陸上配備型イージス・アショアを洋上に配備する防衛省“酔いどれ狂気”は、日本国の“ミサイル防御力”を剥奪し、中ロに日本人皆殺しの対日核攻撃をさせるため――警視庁公安部は、中ロと通謀(利敵行為)するイージス・アショア担当局長/課長を逮捕せよ

Pocket

筑波大学名誉教授 中 川 八 洋

 防衛省官僚の過半は旧・社共系の極左「反日」人士ばかりだから、その多くが中共工作員やロシア工作員になっている現状に、何ら不思議さはない。この故に、防衛省は、共産党や朝日新聞以上に、日本国の国防力を潰滅的に弱体化することに日々、全力疾走している。この典型の一つが、防衛省と“ロシアの軍隊”陸上自衛隊が一丸となっての、北海道を侵略ロシア軍に無血占領させるための、北海道防衛力のゼロ化であろう。

 だが、2000年頃から防衛省と陸自が露骨に進める“北海道侵略のロシア軍を熱烈歓迎する”北海道無防備化に対して、正常な国民なら絶叫するはずの、「北海道なしに日本国全体の防衛が不可能になる!」や「北海道の不沈空母化なしに尖閣・宮古・石垣が守れるのか。“縦深の理論”もわからないのか」の声は、日本列島のどこからも聞こえてこない。

洋上イージス・アショアとは、“漫画”「空飛ぶ潜水艦」級の、“狂人が妄想する非・兵器”

 9月23日の朝、『朝日新聞』を開いた瞬間、眩暈がしてよろめいた。「陸上イージス 洋上転用」と言う見出しが、目に飛び込んできたからだ。

 陸上配備の兵器は陸上配備しかできない。海上配備の兵器は海上にしか配備できない。空中配備の兵器は空中配備しかできない。そのように設計されており、転用すれば兵器として機能不全になるからだ。この事は、戦車に翼を付けても“空飛ぶ戦車”になることはない。潜水艦も同じく、翼を付けても“空飛ぶ魚雷発射の爆撃機”にはならない。

 蒸気機関車が宇宙を飛翔する「銀河鉄道999」は、松本零士が描いた漫画の世界だから可能であって、現実の鉄道ではない。つまり、イージス・アショアという陸上配備のミサイルを、仮にも洋上配備すれば、それが「銀河鉄道999」と同じく、兵器としては妄想上の“狂”兵器で、子供のおもちゃの兵器と同等になり、通常の兵器の機能を完全喪失する。

 兵器は何であれ、それ自身が敵攻撃から防禦する機能を付加されていなければならない。戦国時代の武士の刀や槍ですら、それを戦場で振り回す武士(一種のミサイル発射台やレーダーを兼ねている)鎧兜に身を固めており、刀や槍の機能維持の防禦に手を抜いてはいない。

 現代のミサイルも、この武士の時代と同じ。駆逐艦から射出される海上配備イージス・ミサイルは、それを塔載する駆逐艦自体が敵攻撃に対して逃避する事を含めて、このイージス・ミサイルの発射前・発射後の防御能力にはそれ相応のものを保有している。

 さて、朝日新聞の記事に戻ろう。防衛省は陸上イージスを、洋上に展開できると、小学生や漫画家でも唖然とする狂気をそのまま自民党に説明する(説明した?)。A護衛艦に搭載する、B民間大型船舶に搭載する、C油井櫓(オイルリグ)に搭載する、の自民党に提示した三つの案すべて、精神病院に入院中の気狂いしか発想できないシロモノ。

 自民党議員で、この説明に来た防衛省の“真赤な敵性adversary”官僚に対し、説明を聞き終わったと同時に熱いお茶をぶっかけ、直ちに防衛省官房長に「分限免職の手続きをしろ」と電話をしなかったとすれば、この自民党議員も、日本国から国外追放しなければならない極度のスーパー非国民。“アホバカ非軍人を養成する”「世界一最低の士官学校」防大卒の、兵器や軍事技術のイロハも知らない“ド素人”佐藤正久や中谷元も、恐らく、この自民党議員団に入っているのではないか。

“豚並みアホ馬鹿”ばかりの防衛省官僚の、その過半は中・ロ・北鮮系の共産主義者

 C、洋上の油井やぐらなんか、どうやって、中ロの通常兵器の攻撃から守るのだ。例えば、中共やロシアの潜水艦・潜水艇の魚雷や対艦ミサイル攻撃からどう防禦するのか。いや、旅客船や貨物船から放たれる対艦ミサイルからどう防禦するのか。あるいは、中ロの爆撃機が放つ空中発射巡航ミサイルから洋上の油井やぐらなんかどう守るというのか。

