ロシアによる残虐なドニプロ市(民間住宅)へのミサイル攻撃(1月14日)に、激越にロシア非難した加のトルドー首相。一方、“道徳無き人非人”岸田文雄はロシア非難ゼロ!──日本人よ、NASAMSをウクライナに急ぎ送り、道義国家に戻ろう!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 日本人は完全に狂ってしまった。日本人は、一欠けらの道義心もない、乞食もしくは家鴨か豚並みの家畜に化して、人間であることを止めてしまった。このおぞましい惨状は、戦後日本が道徳破壊の特効薬である“超・福祉国家”を、1973年4月、トップ国是とした当然の結果。今や、日本人のどこを捜しても、日本人の精神から美徳は発見できない。法的正義観すら微塵も存在しない。

 このことは、ウクライナ民間人を殺戮しまくった、1月14日のロシアの残虐・残忍なミサイル攻撃に対する、人間的な加のトルドー首相と“非人間”岸田文雄(日本国首相)との対応差異に明白だろう。

道徳ある立派な人間トルドー加首相、人間“憎悪”の殺戮快楽症で反核運動コミュニスト岸田文雄

 ロシアは1月14日、バック・ファイアー爆撃機TU22M3を五機飛ばし、ウクライナ領土に近接する露クルスク州および露が占拠するアゾフ海の上空から空対地ミサイル「キッチン」(AS‐4、kh22)五基を射出。このうち一発が、ドニプロ市の九階建て集合住宅に直撃し、子供3人を含む40人が死亡。30人が行方不明。重軽傷者は75人(子供14人)。この数字は、『朝日新聞』2023年1月17日付け。

 巨大な一㌧爆弾を弾頭にした「キッチン」は、米空母破壊を目的としてつくられたミサイルだから、射出されると高度27㎞まで上昇して反転・急降下する。ために、その速度はマッハ4・6ほどになる。この速度のミサイルに対しては、通常の対空火器では防空できない。キッチンを迎撃できるのは、米国製のパトリオットなど僅か。が、米国からのパトリオット一基の供与は決まったが、現在、ウクライナ防空部隊から英語が得意な百名が選別され、米国での訓練が始まったばかり。

 自由社会は、キッチン迎撃が不可能なウクライナのために、その母機バック・ファイアーをロシア領空内であれ、(国際法の中立違反にならずに)迎撃する秘策を早急に考案・実行すべきである。

“ロシアによる残虐なドニプロ市(民間住宅)へのミサイル攻撃(1月14日)に、激越にロシア非難した加のトルドー首相。一方、“道徳無き人非人”岸田文雄はロシア非難ゼロ!──日本人よ、NASAMSをウクライナに急ぎ送り、道義国家に戻ろう!” の続きを読む

岸田文雄よ、防衛大臣を小野寺五典/外務大臣を高市早苗に替え、両名を直ちにキーウに派遣せよ──ウの勝利を左右する“戦略要地バフムート死守”に不可欠な《陸自の「10式戦車」五十輌/「日本版ゲパルト」二十輌/「歩兵戦闘車」六十輌》供与を手土産に!

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 今から2500年以上も昔、紀元前五世紀の古代ギリシャに、岸田文雄の対ウ外交を「コウモリ外交」と侮蔑した先見者がいた。この賢者の名はアイソーポス。英語読みでイソップ。奴隷上がりの語り部。

 コウモリ外交とは、獣と鳥が戦争していた際の“卑怯なコウモリ”の行動を揶揄する言葉。まさに岸田文雄の外交を表現する、ぴったりの言葉。

 “獣鳥戦争のコウモリ”をテーマとしたイソップ寓話の概意が次。鳥が優勢な時には「私(岸田文雄)は羽があるから鳥です」と鳥側につき、獣が優勢な時には「私(岸田文雄)は毛で覆われているから獣です」と獣側についた。戦争が終わった時、鳥側はコウモリを卑怯者と指弾して付き合わなかった。獣側もコウモリを卑怯者と指弾して付き合わなかった。ためにコウモリは、獣にも鳥にも顔を見られないよう、外に出るのは夜だけになった。

