秋篠宮殿下におかれては、先帝陛下のご譲位を禁止し退位を強制し剣璽「18時間」簒奪の“暴虐なる大逆賊”安倍晋三の葬儀御参列を拒絶なさいませ──岸田文雄よ、国葬は“一億日本人を侵略ロシアに”皆殺し“させる計画の《新ポル=ポト》”安倍晋三の正体を世界に知らしめる好機

Pocket

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 秋篠宮両殿下におかれましては、畏れながら、9月27日の“史上空前の対ロ売国奴”安倍晋三の国葬ご参列は、毅然とご拒絶なさいますよう、ここに謹んで言上申し上げ奉ります。

 安倍晋三とは、2019年4月30日、先帝陛下の新天皇へのご譲位を禁止しギロチン直前のルイ十六世を真似て退位を強制し、その剣璽を「17時間半」簒奪し宮内庁の金庫に保管する、天皇制廃止に直行する皇統断絶の悪先例を犯意あらわに創った、空前絶後の“暴虐なる大逆賊”。それだけでなく、1911年の“大逆事件の主犯”幸徳秋水と同種の、“天皇テロル教のテロリスト”。

 4月30日の強制退位式典が、刑務所内の処刑場に酷似する異様な雰囲気に包まれていたのは、安倍晋三が“天皇テロル教のテロリスト”であることと無関係では無いと思います。皇居宮殿の式場が、この刑務所内の処刑場に酷似する異様な雰囲気に包まれていたこと自体につきましては、ご臨席されました秋篠宮殿下こそよくご存じの事かと拝察申し上げ奉ります。

 先帝陛下(現・上皇陛下)は、2013年年頭より、安倍晋三に対し、光格天皇の譲位を先例とし、それと同一の儀式「譲位→受禅」をするようにと何度もご下命なさいました。にもかかわらず、「ウルセー、天皇野郎」と罵倒して数年に亙り無視され続けたのは、1984年にエチオピア農民婦女子150万人以上を“餓死処刑”(日本の新聞テレビは「大飢饉」と真赤な嘘報道)した“レーニン教の悪魔”メンギスツを崇拝する“血塗られた新ポル=ポト”安倍晋三が、総理職にあったからです。

 剣璽は一秒たりとも天皇の玉体から離してはならないもので、神武天皇以来、(壇之浦にて入水された幼帝のケース一度を例外に)二千年間厳守されてきました。先帝陛下と新天皇とが「崩御→践祚」の場合、その枕もとで剣璽が渡御する儀式が行われてきたのは、この“慣例conventions”=“法 the Laws”の故です。“慣例conventions”=“法 the Laws”は、皇室典範・明文憲法や法律より上の、その上位法。神ですら遵守すべきものです。なお、光格天皇の「譲位→受禅」儀式と平安時代から続く譲位パレードの光格天皇の先例は、拙著『天皇退位式は皇統断絶』に詳述されております。

 譲位儀式を強制禁止し譲位パレードも禁止するなど、安倍晋三のやりたい放題の“日本史上類を見ない大犯罪”が、現上皇陛下の先帝陛下に対し、想像を絶する口にするだに恐ろしい精神的苦痛を与えたことは言うまでありません。これについては、直接お聞きになられたかと存じます。

 天皇とは、漫然とその地位にあるのではなく、二千年間の皇室伝統を絶やさないことに全身全霊を傾けられる最高級の偉大な義務に生きておられる「神」に近いご存在。現人神という言葉がありますが、これほど、日本国の天皇を言い表す語彙は他にはありません。

 “法”である先例が全てで“神のごとき”天皇に、先例を踏襲させない共産革命を強要したのが、レーニン崇拝の大量殺人鬼メンギスツ系コミュニスト安倍晋三です。私は、安倍晋三が式典会場にて先帝陛下に投げつける、侮辱を越える「伝統を守るなど、お前! 天皇、許さんぞ!」の罵声が皇居宮殿に鳴り響くのを聞きながら、「陛下が蒙られたご心痛は、いかばかりか」と御推察して胸が裂け、いつしか杜甫の「兵車行」を、流れる涙の中で口遊んでおりました。

