「満蒙開拓団」関連の文献解題──読者からの問合せへの回答

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 8月26日upの「朝日新聞8・15キャンペーン批判」の中で、角田房子『墓標なき八万の死者』を紹介したことで、読者から、「満蒙開拓団」関連の文献解題をして欲しいという手紙をもらった。この手紙を見ながら、“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”につき、これまで失念していたことをふと思い出した。満蒙開拓団を含め在満洲一般邦人の地獄史は、①これから三十年以内に日本列島上で起きる事の近未来の歴史の映像・光景であって過去の歴史ではないと、これまでかなり注意喚起してきたつもりだが、もう一つの警告を忘れていた。

 ロシアと中共は、1992年から既に三十年近く、“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”を日本列島に再現させるべく、十七年間(1928~45年)の満洲に絡む“逆走と暗愚の日本の対外政策”を研究し、日本にそれを繰り返させ、②近未来に、日本みずからが“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”に向けて爆走するよう、日本の新聞テレビ完全支配を通じて、日本を誘導し煽動している。この戦慄するほどに恐ろしい現実を直視せよ/気付けよと、日本人に警告するのを忘れていた。

 霞が関の赤い官僚も赤い学界も赤い新聞テレビ出版界もすべて、ロシアと中共の完全支配下にあり、両国に操られるままに、日本人がみずから“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”に爆走しているのを気付かせないようにしている。「ここ三十年以内に、一億日本人を集団自殺と日本国滅亡に追い込む」ための、ロシアと中共が奏でる(朝日新聞やNHKを通じて)“ハーメルンの魔笛”に、日本人が覚醒し払拭できる特効薬が一つだけある。“満洲の1945年の生き地獄”に至った歴史を省察し、1928年から1945年に及ぶ十七年間の、日本の狂った逆走対外政策(外交と軍事)を歯噛みしながら自省・自戒すること、それが日本人が日本を取り戻す唯一の選択肢である。

“「満蒙開拓団」関連の文献解題──読者からの問合せへの回答” の続きを読む

日清・日露戦争は“善の戦争”、大東亜戦争は“悪の戦争” ──正義の“国防”戦争を、“祖国叛逆”共産革命戦争に含める朝日新聞

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

【初めに】

 久しぶりに長期休暇をとった。「8月1日から19日まで」だからほぼ三週間。8月20日の朝、作業室の机(両袖机二台連結)の脇に二十日分の朝日新聞が積まれており、そのチェックから夏休み明けが始まった。

 朝日新聞は、祖国日本を憎悪し、日本の転覆・破壊・消滅を図るヴァンダリズムの祖国叛逆に、一般国民を誤導・洗脳する記事のみを書く。この朝日新聞固有の特性は、1910年の(日本人の朝鮮人化《=嘘つき病罹患と下劣粗暴化》を狙った)韓国併合キャンペーンをはじめ、1906年以降、百年以上も変ることがない。朝日新聞には、“報道機関の新聞”の匂いも姿勢も皆無。それこそが、朝日新聞。

 しかも、朝日新聞の現在の社是は、日本国を「多民族共生社会」に改造し、しかも、その実態は「共生」ではなく、(現在のウィグル族やチベット族が漢民族の奴隷になっているのと同じ)少数民族・日本人を侵入する他民族に支配させ「奴隷化」する“地獄の新日本づくり”を目指すこと。オウム真理教の残忍残酷よりはるかに残虐・暗黒の、日本憎悪教を狂信する“狂気と殺人(「未生の日本人年間100万人以上殺戮」のこと)の超カルト宗教新聞”『しんぶん赤旗』の丸写しだから、当然だろう。朝日新聞を読めば、日本人の人格から“日本”が抹殺され生物学的ヒトに変態し、日本国をロシアと中共に献上して祖国日本を消したくなる自国破壊・廃滅に走り出す。

 かくて、毎年8月のお決まり「朝日」煽動洗脳記事は必ず、これからの日本人の絶滅(絶滅危惧種的な少数民族化)と日本国を漢民族とロシア民族に献上する方向への最後の仕上げが目的の、オウム真理教の「アルマゲドン」の百万倍も狂気の、共産党が祈祷する“悪魔のカルト宗教経文”「戦争反対!」「核兵器反対!」ばかりで埋め尽くす。

 夏休み明けのブログ第一号のテーマとしてはありきたりで恐縮だが、祖国憎悪「反日」教を狂信する気狂い達が絶叫調で踊り狂う、カルト宗教経文「戦争反対!」「核兵器反対!」を、一刀の下に斬り捨てることにしよう。

“日清・日露戦争は“善の戦争”、大東亜戦争は“悪の戦争” ──正義の“国防”戦争を、“祖国叛逆”共産革命戦争に含める朝日新聞” の続きを読む