宮中饗宴の儀もない御列(パレード)もない立太子礼を強行する“スガーリン”の、皇太弟殿下への“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”は空前絶後──天皇制度・皇族と日本国に“憎悪の炎”を燃やすコミュニスト菅義偉を“父親の故郷”満洲・延吉に帰還させよう

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 国民が敬仰の心で、二千年間(万世)に亘り不変で今後も悠久に不変の、「男系男子」が世襲する天皇制度を奉戴することと、この高貴にして光暉なる皇室伝統が放つinvisibleな力が日本国の生命を絶えず若返らせることによって存続している、美しき自由に包まれた由緒正しき日本国にあって、命も財産も擲って皇室伝統を護持する精神こそは、世襲の日本国民(臣民、subject)が光栄なる世襲の義務を履行するに欠いてはならない脊椎である。

 立太子礼も、この皇室伝統を護持し続けることを至高の光栄とする日本国民が、歓喜をもって果たすべき世襲の義務の一つ。言うまでもなかろう。が、コリアン共産党員・菅義偉は、共産党語「簡素化」で、前代未聞の“スーパー疎略”な立太子礼を、11月8日に強行する。しかも、武漢コロナを屁理屈に、菅義偉は、この“スーパー疎略”を二乗にする。11月8日は、疎略、疎略、疎略・・・と、暗雲のごとくに「疎略」が皇居を覆い尽くす。

 武漢コロナの終息宣言も未だ出していない情況で、立太子礼を強行する合理的理由は全くない。過去の先例からも、今上陛下の御即位から三年以内なら遅れ過ぎとは言わない。11月8日を、来年4月29日に延期するのは、日本国民ならば当然に考える。そう考える者だけが日本国の宰相の資格を持つ。そう考えないのは、菅義偉(カンギイ)の正体がスガーリンで、天皇制を廃止せよの命令書=「スターリンの32年テーゼ」を奉戴している、“非・日本国民”の“非・日本国”宰相だからだ。

 破壊尽された廃墟の街の防空壕内かのような形式で、立太子礼を強行するのは、皇太弟・秋篠宮殿下並びに天皇陛下に対する“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”の極み。日本史上に空前絶後の不敬千万。だが、日本国民ではない“精神における対日侵略者”コリアン菅義偉は、ひたすら、“世襲の国家”日本国を憎悪・呪詛し、経典として何時も左ポケットにしのばせているマルクス『共産党宣言』に従い、日本国を地球から消滅させんと、あらん限りの悪智慧を巡らせ共産国・日本への改造に暴走する。

 なお、日本国民か否かは、国籍の有無とは関係がない。日本国の祖先から預かった全ての固有の領土を守り、日本国を御創りされた偉大な“日本国の守護神”皇室を護持し、日本民族の歴史・伝統・慣習を断固継承する者のみが日本国民である。

“宮中饗宴の儀もない御列(パレード)もない立太子礼を強行する“スガーリン”の、皇太弟殿下への“暴虐な無礼”“凶悪な不敬”は空前絶後──天皇制度・皇族と日本国に“憎悪の炎”を燃やすコミュニスト菅義偉を“父親の故郷”満洲・延吉に帰還させよう” の続きを読む

女性天皇/女性宮家を狙う「男系」論/「養子」論は、皇統二千年の「男系男子」“法”とは真逆な、赤い天皇制廃止ドグマ──青山繁晴は菅義偉の正体“天皇制廃止狂”を厚化粧で隠してあげるメイク・アーティスト

 10月13日の夕方、青山繁晴・参議院議員のtwitterを覗いたら、次の、実に怪訝で不審きわまる事柄がtwitされていた。

「速報1;菅義偉総理は、《男系男子による皇位継承》の尊重を明言されました」

「速報2;菅義偉総理に、父系一系(?)による“皇位継承の安定”を提案し・・・」(カッコ内中川)

菅義偉の発言を歪曲、いや大捏造した青山繁晴

 青山繁晴の奇々怪々なtwitの第一番目は真赤な嘘。第二番目は“奇語のなかの奇語”「父系一系」を用いており、人を騙すペテン師特有の煙に巻く表現方法。まず第一番目から暴くとしよう。青山twitから二時間後、NHKはNEWS WEBで、次のような報道をした。

