SDGsは、マルクス『共産党宣言』の丸写し──新生児数“大激減”で亡国100%の日本が「持続可能」だって???(大爆笑→大公憤)

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 首相の安倍晋三が、今すぐ、総理補佐官に任命しなければならない人物がいる。ポストは、度外れに最不適格な総理補佐官の“尾崎秀実の生れ変り”長谷川榮一を解任すれば空く。この人物とは、国籍がウクライナのグレンコ・アンドリー氏(以下、敬称略)。総理補佐官のポストが仮に国籍に厳格ならば、私設の総理補佐官として、その給与は安倍晋三の議員歳費から出せば済む。

 グレンコ・アンドリーは、12月7日付けtwitterで、こう述べている。

“SDGsは、マルクス『共産党宣言』の丸写し──新生児数“大激減”で亡国100%の日本が「持続可能」だって???(大爆笑→大公憤)” の続きを読む

中川八洋教授「特別ゼミ」開催のお知らせ テーマ;「朝日新聞の“猛毒ドグマ”《多様》《共生》《SDGs》を日本から一掃せねば、日本の“国家死滅”は不可避」

 上記テーマの三時間ノン・ストップゼミを、下記要領にて都内ホテルにて開催することになりましたので、お知らせします。当該ゼミがいかに緊急に重要なものかは、中川八洋教授作成のレジュメをお読み頂ければ、一目瞭然です。ただ一言。

 ロシアが“独裁”共産党を追放し東欧が解放されたのに(1991年末)、日本のみ世界の潮流に逆走し、1992年から“世界の奇観”日本社会の共産化、及び次代の日本人に対し生体手術的に(超アパシーな夢遊病者型人間への)残酷・残忍な人格改造をする、二つの革命を過激に推進しています。“レーニンの亡霊”が支配する悪魔の地獄で笑い転げる「“赤い狂人”になった日本人」と言えます。

 しかし、良識ある保守日本人が、仮にいても、これに気付くことはありません。日本人の知的劣化と人格的粗暴化は、世界史的にも空前絶後で、そのような知性も学力も倫理も、もはや存在しないからです。しかも、“赤黒(アナ&ボル)”産経新聞や“共産党の対民族系無能化洗脳部隊”日本会議が、朝日新聞・共産党が促進している過激共産革命に、わずかに残る最後の保守的日本人が気付くことの無いよう、徹底的に盲・聾にする情報遮断(盲目化)の洗脳を行っているからです。

 今般の特別ゼミが解剖するのは、朝日新聞・共産党の“極左ドグマ”「共生」「多様」という“日本を国ごと全面破壊するスーパー劇薬”。及び、共産党語「共生」「多様」を援護する、国連コミュニスト軍団作成の“悪魔の先進国窒息剤”「SDGs」(2015年9月採択)。中川教授は高度に学術的な分析をなさると思います。そして、中川教授が持参される教育現場の多くの資料に、ゼミ参加者全員、卒倒して気絶されることは間違いないでしょう。

 

      記

1、日時;9月23日(月、休日) 午前11時半から午後2時半。

2、場所;都内ホテル

3、ホテル製昼食は各自ゼミ中。中川先生は、昼食抜き。

4、持参すべきもの;次の“高濃縮エボラ・ウィルス”三書

  a マルクス『共産党宣言』、岩波文庫。(事前リーディングをお願いします)

  b ルソー『人間不平等起源論』、岩波文庫。

  c フーコー『性の歴史Ⅰ』、新潮社。

5、ハンス・ケルゼンの価値相対主義も講義予定ですが、事前リーディングや持参はありません。

6、2015・9・25国連採択「SDGs2030アジェンダ」は、インターネットでパラパラ眺めておいて下さい。

7、中川八洋『民主党大不況』第一章はゼミで活用します。持っている方は持参して下さい。

8、afterゼミは、2時45分~4時半。テーマは「安倍晋三《反・国防主義》の代償は、もはや修復不能」。費用は中川先生が負担。

 

      「入ゼミ」手続き

1、入ゼミ希望者は、氏名、住所、固定電話、生年月日、卒業大学・学部名、職業(現所属企業名など)を、次のnakagawamagazine@gmail.comにメールして下さい。期限は、9月12日午後5時。当ゼミでは名簿はなく、またゼミでの本名使用は禁止です。

2、メール受信後、入ゼミ手続き関連の資料を直ちに郵送します。

令和元年9月4日

中川教授「特別ゼミ」事務局長   吉田寿太郎

“中川八洋教授「特別ゼミ」開催のお知らせ テーマ;「朝日新聞の“猛毒ドグマ”《多様》《共生》《SDGs》を日本から一掃せねば、日本の“国家死滅”は不可避」” の続きを読む