ウクライナ侵略の“軍資金稼ぎ”ロシア・バレエ団の入国禁止を阻んだのは、鈴木貴子?西村康稔?岸田文雄? ──頑張れ!“正義の志士”スルシンスキさん。ウ民族“皆殺し”のテロ国家ロシアと国交断絶しない日本政府こそ、“反・人道”“反・国際法”の無法者

Pocket

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 ウクライナ国民を殺しまくる侵略軍資金を稼ぐべく、ロシアから“他民族殺人”が三度の飯より大好き血塗られたロシア人(ダンサー)八十名が、日本に傍若無人にも乗り込んできた。この恐ろしい無法ロシア人たちは、ウクライナ侵略・殺人軍資金を、東京の新宿で、10月17日、荒稼ぎした。その場所が、「新宿文化センター」。今後、新宿文化センターは、名称を「侵略ジェノサイド歓迎センター」に変更すべきである。

 このロシア人八十名からなる対日“目晦まし”団とは、日本では無名のモイセーエフ・バレエ団のことだが、それはプーチン政権の国営。民間団体ではない。今般の来日公演は、形式的にはコロナで延期してきた過去の企画かのように把握してはいけない。プーチンが2022年2月24日にウクライナに侵略を開始した後の対日工作活動の一環として様相を新たにしたものだからだ。

 故に、練り直した企画のこの公演は、KGB第一総局(SVR)の一部局「ロシア連邦文化協力庁」日本支局長I・チトフ(KGB第一総局大佐)が、2021年秋から精力的に工作し直している。特に、自民党政界と外務省“籠絡”には、相当に綿密な根回しをしている。

 なお、プーチンが対ウ侵略戦争を決定し、ウクライナに最後通牒を伝えたのが2021年7月12日。プーチン論文「ロシア人とウクライナ人との歴史的統一について」は、今でこそ世界の常識になったが、これこそ紛れもなく対ウ宣戦布告文。つまり、チトフの対外務省/対自民党の根回しは、宣戦布告文「ロシア人とウクライナ人との歴史的統一について」を念頭に、この後に行われた。対ウクライナ侵略の最中に日本に送り込む心理作戦の(軍事力を代替する)前衛部隊が露バレエ団だった。

(備考)ロシア外務省もロシア文化省も、KGB第一総局の下部機関。ロシアの芸術団体・教育機関は、全てKGB第二総局の直接の下部機関かその監視下。これは宗教も同じ。ロシア正教のモスクワ総主教キリルは、1980年代、レニングラードKGB第二総局お雇いの末端神父。モイセーエフ・バレエ団も、その訪日公演中はKGB第一総局の厳格な監視下にあった。亡命防止は、「在日」第一総局の主任務。ロシアには、外国人と自由に接触する学者や芸術家は、一人もいない。ロシアには、民間交流など一㍉も存在しない。絶対に許されないからだ。例えば、仮に学者が許可なく外国人と交流すれば、大学を直ちに罷免され、懲役十五年は免れない。日本のNPO「日ロ交流協会」も、ロシアKGB第一総局が運営するロシア政府機関である。

“ロシア大量殺人「資金稼ぎ」”来日公演に全力協力したKGB自民党議員が西村康稔/鈴木貴子

 ロシア駐日大使ガルージンとKGB第一総局将校チトフは、ウクライナ侵略後に起きる日本の反ロ感情や反ロ世論を沈静化する手段として、ロシア民族舞踊のバレエが専門の、日本では有名でない「モイセーエフ・バレエ団」を訪日公演させるに、自民党の国会議員にこの公演の便宜を図ってくれと頼みこんだ。それが西村康稔と鈴木貴子。両名は自民党でも悪名高きKGBロスケ。

 鈴木貴子は、親ロ主義者・岸田文雄の肝いりで、2021年11月、外務副大臣になったばかり。が、北朝鮮人の鈴木貴子は父親譲りの強引さで、外務省に「モイセーエフ・バレエ団」の後援名義を出させた。岸田文雄とは中共の対日工作員の大国賊だが、KGB第一総局とも昵懇。だから岸田は、鈴木宗男の娘・貴子とも仲がいい。