 兵器が兵器であるのは、その兵器が別の兵器から必ず守られているものをいう。防禦兵器を有さない奇々怪々な建造物“洋上の油井やぐら”は、有事以前に瞬時に海の藻屑となる“数千億円海中ポイ捨て”であって、兵器(ミサイル・プラットフォーム)にあらず。兵器マニアの小学生二年生でもわかる。B、民間大型船舶も、これに同じ。つまり、BとCは、非難や批判の対象にすらならない酔払いの戯言。

 A、大型護衛艦を建造してこれに搭載。このABCの三案の中で、「バカ野郎! 引っ込めろ!」と怒鳴り散らして排除する“狂”案はA唯一つ。「イージス・アショア」は陸上用だから、海上の波の揺れには耐えられない。また陸上用に開発されたレーダー(ロッキード・マーチン社、SPY-7)は、「護衛艦に塔載」など可能なのか。これは、現在のイージス艦のレーダーとは性能も其の他も格段に異なったレーダーで、艦艇塔載は基本的に簡単でないはず。 

 また、このための護衛艦二隻を新造することは、配備が何年も先に大幅に遅れ、その費用も急騰する。真面な案と言えるのか。

 そもそも「イージス・アショア」は、パトリオットだけで核弾頭迎撃確率が「7割以下」なのをTHAAD8セットで二層にして「防御確率95%以上」にするのを、コスト倹約と称して、このTHAADの代替として浮上した予算節約案。なのに、この、陸上にしか配備できないイージス・アショアを、巨額の追加予算を必要とする海上配備に「変更する→改造する」など、何らかの外患誘致(利敵行為)の犯罪企図なしには、あり得ない話。自明だろう。

 さらに、イージス・アショア導入は、海自の「イージス艦」運用における過剰な負担を軽減する理由もあって定まったもの。ならば、この新造大型護衛艦二隻を24時間/365日、海自に運用させるのなら、原初の目的、この海自負担の軽減に逆行するではないか。

 「イージス・アショア」は、あくまでも空自と陸自が共同で運用することで、海自負担の決定的な軽減措置になる。つまり、イージス・アショアは、アショア=陸上の名前の通りに、陸上配備が絶対である。そうしなければ、敵の核弾頭を迎撃する確率を高め、これによって「国内軍事力、国内産業力、国民の生命」を護ることはできない。

山梨県の富士山麓&佐賀県の大野岳山麓(東松浦半島)という絶対適地をなぜ外す?

 しかも、日本の国土には、「イージス・アショア」を配備する場所は無限にある。陸上配備箇所が無いなどと真赤な嘘を吹聴していること自体、その防衛省官僚とは全員、中共の工作員かロシアの工作員の証左である。防衛省の建物の中に入ると、目を瞑って石を投げても、必ず、共産党員か朝鮮人に当る。防衛省の上級職は、共産党員と朝鮮人の就職先であって、通常の国防意識をもつ日本人は一名として入省していない。防衛省とは、オゾマシイほど「狂った反日」を省是とするスーパー極左官庁なのだ。

 だから、この問題は、防諜counter-intelligence的な分析で掘り下げる必要がある。そのためには、国民は、二層防禦でより確実に守りたい、有事における日本の戦略的重要拠点はどこかを思い出す必要がある。第一は皇居、第二は日本を事実上守っている横須賀と佐世保の米海軍基地、第三は日本国民の生命、第四が主要都市の産業である。

 だが、スーパー対ロ売国奴で「日本人に領土・国土なんか要らない」が信条の“日本最凶の反日狂人”安倍晋三は、この四つすべてを守りうるTHAAD8セットの配備は高いと、撥ね退けた。それは約一兆円かかると当時算定されていた。一方、イージス・アショア二セットなら二千億円で済むから、大幅に節約できると、安倍は後者を決定した。安倍晋三とは、昭和天皇銃殺と一億日本人皆殺しを戦争目的とした大東亜戦争肯定論者だから、共産党員や朝日新聞や朝鮮総連と同じく、日本国民を心底から憎悪し皆殺ししたいのだろう。また、安倍晋三とは、1984年、エチオピア農民(婦女子)150万人以上を餓死処刑したメンギスツを礼讃崇拝する悪魔・安倍晋太郎の息子である。外務大臣・晋太郎の秘書官として、安倍晋三はアジスアベバで、このメンギスツと何度も握手している。ハグまでしたらしい。

