陸上配備型イージス・アショアを洋上に配備する防衛省“酔いどれ狂気”は、日本国の“ミサイル防御力”を剥奪し、中ロに日本人皆殺しの対日核攻撃をさせるため――警視庁公安部は、中ロと通謀(利敵行為)するイージス・アショア担当局長/課長を逮捕せよ

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 防衛省官僚の過半は旧・社共系の極左「反日」人士ばかりだから、その多くが中共工作員やロシア工作員になっている現状に、何ら不思議さはない。この故に、防衛省は、共産党や朝日新聞以上に、日本国の国防力を潰滅的に弱体化することに日々、全力疾走している。この典型の一つが、防衛省と“ロシアの軍隊”陸上自衛隊が一丸となっての、北海道を侵略ロシア軍に無血占領させるための、北海道防衛力のゼロ化であろう。

 だが、2000年頃から防衛省と陸自が露骨に進める“北海道侵略のロシア軍を熱烈歓迎する”北海道無防備化に対して、正常な国民なら絶叫するはずの、「北海道なしに日本国全体の防衛が不可能になる!」や「北海道の不沈空母化なしに尖閣・宮古・石垣が守れるのか。“縦深の理論”もわからないのか」の声は、日本列島のどこからも聞こえてこない。

洋上イージス・アショアとは、“漫画”「空飛ぶ潜水艦」級の、“狂人が妄想する非・兵器”

 9月23日の朝、『朝日新聞』を開いた瞬間、眩暈がしてよろめいた。「陸上イージス 洋上転用」と言う見出しが、目に飛び込んできたからだ。

 陸上配備の兵器は陸上配備しかできない。海上配備の兵器は海上にしか配備できない。空中配備の兵器は空中配備しかできない。そのように設計されており、転用すれば兵器として機能不全になるからだ。この事は、戦車に翼を付けても“空飛ぶ戦車”になることはない。潜水艦も同じく、翼を付けても“空飛ぶ魚雷発射の爆撃機”にはならない。

 蒸気機関車が宇宙を飛翔する「銀河鉄道999」は、松本零士が描いた漫画の世界だから可能であって、現実の鉄道ではない。つまり、イージス・アショアという陸上配備のミサイルを、仮にも洋上配備すれば、それが「銀河鉄道999」と同じく、兵器としては妄想上の“狂”兵器で、子供のおもちゃの兵器と同等になり、通常の兵器の機能を完全喪失する。

“陸上配備型イージス・アショアを洋上に配備する防衛省“酔いどれ狂気”は、日本国の“ミサイル防御力”を剥奪し、中ロに日本人皆殺しの対日核攻撃をさせるため――警視庁公安部は、中ロと通謀(利敵行為)するイージス・アショア担当局長/課長を逮捕せよ” の続きを読む

「イージス・アショア」中止は、プーチンの命令で“売国奴”安倍晋三が、習近平の命令で“売国奴”河野太郎が、共謀して暴走する“日本全列島「中ロ」献上アジェンダ”の実行。

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 防衛大臣・河野太郎(2019年9月11日~)がついに赤色の正体を露わにした。河野太郎とは、中国共産党員もビックリの狂信的な毛沢東崇拝者であった父親・河野洋平から、“中共の対日工作員”としての血を受け継いだだけではない。祖父・河野一郎から教条的なコミュニストの血を相続し“ロシアKGB対日工作員”としても祖父以上に暗躍している。

 要するに、志位和夫と同類の“反・自衛隊/反・国防の狂気”を常態とする河野太郎の過激な親中/親ロは、その“過激な反米/反日”と一体だから、陸上配備のイージス迎撃ミサイルの事である「イージス・アショア」の配備中止は、防衛大臣になった昨年9月からの個人的信条を、満を持して決行しただけと言える。

 イージス・アショアは、北朝鮮の弾道ミサイルを迎撃するだけでなく、ロシアと中共の中距離弾道ミサイルに対する迎撃能力もあり、ために中共とロシアは、「この配備を中止しろ!」と、安倍晋三・総理官邸と防衛省内への非公然工作を集中的に行ってきた。今般の河野太郎は、この中共とロシアの命令を忠実に実行しているのである。