 岸田文雄は、露烏戦争が終わったら、ロシアともベタベタの友好関係を持つべく、プーチンに対「烏」侵略戦争の軍資金として、今尚サハリン1&2から撤退せず、年間、数千億円の代金をロシアに手渡している。同時に、“怪人二面相の鵺”岸田文雄は、ウクライナに形だけの人道資金を手渡している。その金額は数百億円。対ロシア数千億円の十分の一。いや、戦争は2022~3年の最低二年は続くから、岸田がロシアに与える侵略用“軍資金”は一兆円をはるかに越える。戦争被害者のウクライナには、岸田文雄は、その二十分の一しか助太刀しない。

 ウクライナからの再三の要請にも拘らず、サハリン1&2からの撤退をせず侵略ロシア側に付いているコウモリ岸田文雄は、自民党随一のKGBロスケで“KGB第一総局の自民党細胞”「日露協会」の理事長・西村康稔を経産大臣(「対ロシア経済協力大臣」も兼務)に任命した。賢者イソップが、岸田文雄を指弾すべく創作した「蝙蝠外交」の寓話は、まさしく至言で岸田文雄への鉄槌。

“岸田文雄よ、防衛大臣を小野寺五典/外務大臣を高市早苗に替え、両名を直ちにキーウに派遣せよ──ウの勝利を左右する“戦略要地バフムート死守”に不可欠な《陸自の「10式戦車」五十輌/「日本版ゲパルト」二十輌/「歩兵戦闘車」六十輌》供与を手土産に!” の続きを読む

ロシアのウ人虐殺や電力・水道インフラ破壊に歓喜するKGBロスケ西村康稔は“テロ狂”。岸田文雄よ、EUの「ロシアはテロ国家」指定を舐めるな。経産大臣・西村を馘首し高市早苗に総理を委ねて退陣が、岸田文雄の最後の仕事だ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 日本の対ウクライナ外交は、完全な後ろ向き。むしろ、逆走している。反・国益と反・道徳と法的不正義を基軸とする対ウクライナ外交など邪道の極み。現に日本は、G7の中で唯一例外的に、首相や外務大臣がウクライナの首都キーウを一度も訪問していない。ジョンソン英国首相は、在任中3回(4月9日、6月17日、8月24日)もキーウを訪問した。

 日本とは、(1906年or1925年or1932年に始まった)伝統的な“日本ロシア属国”主義に百年が経つのに未だに呪縛され、狂気の親ロ一辺倒国であり続けている。日本で、ロシアに対して日本国の主権を踏まえた外交をした総理は、吉田茂しかいない。日本の総理は、歴代、ロシアに媚びロシアに日本の国益と主権とを毀損させて嬉々とする極悪対ロ売国奴がほとんど。三千億円をプーチンに貢いだ“赤い悪魔ロスケ”安倍晋三は、この典型。

 “赤い白痴”岸田文雄は、彼が信仰する共産主義ドグマからも、この異常な伝統的“日本ロシア属国”主義外交から脱却することができない。G7のメンバー国である縛りから岸田文雄は表立っては「反ウクライナ、親ロシア」策を採らない演技をしているが、代わりに鵺的な“《半分親ウ、半分親ロ》政策”で、日本国民と米英の自由社会とを誑かすことに悪知恵を巡らしている。

“ロシアのウ人虐殺や電力・水道インフラ破壊に歓喜するKGBロスケ西村康稔は“テロ狂”。岸田文雄よ、EUの「ロシアはテロ国家」指定を舐めるな。経産大臣・西村を馘首し高市早苗に総理を委ねて退陣が、岸田文雄の最後の仕事だ!” の続きを読む

ウクライナで戦死した日本人義勇兵ドブレ氏(享年28歳)を称讃し、岸田文雄総理よ、全国民に向け追悼演説をなせ!──国家は、その民族が発露する高貴なる道徳精神の輝きによってsustainされ、永続する基盤と未来を与えられる