参考;「中川八洋ゼミ講義」2019年5月4日up「“譲位禁止、お前は廃帝!”と先帝陛下に命令・・・」。

 私ども日本国民が、「4・30“反・譲位”」の大罪を犯した、“ロベスピエールの化身”&“幸徳秋水の生まれ変わり”安倍晋三をロベスピエールや幸徳秋水のように死刑にできなかったのは、私ども日本国民の不忠の極みで万死に値します。この意味で、今般、称徳天皇の御霊域にて、「天誅」の神罰が“赤い悪魔”安倍晋三に振り下ろされ、二千年間続く我が国の“法”を顕現すべき死刑が厳正に執行されたのは、日本国が今もなお、天照大神のご稜威に懐かれている証しでありましょう。

 秋篠宮殿下におかれましては、カルト「天皇テロル教」狂徒・安倍晋三の葬儀へのご参列は、先帝陛下のご無念に対し傷口に塩を塗り込む以上の揶揄・嘲笑に当ること、並びに皇位継承の“法”を破壊された皇祖皇宗が一斉に爆発する怒りに唾する行為であることも慎重に深慮されて、断固としてご拒絶なさいますよう、重ねて謹んで言上申し上げ奉ります。

令和4年9月2日

臣 八洋     謹白

 

*本ブログ読者への参考文献

1、中川八洋『天皇退位式は皇統断絶』、ヒカルランド。

2、「中川八洋ゼミ講義」2019年4月7日up「4・30天皇殺しの大逆賊・安倍晋三・・・」

3、「中川八洋ゼミ講義」2019年5月4日up「“譲位禁止、お前は廃帝!”と先帝陛下に命令・・・」

4、「中川八洋ゼミ講義」2019年5月8日up「安倍晋三が代筆した4・30勅語は・・・」

5、「中川八洋ゼミ講義」2020年11月1日up「宮中饗宴も無い、立太子パレードも無い・・・」

附節 岸田文雄首相がなすべき、海外弔問賓客への「9・27謝辞」

世界からの弔問賓客ご参列に対する謝辞(案)    

令和4年9月27日        

日本国・内閣総理大臣  岸 田 文 雄                                 

 高位高官の特別なる淑女・紳士の皆さま、御多忙中の中、故・安倍晋三の葬儀にご参列を頂き、日本国民一同、身に余る光栄と厚く御礼申し上げます。

 この場を借りまして、日本国を代表し、故・安倍晋三の八年八ヶ月にわたる総理として八面六臂の活躍に関しその業績を総括しておきたいと思います。これは、今後の日本にとってだけでなく、自由世界の安定的な秩序維持にも極めて重要であろうと思うからです。特に、日本国の内政に対する安倍晋三が残した“負の政治”は、枢要なものだけでも次の数点があります。すべて日本国政治を根底から致命的に腐敗せしめ、日本国を破壊尽くすものばかりでした。“負の政治”を積んだ貨車十数輌と共に真黒な煙を吐く大暴走の大型蒸気機関車、それが安倍晋三であったと思います。

第一;先帝陛下を殺す殺意を漂わせた安倍晋三「4・30」

 故・安倍晋三は、スターリン32年テーゼを奉戴する天皇制廃止コミュニスト。血腥いフランス革命で生れた狂気の“天皇テロル教”ドグマを信奉し、天皇制度の自爆装置を取り付ける事に全力投球されました。本日私どもが、強制的に参列を強要してご参列を賜りました秋篠宮殿下は、自動的に次期天皇に践祚されるのを不可能にすべく皇太弟(皇太子)ではありませんが、このような天皇制廃止を立法(2017年特例法)したのは、“暴虐なる天皇テロリスト”安倍晋三が首謀したからです。