 また、“安倍家コミュニスト三代目”安倍晋三も同様で、2018年にプーチンから「イージス・アショアの配備を中止しなければ、日ロ平和条約は締結してやらないぞ!」と何度も恫喝されており、安倍晋三が河野太郎を防衛大臣に任命した理由は、日ロ平和条約を締結したい一心からの、イージス・アショア配備中止も目的の一つ。その意味で、河野太郎は、「イージス・アショア配備中止」はさも自分の独断であるかの演技において、安倍晋三との密約「イージス・アショア配備中止」を見事に遂行したことになる。また言うまでもないことだが、安倍も河野も、一般国民がコロナ“集団ヒステリー”で痴呆老人化している、この六月を狙った。

“「イージス・アショア」中止は、プーチンの命令で“売国奴”安倍晋三が、習近平の命令で“売国奴”河野太郎が、共謀して暴走する“日本全列島「中ロ」献上アジェンダ”の実行。” の続きを読む

トランプ大統領のINF全廃条約破棄こそ、日本と東アジアの平和に対する(ノーベル平和賞に値する)偉大な貢献 ──日本が恐怖すべきは、日本国滅亡のロシア/中共の対日核攻撃

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 “核兵器のない、阿鼻叫喚の戦争の時代”を心底で希求する戦争待望狂朝日新聞は、トランプ米国大統領の(大統領就任以来)初めての“偉大な世界平和貢献”であるINF条約廃棄を罵倒すべく、あらん限りに真赤な嘘偽りの“核の恐怖”を煽動する逆走報道に精を出している。

 『朝日新聞』2018年10月22日付け二面の大見出しは、「核の歯止め失う恐れ」。何ともカビの生えた古臭い核恐怖煽動であることか。モスクワや北京の支配下にある朝日新聞は、ロシアや中共の核軍拡を熱烈に応援し、米国に対しては核軍縮に押しとどめようと、どす黒い企図がアリアリで露わ。ロシアや中共に、日本に対し核恫喝や核攻撃をさせ、日本が国家滅亡するのを社是とする朝日新聞とは、ロシアが日本に潜入させている前衛の侵略部隊。超「反日」の対日工作機関。

※2018年10月23日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

米国の核軍縮での“戦争の東アジア”を祈る、“戦争のない平和”が大嫌い朝日新聞

 後述するように、INF(中距離核戦力)全廃条約をレーガン大統領が1987年12月に締結したのは間違いであった。トランプがこれを廃棄する事は正しい。なのに、朝日新聞が、この正義に適う正しい条約廃棄を非難するのは、同紙が中傷誹謗を越えた恐ろしい他意を秘めているからだ。

 “侵略の皇帝”プーチンが率いるロシアは、INF全廃条約に対して遵守する気などさらさらなく、違反のし放題。つまり、INF全廃条約はすでにロシアによってズタズタに空洞化している。条約の理論からしても、この条約はいったんゼロベースにする方が、国際安全保障の常道で、理に適った対応。INF全廃条約からの米国の離脱は、常識の範囲内の行動で、非は何一つもない。

 ウクライナのクリミヤ半島を侵略したように、“侵略の皇帝”プーチンが率いるロシアは核軍拡のやりたい放題だけでなく、今や、核戦争そのものの準備に余念がない。核弾頭搭載の(中距離)地上発射巡航ミサイル(備考)の著しい増強は、この核戦争の準備として不可欠だからである。また1㌔㌧以下の低出力の核弾頭の開発と配備に全力を講じているのも、それが使える核兵器だからだ。ロシアは、次の戦争では通常兵器と同じ感覚で、この低出力核弾頭が塔載された巡航ミサイルをふんだんに使用するだろう。日本はロシアが戦争を企てる筆頭標的になっているから、北海道には、この低出力核弾頭が搭載された核巡航ミサイルが雨霰と撃ち込まれる。ともあれ、ここ十年以内に、ロシアは、この低出力核弾頭を数千発も実戦配備する。