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 日本人義勇兵「ドブレ」氏(仮名、福岡県出身)が、去る11月9日、ウクライナ戦場で、侵略軍ロシアの凶弾で戦死された(州都ドネツクから西67kmの激戦地バフムート? 迫撃砲が直撃?)。享年28歳。無念である。実に悲しい。その最期の光景は、いずれウクライナ政府から発表されるだろうが、代われるものなら代わって上げたかった。

 私はもう77歳。しかも2月24日の開戦と同時に、三千人ぐらいの日本人義勇兵に混じり込んでロシアと戦うのを人生の最終幕と決めたので、落下事故から(重量物を担げない)○○損傷しなかったら(今も毎日数回痛むが、ウクライナが勝利するまでレントゲンは撮らない)、一人でウクライナに渡航し、前線の戦闘戦場でなくともウクライナ軍兵舎の掃除・洗濯・ライフル銃その他の小火器修理など雑用兵としてウクライナ領土防衛軍(二軍)に潜り込んでいただろう。

“ウクライナで戦死した日本人義勇兵ドブレ氏(享年28歳)を称讃し、岸田文雄総理よ、全国民に向け追悼演説をなせ!──国家は、その民族が発露する高貴なる道徳精神の輝きによってsustainされ、永続する基盤と未来を与えられる” の続きを読む

日本のロシア属国化(ロシア軍の日本全土占領)に爆走した元外交官KGB四人組──東郷和彦、馬渕睦夫、河東哲夫、孫崎享──を刑法外患罪で逮捕もせず、自国の存立を根底から破壊せんとする亡国一路の“赤い狂国”日本

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 日本は、第一次日露協約の1907年か5・15事件の1932年をもって、ロシアの完全な属国になった。1906年以降の日本の対ロ外交は全てロシアの言いなりで、自主的な日本外交は何一つない。つまり、ここ百年以上、日本は対ロ外交で主権国家だったことは一度もない。日本が正常な対ロ外交を回復したのは、GHQ時代の七年間と吉田茂の二年間(1952年4月28日~54年12月。対ロ無交渉を外務省に厳命)だけ。僅か九年間。

 1930年代以降を例とすれば、日本の対ロ外交/対英米外交はGRU対日工作員で共産主義者の白鳥敏夫と近衛文麿がほとんど牛耳った。スターリンの命令による国際連盟脱退も日独伊三国同盟も、白鳥敏夫が主導した。スターリンの命令による八年間の(支那全土を毛沢東の赤い中共にしてあげる)「日中戦争」正しくは「蔣介石殺害戦争」は、近衛文麿と陸軍少将・武藤章が主導した。

 この白鳥敏夫や近衛文麿が操る大道歌舞伎役者が、「反米」以外の脳内重量がゼロの、松岡洋右。現在で言えば中学一年生の年齢から米国で日雇い労務者だった異様な経歴の松岡洋右は、大言壮語するばかりで、“白鳥/近衛の代理人”の枠を越えたことは無かった。

赤い“狂”外交官「四人組」を放置する「2022年の日本」。日本は国家でなく、腐臭を放つ屍体!

 現在のロシアのウクライナ侵略で、侵略国ロシア側にたって侵略されている被害国しかも勝利を目前にしている被害国ウクライナに、逆さにも「ロシアに降伏せよ」「ロシアの属国となって地球から消えてしまえ」と罵声を浴びせる赤い狂気の元外交官四人組がいる(表1)。彼らは、1932年から九十年の時を越え白鳥敏夫を後継する対ロ売国奴“外交官”たちである。

“日本のロシア属国化(ロシア軍の日本全土占領)に爆走した元外交官KGB四人組──東郷和彦、馬渕睦夫、河東哲夫、孫崎享──を刑法外患罪で逮捕もせず、自国の存立を根底から破壊せんとする亡国一路の“赤い狂国”日本” の続きを読む