 「モイセーエフ・バレエ団」来日公演に様々な便宜を図った国会議員が、もう一人いる。“自民党KGBの新ボス”の西村康稔。西村康稔は、自民党内ロシアKGB細胞「日ロ協会」の理事長で、モイセーエフ・バレエ団「来日」の影の立役者。尚、日ロ協会の顧問に、札付きKGBロスケ森喜朗と鳩山由紀夫がいる。天然ガス採掘の「サハリン2」から当然の日本撤退が今尚なされないのは、この西村康稔が経産大臣として仁王立ちになって、撤退阻止を命じたからである。三井物産は、暴力団的なゴロツキ西村康稔が怖くて「撤退できない」と愚痴っている。

KGBロスケ女優・栗原小巻が今般のバレエ団来日で暗躍。77歳になった元気すぎ女の赤い老害

 私の世代では、日本の共産党員女優ワースト・スリーと言えば、瞬時に「吉永小百合/栗原小巻/倍賞千恵子」を思い出す。が、KGBロスケ女優と言えば栗原小巻と、正しく連想する者は、今ではすっかりいなくなった。1970年代の常識は、五十年近くが経つと、遠くなりにけりである。

 1970年代、私より二十年ほど年上だが、まだ反共反ロの“本物の保守”がかなりいて、栗原小巻の映画「モスクワわが愛」(1974年)「白夜の調べ」(1978年)に対し、「栗原をシベリアに追放!」と怒り狂っているお爺さんに出くわすことは珍しくなかった。この二本の映画は、実際にも、1979年12月末のアフガン侵略の前、日本人を油断させるため、KGB第一総局が対日プロパガンダとして創った映画。札付き日本共産党員でKGBロスケの栗原小巻は、当然に、その主演に抜擢された。

 それよりも、栗原小巻と言えば、あの凶悪な共産党員・千田是也が監督する映画で主演女優だったことが多く、われわれの世代では、栗原小巻には小林多喜二が重なっていた。なぜなら、日本共産党員・小林多喜二とドイツ共産党員・千田是也は無二の親友。小林のデスマスクは、千田が作成。千田是也は、治安維持法で獄中にもいたはず。

 映画監督は日共党員が多いことは、映画「男はつらいよ」の山田洋次がその好例。この映画に出てくる俳優は、渥美清や倍賞千恵子など、過半が共産党員。「男はつらいよ」を鑑賞する日本人は全員、シベリアに追放すべきだと、私は、ずっと息巻いてきた。同様に、千田是也の映画に出演する男優・女優も反日極左がほとんど。反共の米国軍人ウィロビー少将が1946年に嘆いたように、戦後日本は、治安維持法を決して撤廃すべきではなかった。

 戦前1932年の5・15事件以降、日本とは英米とは真逆に、ロシアの対外侵略万歳を国是としてきた。スターリンの命令に従ったアジア共産化の大東亜戦争こそは、ロシアの対外侵略の一翼を担ったもの。ために、大東亜戦争を総括し全否定しない以上、日本がロシアの属国であり続ける基盤に揺るぎは生まれない。話を戻す。モイセーエフ・バレエ団「訪日推進」委員会が、2022年1月21日に発足したが、その時のメンバー(「モイセーエフ・バレエを支える会」役員)は、次の如く、札付きの共産党員とKGBロスケばかり。二名を除き表1をわざと空欄にしているのは、読者に空欄穴埋め作業の宿題をしてもらうため。

表1;「モイセーエフ・バレエ」を強引に日本公演させる「反ウクライナの会」役員

新宿文化センターで露バレエ団に抗議した日本人が、「たぬき in ウクライナ」氏たった一人!?

 “血塗られた悪魔ロスケ”と呼ぶべき侵略資金稼ぎロシア・ダンサー八十人(日本の入国関連法では合法ではあるが)(国際法の法的正義における)無法入国”に対し、現場に飛び込んで抗議をした日本人が、「たぬき in ウクライナ」氏一人しかいなかったことに、私は愕然と衝撃を受けた。同時に、日本国とは、スターリンの命令に従った日本共産化クーデタ1932年5月15日以来、九十年間、一貫して“ロシアの属国”であり続けて今に至っている(私の学術的理論通りの)現実を再確認した。

 「たぬき in ウクライナ」氏の、17日と19日の公演後twitterが、次の1と2。無気力と極左人士への(学校教育とマスメディアによる洗脳情報で)人間以下に改造されてしまった一億日本人の中にも、「たぬき in ウクライナ」氏のような、毅然と屹立して古来からの日本人としての正義と勇気と真実の道徳性を堅持しておられることに、本当に頭が下がるし、感謝に尽きない。神棚のお札にしたい至上の尊敬の念が、同氏に対し、自然と湧き起こる。「たぬき in ウクライナ」氏は、次にようにtweetした。