 “今上天皇をもって天皇制を廃止する”が信条の“赤い悪魔”安倍晋三は、総理大臣の権力を濫用し、共産党と共謀し、ジャコバン党の人民主権憲法(1791年)を踏襲した「退位特例法、2017年」を制定しました。ルイ十六世のギロチン処刑(1793年1月)こそは安倍晋三の理想で、天皇ギロチン処刑を今上陛下に適用するのを悲願としていました。新天皇の大権「新元号の制定」を、安倍晋三が、新天皇から簒奪しご即位の一ヶ月前に自分勝手に制定公布したのは、“オレ様は天皇より偉いのだ、俺様が元号を制定したのだ”を誇示したく、絶対独裁者を目指す安倍晋三らしい、今上陛下を殺害したいテロル信条の発露の一つでした。

第二;北海道五百万人ジェノサイドを計画していた“大量殺人鬼”安倍晋三

 安倍晋三は日本列島全てをロシアに献上し、一億日本人をロシア兵/アイヌ/在日朝鮮人に殺戮させるのを悲願としていました。2014年4月~2019年6月、安倍晋三は三千億円のオマケ付きで“侵略と虐殺の独裁者”プーチンと27回も抱き合う全く不必要な会談を続けたのは、日本人に北方四島の奪還を諦めさせロシアに貢ぐ作戦としてでありました。現実に安倍はプーチンに国後・択捉島を献上すると口約束し(2018年11月)、一方プーチンも直ぐこれに応え、北海道に侵攻する旨を内外に闡明しました(2018年12月18日)

 サイコパス安倍晋三は、ヒトラーのユダヤ人大虐殺を真似て、先ずは北海道民五百万人を赤ん坊も含め「ロシア兵/アイヌ/在日朝鮮人」に殺させるために、「アイヌ誇り尊重推進法」を、2019年4月に制定しました。

 私・岸田文雄も、安倍晋三の日本人皆殺しの狂気を継承し、中共派遣の共産主義シナ人が、日本人を殺しまくれるよう、“筋金入りの中共テロリスト候補生”を日本人の税金で留学生として受け入れるよう文科省に命じました。それが、「留学生三十万人計画」の拡充。このうち中共からの留学生は中央/地方の共産党幹部の子弟。全員は有事に、中共国防動員法で日本国内潜伏のテロリストに変貌し、日本人を効率よく殺しまくるのは間違いないと思います。私は、これが堪らなく快感!なのです。

第三;「国防軍」設置の憲法第九条改正を阻み、中ロの侵略で日本滅亡“完遂”!

 安倍晋三は、“逆さ自己イメージ”を作る天才でした。例えば、自衛隊をいつまでも戦えない警察軍のままに据え置くべく、国防軍への昇格を禁止する憲法第九条「大改悪」を行わんとして、第三項に自衛隊を明記することにしたのです。つまり、「日本は国防軍保有“禁止”」を定める第二項をそのまま残す、共産党の方針をコミュニスト安倍晋三は堅持していました。しかし、猿より頭が悪い白痴二十万人集団の日本会議などは、安倍晋三が共産党と組んだ憲法大改悪の正体を見抜くことはできません。安倍流の憲法大改悪を“ワー嬉しい、憲法改正だ”と、百万匹の猿がびっくりした、あろうことか逆さにも随喜の涙で喜ぶ始末。日本国の滅亡は確実です。

第四;プーチンのウ侵略に歓喜した安倍晋三の本心は「ウクライナ人よ、もっと死ね!」

 私ども日本人は、2014年3月、ロシアの「クリミア半島」侵略には大いに驚き、それが停戦8月15日から二週間も経った1945年8月末に始まった「北方四島」侵略と同種であることに怒りに燃えていました。実際にも、この2014年3月以降、故郷クリミア半島を侵略で奪われ、多くのウクライナ人とタタール人が家を追われこの半島から脱出しましたが、この情況と光景は、北方四島から追われた一万七千人の日本人に重なるものがあります。

