これから日本では「“女装LGBT”カレン・ホワイト性犯罪」が多発する。稲田朋美と法務省が目指すのは、この性犯罪「多発」をさらに百倍化すること──立法を急ぐべき“LGBT行政規制法”の核心は、「法務省人権擁護局に対する《性自認の禁止》」だ!

Pocket

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 英国の新聞『ザ・ガーディアン』紙2018年10月11日付けに、現在の日本人が緊急に必読すべき重要な記事が掲載されている(注1)。いわゆる“女装トランス・ジェンダー強姦魔”事件。この犯罪者は男性器を持つ屈強な男性52歳(事件発生の2017年秋現在)で、通称名はKaren White。女装や女性の振り「演技」が抜群で、巧みに法務省・刑務所関係者を騙し誑かし、女子刑務所の囚人になった。そして、収監されている女性受刑者二人を強姦した。

「トランスジェンダーの性自認」認定は医学的に不可能。「性自認」否定が正しい行政

 英国では、受刑者がトランス・ジェンダーを申し立てると、「トランス・ジェンダー委員会」が審査し、女子刑務所か男子刑務所に振り分ける。日本の刑務所は、まだ科学に正しく沿ってgenderを否定して医学的・生物学的な外形上の男性/女性sexに従って収監しているから、英国法務省のような残酷な強姦事件の共犯者にはなっていない。

 この強姦魔の本名はDavid Thompson。彼は狂暴で、性犯罪を含む多くの刑法犯罪歴があるのに、今流行りの「LGBT犯罪者への非難は、LGBTへの差別だ、LGBTへのヘイト・スピーチだ」という逆恫喝の手段をフルに使用した。このような性犯罪を計画している男にとって、女装も、「女性」演技も、「トランス・ジェンダー委員会の委員“誑かし”」も、朝飯前で簡単なこと。ネットにKaren Whiteの女装写真が流れている。一見されたい。女装技術は見事で、歌手のIZAM級である。

 この事件後、英国法務省は国民に謝罪し、Karen Whiteは男子刑務所に移送された。また、イングランドとウェールズの女子刑務所収監の「『女性』詐称トランス・ジェンダー152名」のほとんども、男子刑務所に収容された。

 この事件は、起こるべくして起きた。何故なら、次の鍵カッコ内が学的な常識なのに、Karen Whiteを女子刑務所に収監した法務省が、この学的常識に反した左翼の暴論狂論奇論に従い、“事実を逆さにした安易な行政判定”という大ミステークを犯していたからだ。

「LGBTのうち、レズ/ゲイ/バイセクシャルのLGBと、トランス・ジェンダーのTとは根本的に相異する。前者LGBの性的指向は何らかの方法で客観的に証明できる。一方、後者Tの性的指向と性自認は客観的に証明する方法がない。基本的には、このT自身の自己申告に委ねる他なく、審査側が嘘と誑かしから免れることは困難」

 上記の学的常識に対し、ありきたりな反論が必ず浴びせられる。「トランス・ジェンダーは、精神科医師が診断すれば見分けは可能だ」というお決まり。が、門外漢の精神科医師の診断書など、紙切れ以下。ナンセンス極まりない。何故なら、精神科医だけでなく、それ以前に、医学界にはトランス・ジェンダーだと詐称する性的変質者/性犯罪者予備群の嘘を暴く、医学的な方法が全く存在しないからだ。この分野の研究をする変人医者は、世界中を見渡しても現実には一人もいない。

 先述の、英国の法務省に設置されている「トランス・ジェンダー委員会」は、審査など不可能だから“雑談ごっこのオザナリ会議”に終始した。彼らは「トランス・ジェンダーが本物か偽物かを判定する医学的知見」を持たない以上、そうするほかない。「トランス・ジェンダー委員会」の設置それ自体が、マヤカシの極み。

経産省トランス・ジェンダー事件の高裁判決は正しい。原告に漂う“怪しさ”と不自然

 このKaren White事件ほど深刻ではないが、多少は通じるところのある民事係争事件で、2021年5月27日、東京高裁の判決が出た。共産党員裁判官が下した真赤な一審判決を事実上破棄した常識的な二審判決だった。まだ裁判所に幽かな良心が残っていたのかと、私はホッと安堵した。

 原告は、医学的に男か女かを判定できない自称「女性」の経産省下級職員(現在50代)。戸籍が「男」だから、男性器を有している。「小」の時は男性トイレの方がはるかに使い易い。女装ではなく、男装か中性服で出勤すればなんでもないこと。なぜ女装に拘るのだろう。革命闘争だからか?

