女性天皇/女性宮家を狙う「男系」論/「養子」論は、皇統二千年の「男系男子」“法”とは真逆な、赤い天皇制廃止ドグマ──青山繁晴は菅義偉の正体“天皇制廃止狂”を厚化粧で隠してあげるメイク・アーティスト

Pocket

 10月13日の夕方、青山繁晴・参議院議員のtwitterを覗いたら、次の、実に怪訝で不審きわまる事柄がtwitされていた。

「速報1;菅義偉総理は、《男系男子による皇位継承》の尊重を明言されました」

「速報2;菅義偉総理に、父系一系(?)による“皇位継承の安定”を提案し・・・」(カッコ内中川)

菅義偉の発言を歪曲、いや大捏造した青山繁晴

 青山繁晴の奇々怪々なtwitの第一番目は真赤な嘘。第二番目は“奇語のなかの奇語”「父系一系」を用いており、人を騙すペテン師特有の煙に巻く表現方法。まず第一番目から暴くとしよう。青山twitから二時間後、NHKはNEWS WEBで、次のような報道をした。

(青山繁晴らに)菅総理は『男系による継承が続いてきた重みを踏まえることは、いささかも変わらない』と述べました」。

 菅義偉とは、共産党・朝日新聞と全く同一の“強烈な女性宮家論者”である。まさに自民党きっての天皇制廃止を狂信する最凶コミュニストが菅義偉。菅義偉がスターリンの1932年命令(コミンテルン32年テーゼ)を熱烈に奉戴・信仰していることにおいて、菅義偉の愛称がスガーリンになった。

 さて、NHKが報じた菅義偉の発言は正確である。即ちスガーリン菅義偉は、「男系」と言ったが、決して「男系男子」とは発言していない。ということは、青山繁晴が、菅の発した言葉「男系」を、それとは意味が180度逆になる「男系男子」に改竄・捏造したことになる。

 敬宮愛子内親王殿下が天皇に即位された場合を想定すれば一目瞭然だが、男系の天皇であって、女系ではない。何故なら、敬宮愛子内親王殿下は今上陛下(男系男子)の皇女であり、男系の女性天皇である。スターリンに負けない“スーパー狡猾なコミュニスト”菅義偉は、愛子内親王を次期天皇にすべく、秋篠宮殿下を「秋篠宮」のままに据え置き奇天烈な「皇嗣」とし、決して身位「皇太弟」にしなかった。皇嗣は皇位継承順位第一という意味でしかなく、身位ではない。この順位は、総理が全権を握る皇室会議で、いつでも剥奪できる。

 また悪辣さでは自民党随一の菅義偉は、念には念を押し、宮内庁組織から「東宮職」を廃止して、「秋篠宮は皇太弟でない」と、法律の明文規定にした。これ全て、満洲産コリアン二世のコミュニスト菅義偉が、皇帝ニコライ二世を銃殺したレーニンを真似て、それに準じる、天皇制廃止の一歩手前までの大革命を実行した事に他ならない。

 また、秋篠宮殿下の皇女「佳子内親王殿下」が女性宮家の当主に成られた場合、それは男系の女性宮家当主である。つまり、菅義偉は、「愛子天皇」や「佳子内親王女性宮家当主」を目論でいるが、これらは男系である。この意味で、女性天皇や女性宮家を目指す菅の「男系継承の重みを尊重する」の言葉は、嘘を吐いたことにはならない。

 だが、菅義偉に優るとも劣らぬ“狡猾なペテン師”青山繁晴は、菅が実際に発した「男系」を、愛子天皇や佳子女性宮家当主を禁ずる、完全に真逆の専門用語「男系男子」に改竄した。青山繁晴が、菅義偉と同じ、天皇制廃止を目指す極左革命家であることに疑う余地はない。

「男系男子」をブッ壊し、愛子天皇擁立の革命を狙った珍語「父系一系」は共産党語

 青山繁晴の奇怪な語彙「父系一系」は、「万世一系」をもじったものだが、天皇制廃止の赤いペテン師らしい発明。なぜなら、「父系」とは菅義偉の「男系」と寸分も変わらぬもので、100%同義。即ち、「愛子天皇」も「佳子女性宮家当主」も、この「父系一系」において誕生させることができる。

 そもそも、上記の青山繁晴twitの奇怪千万さは、共産党や朝日新聞の“国民誑かし語”「安定的な皇位継承」とか「皇位継承の安定」という極左語=抽象語を使っている事からも明らかだろう。皇位継承が永遠に続くには、具体的には「男系男子」しかない。また、「旧皇族の復籍」以外の方策は存在しない。つまり、「男系男子」の堅持とその方策としての「旧皇族の復籍」以外を議論する必要はない。