(備考)例えば、INF条約違反の、ロシアの地上発射型巡航ミサイル「ノバトール9M729」は2014年、発射試験に成功した。この時、INF条約は空文と化し死んだ。朝日新聞は、プーチンが殺した“死体の条約”を米国は守れと主張している。悪意と狂気なしにはできない異様極める主張。また、超現実の核廃絶を妄想する“マルクーゼ系コミュニスト”オバマ大統領は、この2014年、INF条約の廃棄をプーチンに通告すべきだった。しかし朝日新聞は、オバマ大統領のこの責任放棄の方は批判しない。

 要するに、朝日新聞の嘘八百の記事は、すでに“死体のINF全廃条約”が、核兵器の増強や核軍拡を阻止するのに役立つと、現実から乖離した妄想や極度な逆立ちを前提に論を進めている。蒋介石殺害が戦争目的だった1937年7月の対支那戦争開戦に始まる、八年間の大東亜戦争を煽りに煽った“自国民殺しの戦争大好き”朝日新聞は、性懲りもなく再び、ロシアと中共の核兵器で日本人を大量殺戮したいのである。

 ヒロシマ/ナガサキに核は投下されているから、日本に対する核攻撃は、ロシアも中共も気兼ねする必要もないし躊躇う閾値(しきいち)が低い。「人類初の被爆国は、確率的に、人類第二の被爆国となる」は一般原理。この原理について、残忍な日本人大量殺戮を社是とする朝日新聞は百も承知。

“トランプ大統領のINF全廃条約破棄こそ、日本と東アジアの平和に対する(ノーベル平和賞に値する)偉大な貢献 ──日本が恐怖すべきは、日本国滅亡のロシア/中共の対日核攻撃” の続きを読む

「イージス・アショア3セットは高い」と渋り、「THAAD8セットの配備」は端から拒絶。日本国民三千万人殺戮へと爆走中の“日本一のホラ吹き(国民騙し)男”安倍晋三

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 さる92(土)に始まった山本耕史さん主演の『植木等とのぼせもん(=小松政夫)』を見て、最初に頭を過ぎったのは、植木等の歌「日本一の無責任男」は(未来の総理)安倍晋三を想像モデルにしていたのか、だった。実際にNHKは、日本一の無責任男安倍晋三・総理を観察しているうちに、このドラマを着想・企画したのかも知れない。

※本稿は、2017年9月4日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

日本一の無責任総理安倍晋三を観察して着想したのか?NHK土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」

 私が17歳で高校三年生だった1962年、「無責任一代男」のレコード盤が売れていた。テレビでもこの歌が頻繁に流れており、私は馬鹿馬鹿しくて視聴しなかったが、どういう訳か歌詞だけはそれから五十五年も経つのにスッと思い出したから、頭に刷り込まれていたことに初めて気が付いた。92日の植木等(山本耕史)を観ていると、思わず私の口が小さな声で「俺はこの世で一番、無責任と言われた総理・・・・・」と囁いたからだ。あとは(青島幸男に決して負けない、自慢の)プロ作詞家級の安倍晋三への替え歌ソングが続くのだが、これは本稿の論旨から外れるし忘年会の隠し芸用。ここでは秘匿したい。

 安倍晋三につき、日本一の法螺吹き総理”“日本一の(国防無為無策の上に、自分の言葉と政策に)無責任総理”“日本一の(無責任の裏返し)国民騙し総理であるのは、次の事柄を思い起こすだけで、一目瞭然の真実だろう。異論はあるまい。  

A、安倍晋三最大の公約「アベノミクス」のポイ捨て。  

B、安倍晋三の第二トップ公約「北朝鮮拉致被害者の奪還」のポイ捨て。  

C、安倍晋三の公約「北方領土奪還」は、ポイ捨てどころか、逆走して「極東シベリア開発協力に三千億円という国民血税をロシアに貢ぐ協定の締結」と「(共同経済開発同意による)北方領土におけるロシア主権の容認」という対ロ領土割譲までした。対ロ売国奴としては安倍を超える悪人はおらず、日本史上最凶の対ロ売国奴と言えば、かつては河野一郎だったが、今では日本一の【反日の権化】安倍晋三を指す。

北朝鮮の核攻撃第一標的は日本。対米用の核ICBMは日本攻撃時に米国の報復を阻止するため

 極め付きは何よりも、日本国民三千万人以上がもはや確実に殺戮される原爆や原初型水爆実験に成功したのに93日)、安倍晋三が決して、北朝鮮の核弾頭付き弾道ミサイルから「日本国民をこう守る(すべて完全に迎撃する)」とも「これらの核弾頭付き弾道ミサイルをその発射前に、こう先制撃破・殲滅する」とも、口をチャックにして発しなかったことに明らか。