 2010年頃から女装で出勤し、2015年、勤務フロアの女子トイレ使用を求めて訴えを提起したこと自体、異様を極めて不自然である。2010年、経産省が女装を認め、また二階以上離れた別フロアの女子トイレ使用を認めたのは、そこなら、男性器を持つ女装男だと知られていないから、「キャー、女装のおかま! 助けて! レイプされるッ」の絶叫事件は起きにくいと賢明にも考えてのことだろう。

 だが、経産省のミスは、この2010年に「退職勧告→解雇」をしなかった優柔不断さにある。2010年なら「退職勧告→解雇」ができた。理由は二つ。第一。1990年頃に採用されたのは男性職員としてである。女性職員への切り替え要求は採用条件違反に当り、「女装」不了解を通知して解雇できる。

 第二。男性器を有したままでの女装は性的変質者や性犯罪者予備群の可能性が高いから、「性別適合手術で男性器を切除しない限り女性職員への切り替えはできない」と雇用者は主張できる。即ち、原告がこの手術を拒否した時点で自動的に解雇できた。

 なお、今も、この原告は男性器を有している。そもそも、男性器を有する者の女性トイレ使用は、二階以上離れたフロアとの条件付きでも認めてはならない。「Karen White強姦事件」を想起すれば常識。今からでも遅くない。解雇すべきである。

 当該高裁判決は、「使用できる女性トイレを二階以上離れたフロアとの条件付きにしたことは、適法で、差別には当たらない」とした。この判決自体は正しい。が、判決文の中に不適切な指摘が一つある。高裁判決は判例になるので、看過できない。「性自認に基いた性別で社会生活を送ることは法律上保護された利益」と、悪魔ジョン・マネーがデッチアゲタ“反医学の狂語”《性自認》を認めているからだ(注2)。法学的に正しい高裁判決は、こうあるべきだった。

「社会生活は隅々に至るまで慣習とその尊重があって平穏に営まれているもので、このためには皆が医学的・生物学的な《性sex》に分かれて人生を送ることが原則。一方、《性gender自認》は反・医学的/非・医学的すぎるもので《保護される利益》に当らない。司法は反・医学を容認する立場にはない。即ち、《性自認》を理由とする差別が立証されることは決してないのだから、これを理由とする差別を訴える事自体、失当である。」

 しかも、医学的にも客観的にも決して証明されない「性自認」は虚偽の可能性が高く、「性自認gender-identity」に基づく性sexを、司法・立法・行政の三権は認めてはならない。邦訳ではgender/sexいずれにも漢字「性」を宛てる。ために、この分野に無教養である裁判官は安易に「同一だ」と錯誤する。が、genderとsexは、英語では明瞭な別語であるように、天と地ほどに異なる。

 Sexは医学的・生物学的に確定する科学的な「性」。一方、genderは、「《性》は社会が人民裁判的に自由に改変できる」を含意する気狂いの妄想と同類。ために、genderの性は、行政や司法が医学を改変する絶対神となって勝手に定め得るとする。このように、医学的な性sexを、反・科学に浮遊させる社会解体の麻薬語が、狂語genderの本性。現実にもこの政治的目的で造語された。

 経産省は、日本国における“科学、この場合は医学”を護る法的大義を護持する責任において、「判決文にある《性自認》を裁判所が認めたのは違法」と、主張する上告を急がれたい。

自民党よ、党決定に叛乱・暴走する“コリアン共産革命家”稲田朋美を「除名」せよ

 5月28日に自民党総務会が今国会での法案提出を見送った“共産党製LGBT神格化法(=一般国民をLGBTに叩頭拝跪させる法”に対して、稲田朋美は、この党決定を平然と無視し叛乱を恣にしている。しかも、稲田は共産党のLGBTと連動する最極左の日本国絶滅革命運動の色合いが濃い。

 まず稲田は、翌29日、twitterに四分間の動画を掲示し、「一般国民を、共産党指揮下のLGBTに叩頭拝跪させる法を成立させるのが自民党としての責任」だと煽る。まさに共産党の市民運動家と同じ内容のアジ。次。幹部全員が北朝鮮人と共産党員のみというTBSが、5月31日、この対自民党クーデタである「稲田twitter」を長々とニュースで報じた。「稲田が共産党とグル」「稲田が日本の全ての『在日』北朝鮮人とグル」なのは、誰が見ても疑う余地がない。