(青山繁晴らに)菅総理は『男系による継承が続いてきた重みを踏まえることは、いささかも変わらない』と述べました」。

 菅義偉とは、共産党・朝日新聞と全く同一の“強烈な女性宮家論者”である。まさに自民党きっての天皇制廃止を狂信する最凶コミュニストが菅義偉。菅義偉がスターリンの1932年命令(コミンテルン32年テーゼ)を熱烈に奉戴・信仰していることにおいて、菅義偉の愛称がスガーリンになった。

 さて、NHKが報じた菅義偉の発言は正確である。即ちスガーリン菅義偉は、「男系」と言ったが、決して「男系男子」とは発言していない。ということは、青山繁晴が、菅の発した言葉「男系」を、それとは意味が180度逆になる「男系男子」に改竄・捏造したことになる。

“女性天皇/女性宮家を狙う「男系」論/「養子」論は、皇統二千年の「男系男子」“法”とは真逆な、赤い天皇制廃止ドグマ──青山繁晴は菅義偉の正体“天皇制廃止狂”を厚化粧で隠してあげるメイク・アーティスト” の続きを読む

立太子礼はコロナ収束の来春に延期せよ。「皇嗣」を廃し「皇太子(弟)」に糺し&「東宮職」を復活する特例法改正の後に“立太子パレード”を以て挙行せよ──“天皇制廃止のコミュニスト”菅義偉を総理官邸と日本国から追放しよう。

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 菅義偉は、10月8日、首相官邸で「式典委員会」を開き、立太子の礼を排斥するためにデッチアゲた、反・伝統の奇天烈「立“皇嗣”の礼」を来る11月8日に強行することを決めた。満洲産コリアン2世・菅義偉とは、法政大学夜間部に在籍中、共産党に入党した教条的な“凶悪”共産主義者。健全な普通の日本国民の枠内に含めることはできない。福島瑞穂と菅直人がブレンド的に一緒になったような人物を「日本国民」とは言わないだろう。

 実際にも、菅義偉の天皇制廃止に懸ける妄執は、そこら辺に居る天皇制廃止の与太者レベルでは無く、河上肇から志位和夫に至る筋金入りの共産党幹部といささかも異なるところがない。まさにスターリンの天皇制廃止命令(コミンテルン32年テーゼ)をシーラカンスのごとくに奉戴することにおいて、どんな日本共産党のトップ優等生でも、菅義偉の教条的な天皇制廃止“狂”には及ばない。

 さて、11月8日「立“皇嗣” の礼」が、実に異様きわめることは、表1で明らかだろう。

“立太子礼はコロナ収束の来春に延期せよ。「皇嗣」を廃し「皇太子(弟)」に糺し&「東宮職」を復活する特例法改正の後に“立太子パレード”を以て挙行せよ──“天皇制廃止のコミュニスト”菅義偉を総理官邸と日本国から追放しよう。” の続きを読む

「大嘗祭は“新天皇のニニギノミコト同体化”神事」を一切報道しなかった全テレビ・新聞──次代の天皇制廃止を“共謀”せずして、この検閲報道・統制は可能か

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 11月14日の夕方から始まった大嘗祭に関するNHKその他の民法各局すべての大嘗祭に関する報道には、驚愕の余り絶句のし通しだった。ために、「大嘗祭は、(宗教組織への公金支出禁止を定める)憲法第八十九条《政教分離》に反する」との、暴力団の恐喝・難癖と同じ共産党(とその支配下の朝日新聞やTBS)の反・学問の嘘八百がマイナーな問題に見えた。

 理由は、NHK/テレビ朝日/日テレ/フジテレビ/TBSその他すべてのテレビから、語彙「ニニギノミコト」が、一度として流れてこなかったからだ。完全な情報検閲と共謀の歴史事実改竄(とそれへの共謀)が徹底的に実行されたのは瀝然。大東亜戦争の八年間、《超親日の蒋介石に対する戦争反対!》《日本にとって“友邦トップ三ヶ国”「英・米・蘭」に対する戦争反対!》の、常識ある一般国民の正しい声を罵倒して排除した新聞・雑誌の八年間の報道ファッシズムの狂気が、日本に蘇っている。“大衰退”止まない今日の日本は、これに加え、暗黒の体制に突入する気配を濃く見せ始めた。

“「大嘗祭は“新天皇のニニギノミコト同体化”神事」を一切報道しなかった全テレビ・新聞──次代の天皇制廃止を“共謀”せずして、この検閲報道・統制は可能か” の続きを読む