 安倍晋三は、日本国の総理ではなく、明らかに北朝鮮・金正恩の回し者である。北朝鮮の犬として日本国民騙しの言葉を発したからだ。安倍晋三とは、実態において日本の総理大臣ではない。安倍晋三は、人格的にも真面な人間ではないし、自分が日本国民だという意識すらない。云はば外来の放浪者的人物だと考えられる。200611月、コンドリーサ・ライス国務長官は、安倍晋三をrogue(ならず者)だと喝破し、口もききたくないと怒った。ともあれ安倍晋三は、こう言った。

「断じて容認できない。国際社会と連携して断固たる対応をとる」93日)。  

 この安倍談話を聞いて、腰を抜かした日本人は、まだ日本国民だと言える。が、この言葉に卒倒しなかった日本人は、もはや非・国民。日本国民ではない。いや、それ以下のクズ人間。いや、クズ人間以下で、豚やアヒルに近い。なぜか。

“「イージス・アショア3セットは高い」と渋り、「THAAD8セットの配備」は端から拒絶。日本国民三千万人殺戮へと爆走中の“日本一のホラ吹き(国民騙し)男”安倍晋三” の続きを読む

北朝鮮「火星12号」の北海道上空飛翔に「THAAD配備を!」「核シェルター建設を!」と、安倍晋三に絶叫の声をあげない、生存の意思すら喪失の“白痴化した一億日本人”

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

「海自イージス艦も空自パトリオットPAC3も全く役立たず」を証明してくれた金正恩に感謝しよう!

 8月29日午前6時頃、北朝鮮は「火星12号」を、北海道・渡島半島及び襟裳岬の上空を通過飛翔させる対日“威嚇”を行った。着弾は北海道の東海上で、発射場からすると2700㎞の飛翔距離であった。「火星12号」の本来の射程は「4000㎞~」だから、ブースター・ロケットの液体燃料パイプを途中で締めたと考えられる。

※2017年8月30日に中川八洋掲示板のために執筆された記事を、再掲載したものです。

 この種のミサイル飛翔距離の短縮技術まであるとすれば、ロフト軌道(備考)での打ち上げ能力と総合すると、対日核・化学弾頭投下に使用される弾道ミサイルは、300基強の「ノドン」に加え、生産されている「北極星2」「ムスダン」「火星12号」などほとんどが対日用だとカウントしておかねばならない。

備考;日本では、lofted trajectoryを「ロフテッド軌道」と訳す。誤訳ではないが余りに拙訳。trajectoryを「軌道」と訳すならば、loftedは「ロフト」と訳すのが、和訳のイロハ。

 今般の「火星12号」対日上空投射は、日本のもつ二つの深刻な危機的現実を、“痴呆化した一億日本人”に突きつける貴重な啓蒙の働きをなしたことにおいて、日本にとって金正恩に感謝すべき実験だったといえる。「火星12号」の対日投射が暴いた日本のお寒い現実の第一は、この「火星12号」を迎撃する態勢を、日本側が一切取っていなかったこと。スタンダード・ミサイル3のイージス艦も、パトリオットPAC3も、この「火星12号」を迎撃できる位置には配備されていなかった。日本は丸裸の完全に無防備だった。

 第二は、現実の有事では奇襲攻撃で始まる数百発の対日核弾頭/化学弾頭を雨霰と日本に投射するから、一気に三千万人以上の日本人が阿鼻叫喚の地獄絵の中で殺戮されるだろう。だが、このような奇襲を含めて無警告・大規模攻撃こそ戦争の当たり前の常態。ところが、これまで安倍晋三らは、この当然の状態をひたすら歪曲し隠蔽し、過去数年にわたって、今も、日本国民を騙し続けている。

“北朝鮮「火星12号」の北海道上空飛翔に「THAAD配備を!」「核シェルター建設を!」と、安倍晋三に絶叫の声をあげない、生存の意思すら喪失の“白痴化した一億日本人”” の続きを読む