 ともあれ、今やTHAADは選択肢から完全に外された。そして、イージス・アショア二セットしか、我々国民のテーブルには選択肢として残されてはいない。ならば、このイージス・アショアをベストな箇所に配備するしかない。

 上記の皇居と大都市・東京と横浜と横須賀基地を守れる、最高の場所が、広大な面積で存在するではないか。富士山麓である。そこには自衛隊の演習場も大きいし国有地も充分な広さで広がっている。ブースター問題も全く存在しない。だが防衛省は、イージス・アショアの富士山麓配備を決して口にしない。日本国民を中・ロ・北鮮の核弾頭で焼き尽くしたいからである。防衛省とは、日本国民皆殺しを快楽する赤い悪魔が牛耳る、ロシア/中共“市ヶ谷駐在所”である。

 さて、もう一つのイージス・アショアの配備場所には、佐世保の米軍基地とともに、福岡市/北九州市/長崎市を守れる、最高の好適地がある。佐賀県東松浦半島にある大野岳の山麓。ここは中共テロリストの防止も容易だし、ブースター問題も起きない。だが防衛省は、イージス・アショアの大野岳山麓配備を決して口にしない。佐世保の米海兵隊の艦艇を敵国の核弾頭で灰燼にしたいからだ。

 そればかりか、ロシア/中共“市ヶ谷駐在所”防衛省は、日本国民が核弾頭で焼き尽くされ、ヒロシマ・ナガサキの百倍・千倍の阿鼻叫喚の地獄を見たくてしかたがないのである。

現在の防衛省・文官を全員解雇しよう。その代りに、米国の国防省OBを採用しよう

 「イージス・アショア」ミサイルの第一弾ロケット(ブースター)が落下するから怖い怖いと、秋田県と山口県の基地周辺の住民が共産党に煽られて馬鹿騒ぎした。また秋田では、日本語がほとんどできない支那人だとすぐわかる中共の工作員が、間違いだらけの日本語プラカードを掲げてデモっていた。

 これに対し防衛省は、これら支那人デモ隊の問題を日本国民に報告すらしなかった。しかも「落下ブースターに人間が当る確率は、隕石に当る確率と同じで、限りなくゼロ」と、数学的な反論をしなかった。防衛省は逆に、「はいはい、そうですね。では、ブースターが自衛隊基地内に落下するように改造します」と、技術的に万が一にも改造不可能なことを住民に約束した。

 この事実でわかるように、ブースター馬鹿騒ぎは、実は防衛省が裏で手をまわして行ったものであった。イージス・アショア配備阻止を、イージス・アショアの配備が内閣として定まっているにもかかわらず、防衛省のイージス・アショア担当局長・課長らが行政として行っている。防衛省は、公然と祖国反逆の大犯罪を実行している。ソ連軍の満洲侵攻が無血占領になるよう、1945年の関東軍参謀部は緻密にソ連軍と打ち合わせしていたが、これと全く同じことが、今、日本で防衛省によって繰り返されている。

 なお、満洲を無血でソ連軍に献上することは、その結果として日本人婦女子25万以上が殺されるのだが、関東軍参謀部は「それは愉快だ」「日本人なんか殺し尽くせ」と歓喜していた。読者の中で嘘だと思う者は、関東軍参謀部作戦課・草地貞吾大佐の、ワシレフスキー元帥宛ての上申書を読んでからにしろ。

 警視庁公安部は、私のintelligence分析が正しいか間違いかを在京のCIAに尋ね、この確認の後、防衛省のイージス・アショア担当局長・課長らを、刑法外患罪で逮捕されたい。そうしない限り、日本ではTHAADもイージス・アショアも配備されることは万が一もない。防衛省こそが、3000万人以上の日本国民が焼け焦げて死ぬ事態を快楽したく日本国をそこに追い込んでいる。

 仮に、日本国民で、ヒロシマ・ナガサキの爆心地のような犠牲者になりたくなかったら、次の運動をされたい。防衛省の官僚(文官)管理職全員を分限免職にすること。そして、防衛省の次官、審議官、局長、局次長、課長のポストには、米国国防省OBを採用して埋める事。彼らに日本国籍を臨時に付与する立法をすれば、国家公務員法の問題は何もない。

(2020年9月23日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です