 実際にも、稲田朋美こそが、簗和生・衆議院議員と山谷えり子・参議院議員の非公開である党内会議での発言を嘘偽りを混ぜてマスメディアに流し、共産党LGBT革命運動団体をして興奮させ、簗和生“吊し上げ”/山谷えり子“集団リンチ”をさせている張本人である。

 経緯を振り返っても、2015年に共産党本部の命令で始まった“LGBTによる日本解体革命”の一翼を、稲田が担っていることは、表1を見れば一目瞭然。日本におけるLGBT運動は、2015年秋から2016年春にかけての三大嚆矢で開始された。この一つが、稲田朋美による自民党内に唐突な「性的指向・性自認に関する特命委員会」の設置。「性的指向」も「性自認」も共産党語。この2016年春時点、自民党議員は全員、聞いたことのないこの両語にポカンだった。

表1;“LGBT運動による日本解体”開始は2015年

 自民党は、共産党秘密党員・稲田朋美に対し、その本籍通りに共産党に移籍させるべく、急ぎ自民党を除名すべきである。国会議員の本籍住所と現住所は一致しなければならない。稲田朋美の間違った現住所は糺さねばならない。

日本人への”LGBT暴乱”を企て煽動一路の朝鮮労働党(北朝鮮共産党)員・岩田温

 この稲田クーデタtwitter動画を検索していたら、“北朝鮮の対日工作員”岩田温が、この稲田クーデタ動画を大宣伝していた(岩田twitter、5月30日午前11時頃)。岩田と稲田は共に、大嘘付きが上手な北朝鮮人同士。しかも、ともに日本憎悪/日本解体/日本国死滅に驀進している凶悪な反日極左革命家(注3)。仲睦まじいのは当たり前。別に驚くことなどない。また、双方の本名は「田」で、三代遡れば同族の可能性もある。そう思って消去しようとした時、岩田twitterの驚天動地のトンデモ文面が飛び込んできて、思わず読んでしまった。

「最近保守派から袋叩きの(教条的な共産主義者である)稲田先生。『裏切られた! 左翼だ!』等々の意見も聞く。でも保守というのは、弱者を否定する強者の論理ではない。大切なもの(意味不明な抽象語)を守りながら、漸進的に世の中をよりよい世の中に(革命、改造)していく思想だ。私は(共産党と連携した熱烈な稲田朋美応援団長だから)安易な稲田批判には与しない」(丸カッコ内中川)

 “保守”とは、「漸進的に世の中をよりよい世の中にしていく」などという、共産主義者・社会主義者に特有な発展史観を有さない。180度逆であって、保守は、このような発展史観を“狂ドグマ”として全否定する。例を挙げる。騎士団に囲まれたエリザベス女王陛下の16世紀封建時代という、二百年前の英国に理想の政治を観るバークは、1789年以降の英国が革命フランスのような「ジャコバン党独裁の全体主義体制」にならぬよう、世界的古典『フランス革命の省察』(1790年)を書き、英国国民に危機の到来を警告した。“保守”とは、未來の自国に破局や破滅が到来しないよう、この最悪事態をもたらす危険な思想や制度の流入や創造を除去する、過去を保守する思想や政治に立脚する精神を指す。

 1787年頃、ハミルトンとジョージ・ワシントンは、1629年の『権利の請願』が英国国王に献策された頃の英国封建時代の最後(150年前の英国)を理想国家に描き、王制を有さない新生の米国が大衆を政治参加させるデモクラシーで無法状態となって空中分解するのではないかと恐れ、徹底した制限democracyを導入した。「米国の未來が、より良い社会に進む」など、「米国の建国の父」ハミルトンもワシントンもジョン・アダムスも、一㍉も描いた(妄想した)ことはない。米国憲法が13世紀のマグナ・カルタへの回帰を訴えているように、保守とは、未來に絶望状態の到来を危惧し恐怖し、その防止と回避に努める思想だからだ。マグナ・カルタは、米国の自由を護る秘薬だと考えられている。

 ところが、政治学の基礎知識も学問業績も全くゼロの“真赤な嘘職業”「政治学者」を詐称する犯罪者的コリアンで対日偽情報工作員の岩田温は、“保守”を共産主義者・社会主義者に摩り替える。

 何故なら、漸進的であろうと急進的であろうと「未来のよりよい社会に向かって進め!」は共産主義者・社会主義者に固有な思想。“保守”は、この逆の発想者。岩田は“保守”を逆立ち転倒させ、あろうことか「“保守”とは共産主義者」だと平然と“狂”定義している。

