警告射撃もさせない“国防否定狂のロスケ”安倍晋三 ──日本領土の中ロ献上を狙い、安倍晋三は“憲法大改悪”に暴走

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 平時・有事ともに日本の国防力を破壊的に弱体化せんとするのが、安倍晋三の“フェイク憲法改正”。ところが、現状より日本の国防情況が大幅に悪化する“憲法第九条の大改悪”を、あろうことか逆さに、「通常の憲法改正」だと思い込んでいる“馬鹿以下の日本人”が、民族系を筆頭に日本人のほとんど。日本人の知的思考の(幼児以下への)大劣化と精神の腐食的アパシー化は、今や、留まるところを知らず。言葉「深刻な重病レベル」では、舌足らず。

“韓国空軍の正しい警告射撃”を批判した“ロスケ”河野太郎と“共産党員”菅義偉

 2019年7月23日は、日本のズサンを越える自衛隊法の深刻な欠陥を露呈させただけではない。常軌を逸した“逆立ち「反日」外交”と“反・国防主義”を主義主張とする、“吉本興業の滑舌芸人”安倍晋三首相が、日本の“固有の領土”を毀損する“敵国人ロスケ”であるのを、またしても実証した。

 その最たるものは、菅義偉と河野太郎に、記者会見で愛国心ゼロを前面に喋らせたトンデモ内容に明らか。両名は、竹島上空の領空を、午前9時頃、二度にわたり侵犯したロシア空軍A-50空中警戒管制機(備考1)に対する韓国空軍の、フレア(曳光)弾発射を含む、警告射撃(バルカン砲360発、備考2)に関し、次のように語った。

(韓国空軍の戦闘機による警告射撃については、)竹島領域に関するわが国の立場──固有の領土である事──に照らして到底受け入れられない。極めて遺憾だ」(菅義偉、注1)

 「この菅発言、余りに奇妙奇天烈だ」と気付いたなら、まともな日本人。「スクランブルした日本の航空自衛隊が警告射撃をしようとしたら、横から韓国空軍が分け入ってきて、先に警告射撃した。けしからん」なら、理に合う。が、安倍晋三内閣は、実際には、航空自衛隊に、「竹島上空の領空侵犯機に対しては、阻止・排除行為をしてならない/黙認しろ(竹島の領空内で、空自戦闘機が飛行するのを禁止する)との命令を出している。そればかりか、竹島周辺には、日本は、防空識別圏すら設定していない。つまり、日本政府は、《竹島上空は、韓国の防空識別圏である》と、公式に認めている。

“警告射撃もさせない“国防否定狂のロスケ”安倍晋三 ──日本領土の中ロ献上を狙い、安倍晋三は“憲法大改悪”に暴走” の続きを読む