「ご即位パレード」を狂信共産党員・河西秀哉の人民主権論で讒謗報道したNHK──日本人の皇室敬仰は二千年間不変の自然感情で永遠

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 NHKに対して高市早苗・総務大臣が、厳しく対応している。当然のこと。NHKの政治報道は、共産党細胞によって牽引・支配されており、日本国民を“暗黒の共産日本づくりの革命”に誤導するのを“社是”とする。日本が真に日本国たらんとすれば、「反・日本」のNHKそのものを存在させてはならない。言うまでも無かろう。

 その意味で、高市早苗のNHK対策は、むしろ生ぬるく甘すぎる。総務省は、NHKを解体(民営化)する方針を確固と持つべきだろう。また、その決断の実行こそが日本国の担当官庁として、総務省の当然の職責履行。総務省は、NHK解体民営化の責任を片時も忘れてはいけない。

“「ご即位パレード」を狂信共産党員・河西秀哉の人民主権論で讒謗報道したNHK──日本人の皇室敬仰は二千年間不変の自然感情で永遠” の続きを読む

即位大礼に“天皇制廃止の時限爆弾”を仕掛けた“狡猾な民族系コミュニスト”安倍晋三

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 10月22日、新天皇・今上陛下の御即位の大礼を、光栄にも、テレビで御拝視聴させて頂いた。最初に頭をよぎった事が二つ。

 第一。共産党系・八木秀次一派の「廃太子キャンペーン」(注1)、および“狂暴アナーキスト軍団”西尾幹二一派の“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』をもっての新皇后陛下へのアクドイ中傷誹謗を(注2)、双方とも、まさに高貴な華麗さをもって斬り倒し、今上の新天皇陛下への皇位継承を果された先帝・上皇陛下の“譲位ご聖断”の正しきに、昭和天皇の偉大なポツダム宣言受諾の“ご聖断”が重なる感無量の感動に襲われた。

 第二。高御座に登られた新天皇の今上陛下に、今から二千年以上を遡る昔、奈良県畝傍山の橿原の皇居に設けられた、さほど高くはない「祭壇」にお登りになられた日本国最初の即位式──そのほとんどは大嘗祭に継承されている──における神武天皇が、重なる光景がふと眼に浮かんだ。

“即位大礼に“天皇制廃止の時限爆弾”を仕掛けた“狡猾な民族系コミュニスト”安倍晋三” の続きを読む

仁徳・応神天皇“御陵”のユネスコ登録は、刑法「礼拝所不敬罪」。安倍晋三よ、直ちに登録抹消の手続きをとれ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 安倍晋三の皇室侮辱と天皇大権簒奪の過激さは、今や、止まるところを知らない。冷静に観察すればするほど、“スーパー反・天皇”安倍晋三に比すれば、菅直人/鳩山由紀夫/野田佳彦の民主党政権の方がはるかに中道穏健だった。現に、先帝(上皇)陛下に対して譲位を禁止し、1792年夏のルイ十六世の強制退位を再現した“2019年4月30日共産革命”は、民主党政権ではできなかった。それは、志位和夫のシャム双生児で過激共産党員そのものの安倍晋三だからできた、狂暴極める天皇制廃止革命であった。

 人民法廷をイメージした「譲位禁止」式で見せたように、安倍晋三が、“コミュニスト安倍家三代”の本性を隠さなくなったのは、自民党総裁の任期が2021年12月で切れることと無関係ではないだろう。東京オリンピックの終了と同時に、いったん総理をやめることもありうる。とすれば、総理最後の駆け込みで、日本に対する共産革命を可能な限りしておこうというのか、民族系の偽装ジャケットは「うざい」「もはや不必要」とばかり、脱ぎ捨てたようだ。

 安倍晋三は、海外では、2013年以来、朝日新聞や共産党と寸分違わぬ純度100%の共産主義者であることを隠すことはなかった(注1)。これら安倍晋三の事実・真実をひたすら隠蔽する役割を果たしたのが、“共産党の別動隊”産経新聞/日本会議(櫻井よし子ら)。彼ら“赤黒「反日」”の団体・人士は、摩訶不思議な白ペンキで安倍晋三を塗りたくり、真赤な安倍晋三の真像隠しに爆走している。

仁徳天皇陵、ユネスコ遺産に登録」に卒倒しない“「反日」朝鮮人になった日本人”

 七夕7月7日の早朝、朝日新聞を手に取り二面を捲った時、いよいよ共産党の天皇陵暴きの大犯罪が開始するぞと、私は唇をかみしめた。刀を腰に差していたら、抜刀している。

“仁徳・応神天皇“御陵”のユネスコ登録は、刑法「礼拝所不敬罪」。安倍晋三よ、直ちに登録抹消の手続きをとれ!” の続きを読む

安倍晋三が書いた、先帝陛下「4・30勅語」は、処刑台のルイ十六世“国民への惜別の辞”の写し?──“日本のポル=ポト”安倍晋太郎の息子・晋三は、正真正銘の“日本のロベスピエール”