 稲田朋美LGBT法案をケースとして説明しよう。稲田LGBT法では、LGBTは「弱者」となってはいない。LGBTの方を、一般日本人が拝跪し崇拝すべき「絶対強者」(=「絶対神」)に祭り上げている。

 そして、LGBTのなす性犯罪や日本解体運動や日本民族の慣習破壊を促進させるべく、邪魔する者は「差別だ!」の殺し文句一つで排除する、暴力革命煽動と“無法”の導入が法律の骨格。

 つまり、言論でも民事訴訟でもLGBT批判を封殺できるようにする目的で、LGBT神格化の法律が考案された。この法案は、“暗黒の全体主義国”日本づくりがあからさまな目標なのは、かくも明らか。今般、自民党内の「保守」とは言えない“凡庸な常識派”議員が一斉に立ち上がったのは、この法案によって、「LGBT様を差別したな!」と、これからはLGBTに罵倒され虐げられる一般日本人の余りにも酷い惨めな情況が起きるのを感得したからで、「弱者」たる一般日本人を「極悪の強者」たるLGBT運動・行政(悪魔の強権力)から未然に守るための“義”に従った行動であった。

 ところが、金正恩の朝鮮労働党がバックなのを鼻にかけ、“日本人騙しの天才コリアン”岩田温は、この「弱者」と「強者」を朝鮮人らしく、サッとすり替える。「弱者(=LGBT)を否定する強者(=一般日本人)の論理は、保守ではない」と。だが、「弱者(=一般日本人)を凶暴な強者(=共産党が全面的に主導するLGBT共産革命運動)から守らん」とした凡庸な自民党議員たちは、ここで初めて保守になったのである。

 保守とは、このように、未來が今より悪化しないよう現在と過去に拘る政治的立場のことで、未來に起きる「自由、生命、財産」侵害や絶望の事態の到来を極力防止する行為をなす者の考えを指す。コリアン岩田温のtwitterは、「横田めぐみさんを拉致しておいて、日本側を非難し続ける北朝鮮の論理」を見事に再現し踏襲している。「在日」北朝鮮人は、万が一にも日本人に同化しない。

 共産党の諸団体と同じく「稲田朋美“日本赤化”LGBT法」に心底共鳴しそれを推進している岩田温を、真正の日本国民は、稲田朋美ともどもピョンヤンに追放することを真剣に決行すべき時である。また、「在日」北朝鮮人たちが磨きをかけている、さも“日本人愛国者”かに演技する擬装術についても、日本人はもう少し真剣に知るべきだろう。日本人よ、日本国を北朝鮮人の毒牙から護るのは日本人だけだと自覚したまえ。

 毎8月15日、靖国神社に参拝し日本人を誑かしてきた共産党秘密党員・稲田朋美にそっくりな岩田温は、民族系日本人に成り済ますべく、結婚披露宴で“特攻隊の遺書”を読み上げた。これを聴いたとき、私は神棚に祀る“英霊”特攻隊の御霊に深く詫びた。好きな女性もいただろう17~21歳の若者が、結婚もできないまま海の藻屑と殺戮されたのが、“非人間の所業”「特攻隊制度」。コリアン岩田温は、日本人若者“特攻隊の英霊”を侮辱し嘲笑すべく、わざわざ自分の披露宴を選び遺書を詠んだ。

保守が守るべきは、民族の慣習(自生的制度、道徳などの“法”)と確立された科学(特に医学)

 岩田twitterは、岩田温が偽情報工作のプロである端的な証拠を提示する。「大切なものを守る」と言いつつ、何が大切かの具体的に守るべき物に言及していない狡猾が、それ。これはまた、岩田が北朝鮮人であって、日本人には守るべきものなど一つも無いと考えているからでもある。つまり、岩田は、「日本人よ、何一つ守らず、野垂れ死ね!」と、言外で叫んでいる。

 日本国民が命を懸けても守るべきものがある。第一が、祖先が遺してくれた民族の慣習である。次が、確立された科学である。この慣習の中でも最重要なものに、天皇制度や国語の言語体系や結婚・家族の慣習などの自生的秩序がある。また、道徳感情や法的正義観は、祖先からの最高のプレゼントであり、我々日本人は胸に抱いて守り抜かねばならない。