 が、それから二年後、2016年5月6日、安倍晋三は、そのようなクリミア半島を眼下に見下ろすソチの大統領宮殿で、酒池肉林の豪勢な大宴会をしていました。

 ウクライナがクリミア半島を奪還するのを全面協力してこそ、ロシアに侵略されたクリミア半島の姉妹版「北方領土」奪還が初めて可能になります。しかし、プーチンとソチで抱き合う“KGBロスケ”安倍晋三は、2016年5月6日、「クリミア半島侵略おめでとう、万歳プーチン」の乾杯で一晩過ごしたように、これとは真逆に燥いでおりました。つまり安倍晋三は、この2016年5月時点、はっきりと北方領土をロシアに献上する計画を内心に秘めていたのです。

 日本で、この「2016・5・6ソチ《安倍晋三‐プーチン》会談」を批判したのは、筑波大学の中川教授たった一人しかいませんでした。この批判は、中川教授のYouTube動画「侵略の皇帝プーチンに北方領土を貢ぐ安倍総理」(中川八洋ライブ02)で、今でも視聴できます。

 ともあれ、「2016・5・6ソチ《安倍晋三‐プーチン》会談」により、日本に多少は存在した“プーチンのクリミア半島侵略・併呑”を非難する声が完全に消えました。ロシアに日本国民を無限に殺戮させたい血塗られた狂人&“プーチンの奴隷”安倍晋三には、「侵略は国際法違反!」などという常識はありません。     

(備考)クリミア半島は2万7千㎢で北方四島5千㎢の五倍強。南樺太4万㎢よりは、一回り小さい。

第五;「日銀を国債買い取り機関→大借金で財政破綻→日本経済は破滅的に終焉」 

 故・安倍晋三には、日本国民も日本国も“未生の日本国民”も、存在しませんでした。安倍晋三にとり日本は、「安倍自身が喰い散らかしてよい、一時的占領地」でした。ここに、“成蹊大卒のドアホ”安倍晋三特有の“狂気の経済政策“「中央銀行なんか要らない」「日本に金融政策など必要無い」が生れたのです。

 安倍晋三とは、その八年八ヶ月の政権の間、自分の人気取りのためのバラマキ福祉ジャブジャブ垂れ流しのみに専念した凶暴な独裁者でした。このため、安倍晋三はこのバラマキ福祉ジャブジャブ垂れ流しを邪魔する財務省と日本銀行を打っ潰すのを、無制限の権力を持つ“総理である俺様の権利”だと妄想していました。当然、“日本国のための財務省”“日本国のための日本銀行”に立脚する、通常の健全な財務省や日銀官僚を一人残らず叩き出し、財務省や日銀を自分のイエスマンばかりにしたのも、狂気の独裁者ヒトラーと共通します。(殺害しない相違を別とすれば)プーチンとも瓜二つ。

 円安に歯止めが掛からないように、当然に、国債買い取り機関となった日銀にはインフレ対策の金融政策をとる能力がありません。ハチャメチャ国債の乱発行で日本はいずれハイパー・インフレに襲われますが、このとき、日本経済は財政破綻の轟音の中で大崩壊するはずです。この破滅する日本経済はもはや治癒不能だし、日本政府部内にも、私を含めた自民党幹部にも、これを阻止せねばという意識を持つ者は一人もいません。

 安倍晋三と暴力団と変わらぬ菅義偉「得意」の恫喝が日常だった八年八ヶ月間の政治で、今では霞が関には優秀な保守系官僚は一人もいなくなりました。全員、安倍・菅のヒトラーまがいの暴力的な行政庁活用に驚き呆れ霞が関を去ったからです。また、東大トップの優秀な若手人材は、誰一人、霞が関の官僚になろうとはしなくなりました。これもまた安倍晋三の負の遺産の一つでしょう。東大トップの秀才にとり、馬鹿丸出しの国会議員ごときに威張り散らされる立場にないのは言うまでもないこと。