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

(本稿は、前稿のうち一節が丸ごと脱落していたもの。恐縮ですが、節タイトル「一死大罪を謝すべき“第二の阿南幾惟”安倍晋三」の直前に、以下の節を追加して下さい)

先帝陛下に「ギロチン直前のルイ十六世」再現を強制した、“赤い悪魔”安倍晋三

 優しさにおいてこれほどの優しい人柄は滅多にいるものではない、それほどの高徳のルイ十六世は、無実の罪で断頭台に引きずり出され、首を切断された。1793年1月21日午前10時22分であった。この時、元フランス国王は、国民に最後の勅語を下賜しようとした。絶対権力を掌握する“王殺し/国民殺し”の狂信殺人鬼集団ジャコバン党は、国王最後の勅語を現コンコルド広場に集まるパリ民衆が聴くのを妨害すべく、直ぐに軍楽隊に太鼓を打ち鳴らさせた。今に残る、聞き取れたルイ十六世の、国民への惜別の辞(勅語)は、次の冒頭部分のみ。

“安倍晋三が書いた、先帝陛下「4・30勅語」は、処刑台のルイ十六世“国民への惜別の辞”の写し?──“日本のポル=ポト”安倍晋太郎の息子・晋三は、正真正銘の“日本のロベスピエール”” の続きを読む

“譲位禁止!お前は廃帝!”と先帝陛下に命令した“共産党代表”安倍晋三──安倍晋三“憲法大嘘改竄”のカラクリ種明し

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

(そら)(くもり)(あめ)(しめるとき)(こえ)啾啾(しゅうしゅう)」(杜甫、「兵車行」)

 「4・30 先帝陛下を嘲笑・侮蔑する人民法廷」開廷直前、ある民放が、春とは思えぬ底冷えを感じる雨が降っている光景の二重橋前、ビニール傘を差した一群の日本人を映し出した。私には、皆、不安そうに見えた。思わず「この蕭蕭(しょうしょう)たる夕雨は何だろう」と、陰鬱な予感で体が硬直した。

 五時きっかりに始まった「先帝陛下を嘲笑・侮蔑する人民法廷」の約10分間、想像以上に、監獄か処刑場のような暗い雰囲気が式場を包んでいた。「コミュニスト安倍家三代目」安倍晋三に、“譲位を禁止され、剣璽渡御も禁止され”た天皇陛下のご無念のご心痛を思うと、歯がゆさと胸を裂く怒りに口を真一文字、拳は固く握りしめていた。ふと、我が作業屋のベランダから見える庭に聳える高さ十㍍ほどの桜と芝生中央の枝垂桜の、雨にしたたか濡れている新緑の葉桜に目がとまると、杜甫のある詩の一節を口ずさんでいた。

““譲位禁止!お前は廃帝!”と先帝陛下に命令した“共産党代表”安倍晋三──安倍晋三“憲法大嘘改竄”のカラクリ種明し” の続きを読む

“新天皇の元号制定大権”を簒奪した“大逆賊”安倍晋三を断罪しない神社本庁と“赤モグラ”百地章

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 新天皇が践祚の5月1日に詔書を渙発して制定されるべき新元号を、首相の安倍晋三は、共産党の人民主権論の信奉者だけあって、スターリン気取りで「元号は、総理大臣の俺様の権限だ」「どうだ、俺様の国書主義はすごいだろう」「俺様は、天皇より偉いんだぜ」と、“天皇抜き”元号を独断専行した。

 新元号はあくまで新天皇がお決めになるもので、また新天皇の御名・御璽の詔書渙発で効力を得て発表されるべきもので、それ以外は許されない。日本国は天皇制度を奉戴しているのであり、日本政府も日本国民も天皇制度の慣習と伝統という“法”に従い、違法を恣にする無法に狂喜・暴走すべきではない。憲法も、「世襲の皇位継承」の第二条において、“新元号はあくまで新天皇がお決めになること”を定めている、憲法は、これ以外を認めておらず、現行元号法は、憲法第二条違反である。

““新天皇の元号制定大権”を簒奪した“大逆賊”安倍晋三を断罪しない神社本庁と“赤モグラ”百地章” の続きを読む