は皆無。日本人は、心底から家畜に成り果て、人間の気配すら一㍉もない。

“『外交青書』は“ロスケ総理の狂気”を20%是正した。が、“日本固有の領土”北方領土の無条件奪還には、“史上空前の対ロ売国奴”安倍晋三のシベリア追放が絶対不可欠。” の続きを読む

“日本国の固有の領土”を「友好の島」と名付けロシア領土にする安倍晋三は「刑法外患罪で死刑」。検察は逮捕し起訴せよ。──生物兵器「武漢コロナウィルス」感染者が必ずいる「習近平一行」の国賓招待は、天皇・皇后陛下に対する安倍晋三の「暗殺プラン」 

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 武漢コロナウィルスに関する、習近平の当初の隠蔽工作は異様の一語だった。袖の下が全ての卑しさが漂う“窃盗犯顔”WHO事務局長(黒人)を見下して、“終身皇帝”習近平が(科学の問題たる伝染病対策を政治家世界における対外政治宣伝用)首脳会談方式で、「中共の迅速な措置でウィルスは完全に封じ込められ、評価されるべきだ」と自画自賛するテレビ放映は、逆に、世界中の有識者に「人道に反する軍事機密の漏出事故が武漢で起きたな」と直感させた。国連は、このWHO事務局長を収賄の罪で告発し解任すべきである。

 通常の新型肺炎の病気でない異様な光景はこれだけでなかった。人民解放軍・工兵部隊が武漢市内に巨大な野戦病院を二つ建設している光景をテレビ画面から見た時には、生物兵器のウィルス漏出事件だと確信した。直ぐ1979年4月のロシア・エカテリンブルグ市(当時の名称はスヴェルドロフスク市)の南方郊外で発生した炭疽菌漏出事故を思い出した。この時のロシアの隠蔽工作言動と、今般の習近平/中共の白々しい嘘の連発とがそっくりだったからだ。

 習近平がデッチアゲた“真赤な嘘”「鼠によって海鮮市場で発生した」「蝙蝠がウィルス源らしい」が、アホ馬鹿しかいない日本のテレビから流れたことでも、生物兵器だと確信した。齧歯類やコウモリ目は、猛毒の細菌やウィルスに対する耐性が強く、「鼠」「蝙蝠」は、生物兵器の関連用語である。

 武漢コロナウィルスを最初に告発した眼科医・李文亮の存在を、私は2月7日の彼の死亡まで知らなかった。李文亮が治安管理処罰法で1月3日に、武漢コロナウィルスが軍事機密だとの状況証拠というべき誓約書「私の指摘は事実ではありません(=隠蔽に協力します)」を書かされていたことも、2月7日に初めて知った。武漢「生物兵器」漏出事故問題を、北方領土問題の論考に、急ぎ相乗りさせて書くことにしたのは、李文亮の死亡報道に触発されたからである。

““日本国の固有の領土”を「友好の島」と名付けロシア領土にする安倍晋三は「刑法外患罪で死刑」。検察は逮捕し起訴せよ。──生物兵器「武漢コロナウィルス」感染者が必ずいる「習近平一行」の国賓招待は、天皇・皇后陛下に対する安倍晋三の「暗殺プラン」 ” の続きを読む

プーチンの「引き分け」は、日米同盟の破棄との取引──「ロシア転倒語」に無知な“売国奴”安倍晋三に対ロ交渉させた“暗愚”日本人

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 北海道/新潟侵攻の準備を着々と進める“侵略の皇帝”プーチンは、恒例の年末記者会見で、北方領土問題に絡み、日本語「引き分け」を発した。思えば、この言葉、総理就任直前の安倍晋三をモスクワに呼び寄せ三千億円を貢がせるべく、2012年に使った同じ“騙し語”の繰り返し。むろん、返還する気が全く無い本心と対日侵略計画の本心を隠蔽するロシア一流の煙幕語を兼ねている。

“プーチンの「引き分け」は、日米同盟の破棄との取引──「ロシア転倒語」に無知な“売国奴”安倍晋三に対ロ交渉させた“暗愚”日本人” の続きを読む

シベリア強制奴隷労働(のスターリン命令)承諾者は、種村佐孝/阿南惟幾/近衛文麿──瀬島龍三は「107万人」シベリア連込み実行犯

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

  “ロシアの「対日」大犯罪”シベリア強制連行・大量殺戮をうやむやにすべく、周到に仕組まれた“1991年4月ゴルビー嘘数字”拡散工作の後、この“世紀の非人道犯罪”の更なる隠蔽の念押しの一環で、エリツィンのロシアが仕掛けた対日謀略(偽情報撒布)の一つが、1993年、“KGB直轄”産経新聞に命令して実行された、斎藤六郎対瀬島龍三の八百長論争の大キャンペーン。

“シベリア強制奴隷労働(のスターリン命令)承諾者は、種村佐孝/阿南惟幾/近衛文麿──瀬島龍三は「107万人」シベリア連込み実行犯” の続きを読む

シベリアの嘘墓に詣でる「強制連行犠牲者」遺族は、死者の無念を冒涜する、“スーパー暗愚”な対ロ売国奴!