 日本国は司令塔が死骸の山のように積まれている、そのような人類史上最低の国になってしまいました。私・岸田は、かつてロンドンで「日本買い」を口にしましたが、あれは嘘でした。ごめんなさい。世界の金持ちは大損を避けるには「日本売り」という、正しい経済行動をとるべきです。

 なお、アベノミクスという言葉を、故・安倍晋三は弄びました。「経済成長がいっさいしないのに、国債を無限に発行して矢鱈無闇に子孫への借金を天文学的なものする」“スーパー反・経済”を指す言葉がアベノミクスだとすれば、適切語であったと思います。現に、安倍は総理在任中400兆円の国債を発行しましたが、日本のGDPは1990年から今日まで三十年間以上も無成長。世界の奇観です。

 私・岸田を含め、日本人は経済成長させる意欲を全て喪失しました。また、経済成長させるにはどうしたらよいかの基本的な経済成長政策のイロハ知見すら解らない一億総“白痴”になりました。これも、度し難いアベノミクス(反・経済)の偉大な効果であったかに思います。

第六;日本民族の死滅を目指し新生児数「大激減」を促進した安倍晋三

 日本経済を維持し発展させ、また日本国を最小限に国防するには、新生児数は年間最低でも170万人が必要です。つまり、アベノミクスなど日本経済を仮にも右肩上がりにするには、年170万人に出生数を戻すことが宣言されねばなりませんでした。しかし、安倍晋三の口から、一度たりとも、一文字として日本の出生数を最低170万人に戻すとの声が発せられることはありませんでした。「アベノミクス」とは詐欺師の戯言以上の何物でもなかったのは、この事一つで明らかでしょう。

 しかも、安倍晋三が政権に就くや、出生数は減り続けました。“反・経済”の極みアベノミクスは、日本経済の巨大癌だったことは、誰の目にも明らかです。尚、安倍晋三が総理になった2012年の出生数は「103万7千人」でしたが、安倍が総理を辞任した2020年には「84万1千人」と、二割も大激減しました。安倍晋三は“反・経済”だけでなく、“狂気の反・国政”を推進したスーパー非国民でありました。安倍無き日本になった今、日本は未来にほんの少し曙光が射してきたかにも思えます。

第七;国葬=滅ぶ日本国の葬送。日本国「葬送」前夜祭ご参列“外国賓客”に感謝

 日本という国家は、あと二十年以内に、この地球から消滅して存在していないでしょう。私・岸田を含めて、日本の政治家全員に愛国心など一欠けらもないからです。例えば、自民党の主要国会議員の九割以上が、共産党員・共産主義者か、北朝鮮人か、です。

表1;自民党の幹部は“非・国民のスーパー極左”ばかり

 表1を見れば明瞭ですが、日本が日本国で無くなるのは、時間の問題です。安倍晋三という稀代の狂人は、自分の人気取りのため、福祉バラマキに国債の無限発行をしたく、金融政策ができる中央銀行をぶっ壊してしまいました。日本が財政破綻と経済崩落するのは、もはや不可避です。

 この日本経済の大混乱と破滅状況下で必ず起きる事があります。日本列島に対し、ロシア/中共/北鮮三ヶ国の化学弾頭搭載の弾道ミサイル数百本が雨霰と投下されることです。日本国は一億阿鼻叫喚の中で、このような悲惨な地獄状態で、国家の終焉を迎えます。

 この意味で、本日、日本亡国に尽力された故・安倍晋三のために、ご弔問にご訪日下さいました、各国の高位高官の特別な賓客の方々は、日本送する惜別式典にご参列されたとも言え、これこそ本当の国葬儀でありましょう。もう一度申し上げます。日本送する惜別式典へのご参列を賜りました、世界の特別な淑女・紳士の方々に対しまして、ただただ有難く、ここに深甚の感謝を申し上げる次第です。

日本国“亡国”/日本民族“死滅”促進委員会委員長   岸田文雄                                         

(2022年9月2日記)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。