旧皇族の復籍/公家の復活/皇族会議の復活/天皇任命の(閣外)宮内大臣/刑法不敬罪の復活/憲法第一条改正を、日本国は急がねばならない──眞子「元・内親王殿下」は、皇室安泰/皇統悠久への正しき方策に日本国民を再覚醒させ導かれた聖天使

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 10月26日の眞子「元・内親王殿下」の記者会見ご発言を拝した時、私の頭は清澄に整理整頓された。まず、昭和天皇の(表題にリストした)ご遺詔が幽かに聞こえてきて決意を新たに漲らせて頂いた。眞子「元・内親王殿下」は、奈良県三輪山の麓に近い箸墓(はしのみはか)に眠られておられる百襲姫(支那人の表記では「卑弥呼」)のような霊妙な神力(しんりき)をお持ちなのかも知れない。次に、この数分間の殿下ご発言中に、次のABCが私の脳裏を駆け巡った。

A、孔安国『古文孝経序』にある「君、君たらずといえども、臣はもって臣たらざるべからず」。

B、明治憲法が定める“天皇の聖性と尊厳護持の無答責”条項。具体的には第三条「天皇は神聖にして侵すべからず」と第五五条「国務大臣は天皇を輔弼しその責に任ず」の総合。

C、朝廷全体の大ブーイングの中で崩御された称徳天皇の陵は、なぜあれほど大きいのか。

 内親王殿下はまるで“荒野のガンマン”を彷彿とさせる勇者のようであられた。「捏造スキャンダルが商売のイェロー雑誌類や新聞テレビ報道が、言論の自由や報道の自由を盾に、天皇や皇族を安易に揶揄し中傷し、誹謗の暴言を洪水のように垂れ流す日本とは、天皇を奉戴する立憲君主国としてあるまじき事態で、このまま放置すべきでありません」と、自らへの攻撃が激しくなるお覚悟で敢然とご批判なされたお姿は、ただただ感無量。

 一般日本国民は、今般の眞子・内親王殿下の“令旨”を奉戴し、天皇・皇族に対する中傷誹謗の集中砲火に狂奔する暴力団まがいのマスメディア特に週刊誌/月刊誌に対しこれを懲罰する剣を抜いて斬りこもうではないか。日本国民ならば、「皇室の尊厳を守り抜く」義務から、逃避することは許されていない。週刊誌の全て&月刊誌『文藝春秋』の皇室記事は、例外ひとつなく、偽装肩書「皇室ジャーナリスト」の、正体は皆“札付き共産党員”が書きなぐる皇室讒謗記事ばかり。

“旧皇族の復籍/公家の復活/皇族会議の復活/天皇任命の(閣外)宮内大臣/刑法不敬罪の復活/憲法第一条改正を、日本国は急がねばならない──眞子「元・内親王殿下」は、皇室安泰/皇統悠久への正しき方策に日本国民を再覚醒させ導かれた聖天使” の続きを読む

“日本国の美しきプリンセス”の品格と尊貴を守るべく、NYに三十~五十億円の財団を急ぎ創設しよう

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 眞子「元・内親王殿下」におかれましては、さる十月二十六日の御成婚、心からの御祝意を謹んで申しあげ奉ります。また、同日午後の記者会見におけます、眞子「元・内親王殿下」の御立派で毅然たるお姿を拝し、畏れ多いことですが、これほどまでに聡明な皇女であられたのかと、感動が止まりませんでした。ほんの少し落涙いたしました。

 眞子「元・内親王殿下」は、永年に亙る、皇族としてのその御公務にご精勤なされてこられました。これに対し、日本国民として、言い尽くしえぬ感謝を申し上げるご無礼をどうかお許し下さい。誠に有難うございました。

悪意の天皇制廃止一色で記者会見を報じた朝日新聞・TBS・日テレ他のマスメディア

 それにつけても、日本の新聞テレビの報道が、いかに悪魔の共産党員と凶悪な北朝鮮人ばかりで編集されているか、は改めて驚き以上であり、嘔吐を催すほかありませんでした。26日/27日の報道は、このことの膨大な証拠の巨大倉庫です。“赤い人喰い鮫”三千匹が泳ぎ回る朝日新聞の27日付朝刊を見てみると、その見出しは「心を守るために必要な選択」「眞子さん・小室圭さん結婚」「続いた異例 問われた皇族の人権」という、対「元・内親王殿下」攻撃の傲岸不遜でえげつなき三語句のみ。ご成婚に祝意を表する文言はどこを探しても一文字もありません。

 朝日新聞に限らず、日本の新聞テレビには、一般通念の「日本国民」は一人もいないのが厳然たる事実です。というより、そこには普通の正常性を持つ人間がそもそも一人も居ません。そこに屯しているのは犬畜生の方が人間に見える“非・人間”たちです。自国民六千六百万人を殺戮し尽くしたレーニンとスターリンを崇拝する大量殺人“快楽”症の血塗られた気狂いの巣窟、それが朝日新聞に限らず日本の新聞テレビの客観的な現状です。

皇室ジャーナリスト久能靖/近重幸哉は共産党員、河西秀哉は過激な共産党活動家

 2017年12月に始まる、KK氏とその母親への非難は、中傷誹謗含みが濃厚で、次第に通常の批判の枠を超えてエスカレーションを加速してきました。多くの普通の日本人は、次第にこのことに気付き、徐々に反転的に警戒感を強めてまいりました。

 これら「KK氏とその母親への非難」の大合唱は主に週刊誌から執拗に流されてきましたが、その背後で操っているのは、天皇制廃止と特に秋篠宮家潰しに狂奔する共産党。公安調査庁は何故、この事実を広く国民に公表し啓発しないのでしょうか。

““日本国の美しきプリンセス”の品格と尊貴を守るべく、NYに三十~五十億円の財団を急ぎ創設しよう” の続きを読む