 確立された科学の中でも尊重されるべき最筆頭は、日本国民の生命や経済を直接左右する医学である。正しい医学の護持は、戦時における人命防護を最大化するし、平時においては国民の「自由、財産、生命」を最大限に擁護する。が、日本は世界で最悪最凶に医学を尊重せず医学を愚弄する、世界随一の“野生ザル以下の野蛮人”に成り下がった。

 現実に今2021年、ゴリゴリ共産党員で“黒魔教の狂教祖”尾身茂という凶悪殺人鬼的な似非医者が政府中枢を乗っ取り、また“死神知事”小池百合子を支配し、テレビ新聞はこれを英雄視し日本国民を非・医学/反・医学を極めるスーパー野蛮な暗黒へと誘導している。なお、尾身茂は自治医大に入学すると一年生で民青のリーダーになり、以来、一貫して厚生省の共産党細胞を率いた男。

 日本の新聞テレビにおいては、共産党の命令に背いた良識ある報道などできないシステムになっている。武漢コロナに関し常軌を逸した日本の“反・医学”きわめる報道は、初めから日本国民を騙して日本経済の破壊と貧困化を促進するのが目的である。

 この事は、人畜無害なセシウムしか排出しなかったのに、このセシウムを有毒なストロンチウムやプルトニウムに摩り替えて、福島県人に対して2011年5月から数年に及ぶ強制避難=強制故郷剥奪/強制連行をさせた、人類史に類例のない“大規模人権侵害の国家犯罪”を思い起こせばよかろう。日本とは、反医学の狂気に踊る“世界一の狂人国家”である。日本の新聞テレビとは、レーニンやスターリンの6600万人自国民殺戮を事実上再現して快楽している“悪魔の殺人鬼”機関。日本のジャーリストは一人の例外なく、全員、精神病院に強制入院させるべき狂人たちにすぎない。

 この福島セシウム強制連行事件を反省も糾弾もしないから、十年を経ずして2020~1年、自然免疫力が強い日本人に限っての例外だが、欧米の五十分の一以下しか死者を出していない日本では五類が適正な軽いインフルエンザ相当の武漢ウィルスで、政府が巨大暴力団となって無実の罪で飲食店を大量に倒産・廃業に追い込むバカ騒ぎに国あげて狂乱し続けている。もう一度言う。日本は世界で最も野蛮で未開な、反・医学に狂う狂人国家である。

 さて、LGBT共産革命運動における「性自認」も、上記の福島県人“大規模強制連行/故郷剥奪事件”や“武漢ウィルス日本経済大破壊ごっこ”と同種で、反・医学に狂う狂人国家・日本の反・医学“阿波踊り”。岩田温が、守るべき大切なものとして具体的に医学をあげないのは、日本国“反・医学”の総司令部・日本共産党のLGBT運動の一翼を担っているからである。

 同様に、岩田温が、日本が守るべき大切なものとして、“神の如き智慧の大宝庫”「民族の慣習」に言及しないのは、慣習「正常者は《見て見ぬ振り》(寛容)をし、対するLGBTは《秘める(カミング・アウトしない)(自制)」を持ち出せばLGBT問題など一瞬で完全解決してしまうからである。岩田温は、LGBTを革命の尖兵にして日本社会の自爆的な溶解と性犯罪の大増加を想像してはほくそ笑んでいる。

 日本国ならびに真正の日本国民は、北朝鮮人・岩田温を反面教師として、LGBT共産革命運動を、根底から粉砕しなければならない。もし、そうしないならば、日本は大切に守るべき偉大な慣習と正しい医学を喪失し、日本国は死滅へと向かう。その行き着く先は、日本人が国家無き/領土無き地球放浪者(ディアスポラ)となって、日本人の究極における絶滅である。

 

1、『The Gardian』紙、2018年10月11日付け。報道記事タイトルは、Karen White:How Manipulative Transgender Inmate Attacked Again。

2、『朝日新聞』2021年5月28日付け。

3、岩田温の素姓や思想本籍を分析したい読者は、まず次の共著二冊を、共著者の素姓調査と内容の詳細分析から始められたい。

① 安田浩一/古谷経衡/森鷹久/岩田温『ヘイト・スピーチとネット右翼 先鋭化する在特会』、オークラ出版、2013年。

② 篠原常一郎(党籍がある共産党員、ロシアKGB工作員)/岩田温『なぜ彼らは北朝鮮のチュチェ思想に従うのか』、育鵬社、2019年。岩田温は毎朝、金日成のご真影に拝礼している、という。

                                                (2021年6月1日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です