 一方、共産革命家は、必ず抽象語で振り回す。「平等」とか「格差是正」とか「持続可能な社会」など、『しんぶん赤旗』やその姉妹版『朝日新聞』は、抽象語で満ち溢れている。財政崩壊から経済崩壊が近づいている日本にとって、具体策“国債発行の大削減”の断行は絶対だが、この正常な政治“国債発行の大削減”を国民が気付かないようにするには、抽象語を洪水のように流すのが最も効果的。

 “天皇制廃止の共産革命語”「安定的な皇位継承」が、唯一の正道「男系男子」&「旧皇族の復籍」を日本国民から目晦ますための国民誑かし語である事は、かくも明瞭。つまり、青山繁晴が“天皇制廃止の共産革命語”「安定的な皇位継承」を用いているのは、彼が天皇制廃止の共産革命家だという証左で、それ以外ではない。青山繁晴が、札付きの天皇制廃止狂で北朝鮮人・花田紀凱と、特段に昵懇で義兄弟のような関係にあるのも、青山繁晴が天皇制廃止を強度の信条としている事から産まれた自然な人間関係といえるだろう。

民族系論客や産経新聞は、国民騙しが大の得意で、本心の天皇制廃止を巧く隠す

 民族系が団体でも論客でも共産党の分派であるのは、もともと共産党の別動隊として組織されたからで、この事は表1を一瞥すれば一目瞭然だろう。表1の詳細な説明を省くが、八木秀次と西尾幹二については、本ブログで論及しているのでそれを参照されたい。

 産経新聞の共産党との同一性は、“KGBの大物”でコミュニスト田久保忠衛が中心となってまとめた、産経新聞版憲法改正案において明らか。その第三条は、次のように、皇室典範が定める「男系男子」を破壊的に否定し「男系」とし、「愛子天皇」や「佳子内親王女性宮家当主」など、女性天皇/女性宮家が誕生できるようにしている。

「皇位は、皇室典範の定めるところにより、皇統に属する男系の子孫がこれを継承する」(『国民の憲法』、産経新聞出版、216頁)

 つまり産経新聞は、現在の「皇室典範」第一条を絶対に改悪してやるぞと宣言しているのである。GHQが宮澤俊義らの赤い魔手から守り抜いた「皇位は皇統に属する男系の男子が、これを継承する」との規定が「皇室典範」第一条となっているのが、宮澤俊義を師と仰ぐアナボル産経新聞は、どうしても気に入らず、ぶっ壊したいのである。

 このように、北朝鮮人が管理職の過半数を占める“赤黒(アナボル)新聞”産経新聞は、「愛子天皇」や「佳子内親王女性宮家当主」を誕生させ悠仁親王殿下の天皇即位を絶対に阻止することを社是とする、共産党や朝日新聞と全く同じ極左「反日」新聞である。産経新聞を「保守」かに勘違いする日本人とは、中共を自由社会だと思い込んでいる気狂いと同じで、精神病院への入院が急がれる。

表1;民族系は、共産党の天皇制廃止をカムフラージュする共産党「別動隊」

青山繁晴は、菅義偉が企む“超おざなり”立皇嗣礼を擁護する「菅義偉の一の子分」

 もう一つ、10月13日の青山繁晴の行動は、実に不可解。青山が天皇制廃止を信条としていない限り、あり得ない行動だからだ。今、喫緊に問題にすべきは、11月8日にコリアン菅義偉が強行するトンデモ立皇嗣礼をどう阻止し、どう来年の4月29日に延期させるかだ。男系男子と旧皇族の復籍の問題は、その後の話ではないか。

 立皇嗣礼を11月8日に絶対に挙行してならないのは、菅政権は、武漢コロナ・ウィルスの終息宣言も出していないし、その指定感染症からの外しもしていないからだ。このような情況下で、立皇嗣礼を強行することは、赤いコリアン菅義偉が、事実上の立皇嗣礼をメチャクチャなものにしたいと考えていなければ、決してあり得まい。

 菅義偉は、参列者を350名から50名に減らし、しかも天皇陛下や秋篠宮殿下への不敬の極みである、マスク着用を参列者に強制する。さらに外国からの賓客をゼロ名とする/宮中饗宴の儀も中止する、そのような立太子礼など万が一にもあってはならないだろう。日本国民であれば自明にすぎる。

 だが、青山繁晴は“極左”人士で天皇制廃止が本心だからか、この許されざる立皇嗣礼については、何らの怒りも覚えない。そればかりか、菅義偉の極左革命信条「女性天皇/女性宮家による天皇制廃止」を一般の国民の目から隠蔽すべく、わざとポスト立太子礼の国民的論議を世間の話題にする情報操作を買って出たのである。

 twitterやyou-tubeではさも保守や民族系であるかの派手な演技をする青山繁晴の表向きの行動は、すべて擬装であり偽計である。この問題、いずれ稿を改め、徹底的に論証する予定。

(2020年10月14日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です