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

(1) まず、「シベリア被殺戮日本人数とその墓」に関する基本入門書を紹介する。次の四点を詳読せずに、シベリアの日本人墓地・墓穴を論じることは不可能だからだ。すなわち、この四点を読まずば、日本人の墓がロシアには一つも存在しない現実を推定できない。代わりに、「ロシアは至る所に親切にも墓建立を認めてくれた」と、錯覚する。また、ロシアとグルの厚生省が犯意をもって日本国民(遺族)を欺く真赤な嘘を、日本人は“お馬鹿”になって糾弾できない。日本人の堕落・腐敗・痴呆化は、世界史にも類例がない。

“シベリアの嘘墓に詣でる「強制連行犠牲者」遺族は、死者の無念を冒涜する、“スーパー暗愚”な対ロ売国奴!” の続きを読む

収容のシベリア遺骨は99%非日本人、シベリア「日本人墓」には日本人は納骨されていない──厚生省担当者に、ロシアKGB直属の「敵国人ロスケ」以外はいない

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 『朝日新聞』2019年9月28日付けは、私が1980年から四十年間言い続けてきた自明のことを報道していた。日本人シベリア「107万人」強制連行・「60万人」大量殺戮の、この「60万人」犠牲者の墓など、ロシアには特定できる墓は一つも存在しない。当然、厚生省が持ち帰った「遺骨」と詐称されている骨は、全て無縁仏ロシア人か、ロシアに殺害された他の外国人の骨。つまり、どこの馬の骨かわからぬ代物ばかりを「日本人の骨」と詐称し“世界一の「超アホバカ」腐敗堕落民族”日本人を騙して、それによって金や経済協力をふんだくるロシア流の対日外交の一つである。“ロシア官庁”厚生省(備考)は、ロシアの“日本騙し”犯罪外交の共犯者に過ぎない。厚生省の担当者は過去に遡って全員を懲戒免職に附し、退職している者に対しては退職金全額返納の措置を講じるべきである。

 なお、上記『朝日新聞』の報道記事の見出しは、次。

“収容のシベリア遺骨は99%非日本人、シベリア「日本人墓」には日本人は納骨されていない──厚生省担当者に、ロシアKGB直属の「敵国人ロスケ」以外はいない” の続きを読む

プーチンの靴を舐める“敵国人ロスケ”安倍晋三、ついに発狂──満洲/樺太スターリン献上の“悪魔”白鳥敏夫が憑依した?

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 安倍晋三は、9月11日、(来年の東京オリンピック後に退陣するとすれば)おそらく最後の内閣を組閣した。だからだろう、安倍晋三は、日頃は用心ぶかく名演技する「民族系」擬装や“フェイク保守”を、かなぐり棄てて、あからさまな共産党「自民党支部」内閣をぶち上げた。なぜなら、安倍晋三/菅義偉/河野太郎“コミュニスト・トロイカ内閣”だからだ。外務大臣となった“強度の共産主義シンパ”茂木敏充を加えれば、まさしく“共産党「自民党支部」内閣”以外の何ものでもない。

 さも安倍晋三の後継者のごとく、外務大臣の次に防衛大臣という最重要ポストに横滑りした河野太郎とは、“対ロ売国奴三代目”として悪名高く、また“自民党コミュニスト三代目”なのも広く周知のこと。安倍晋三も、“対ロ売国奴二代目”だし、(河上肇→野坂参三の系譜にある)“コミュニスト国会議員三代目”だから、河野太郎とは家系イデオロギーが完全に一致する義兄弟。

 安倍晋三の「民族系」演技や「親米」擬装は超一流。舌を巻かざるを得ないレベル。本稿は、“「親米」擬装の大名人”安倍晋三が、六年半の“フェイク”「日米同盟重視」の嘘演技を、「もう飽きた」とばかり投げ捨て、ロシア一辺倒もここまでするかの、異様を越えた「9・5狂演説」を解剖するもの。

“プーチンの靴を舐める“敵国人ロスケ”安倍晋三、ついに発狂──満洲/樺太スターリン献上の“悪魔”白鳥敏夫が憑依した?” の続きを読む

国後・択捉島だけでなく、日本の全領土を中ロに献上する“対ロ売国/対中売国のウルトラ非・国民”安倍晋三を、今すぐ内閣総辞職させない自民党は、共産党より極左だ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 皇位継承を完全破壊し今上陛下に“お前は、今日限り、廃帝だ!”を宣告する「人民法廷4・30」問題や「大嘗祭の始原」に関する研究で、睡眠時間に事欠く多忙な2018年12月、それでも時間を工夫して読んだ二冊に、以前読んだ二冊を加えた計四冊の本の紹介から、話を進めたい。

 日本国の現実を直視して国家の将来を憂慮する真正の日本国民(=愛国者)は、昭和天皇の崩御(1989年11月)とソ連邦崩壊(1991年12月)を境に、日本からプッツンと消えた。こんな日本でも愛国者は、絶滅危惧種のように幽かな数ならいることはいる。が、総人口に対しては限りなくほぼゼロとなった。このことは、愛国者の特質である二十年先、三十年先の子孫のことを考える、そのような国会議員すら(腐敗と堕落の選挙屋しかいない自民党国会議員を観察すれば明瞭だが)全くゼロという戦慄する事実に明らかにすぎよう。

“国後・択捉島だけでなく、日本の全領土を中ロに献上する“対ロ売国/対中売国のウルトラ非・国民”安倍晋三を、今すぐ内閣総辞職させない自民党は、共産党より極左だ!” の続きを読む