1、10月18日午前0時6分

「一人抗議に(新宿文化センターの前の道路)行って来ました。嘲笑してくるロシア人関係者や、励ましの言葉を下さる日本人の女性が印象的でした。大半は無視でした。そりゃそうか」。

2、10月19日午後9時46分

「今日は関内ホール前で抗議をしてきました。無言で(ウクライナの)旗を掲げるだけですが、ロシア人若年女性観客から《なんのつもりだ》と怒鳴られ、日本の中年男性観客2名から《そもそもウクライナが悪い。ブチャもフェイクだ。お前は恥を知れ》と罵倒されました」。

「僕はこれまでウクライナ国内にいた為、ウクライナへの罵倒をリアルに見たことがなかったのです(現実に体験したことがない)。今日初めて(ウクライナ罵倒の)言葉を受ける事で、《ロシアプロパガンダを盲信する人》というのを極めて立体的に感じ取れるようになりました」。

「やはり、ロシアのプロパガンダは成果を上げています。(ロシアの対日プロパガンダ・洗脳が)初対面の相手に罵声を浴びせる程の行動を呼び覚ましている点が興味深いです」。

 「たぬき in ウクライナ」氏の偉大さは、このtweet内容、それにあるのではない。「たぬき in ウクライナ」氏は、たった一人で、一億日本人が国挙げてなすべき正義の顕現を敢然と実行された、その行動こそ、この「偉大」という言葉で包まれるべきだ。彼の勇気と美徳は、ありきたりの称讃の言葉では足りない。私も、大きなプラカードを掲げて、同氏の下に馳せ参じるべきだったと、今では忸怩たる自省に駆られている。

 このプラカードの文言は、一案だが、「日本から出て行け! ウクライナ人“大量殺人”ロスケども!」であり、「岸田文雄よ、ロスケ全員を入国禁止せよ」などになっただろう。

 なお、日本政府の対ロ制裁に沿うならば必ず入国禁止を断行すべき対象のロシア・バレエ団の、この入国禁止がなされず、彼らが盗人然と行った公演場所が、次の四ヶ所。

表2;露バレエ団の公演場所

ロシアは侵略と芸術文化が不可分な野蛮国。ヘルソン州立オーケストラの指揮者を射殺したロシア

 上記10月17日の公演後、ロシア第一総局の下部機関NHKは、それについて首都圏ニュースで報じた。タイトル「ロシアの国立バレエ団来日 東京・新宿で公演 批判の声も」の首都圏News Webがそれ。NHKとは日本人から受信料を収奪するロシアKGBの一機関だが、この悍ましい実態を裏付ける内容の報道であった。

 なぜなら、KGBロスケで極悪共産党員の長塚英雄の対日本人“騙し”プロパガンダを、NHKはそのまま拡声器となって、プロパガンダ増幅をしているからだ。NHKの長塚発言引用が次。

「政治と芸術は分けて考えるべきだ。(ロシアが侵略という国際法違反を犯した)厳しい情勢の時だからこそ、(日本人に黙らせる/目を瞑らせる目晦まし麻薬として)文化芸術の交流が大事ではないか」。

 長塚英雄には、共産党の直営出版社「生活ジャーナル」からの『新・日ロ異色の群像──文化相互理解に尽くした人々』等がある。この本の主張は、荒唐無稽で悪質な大嘘話を前提。ロシアが万が一にも他民族の文化を理解することはないのは、ウクライナ文化を一欠けらも認めず、その抹殺と破壊をしている、現在遂行中の侵略戦争を見れば一目瞭然ではないか。

 また、長塚英雄は、悪辣きわめる人格の持ち主なのだろう、日本人をシベリアで六十万人ほど殺し尽くし、満洲で二十五万人以上の日本人婦女子をレイプ・餓死・凍死で殺しまくったことを、ロシアの日本文化理解だとうそぶいている。悪逆非道のサイコパス長塚英雄の言辞をもって、戦争資金稼ぎのロシア・バレエ団の無法入国を正当化せんとするNHKとは、殺戮を快楽する悪逆非道な戦争犯罪を、その報道の指針としていることになる。

 芸術文化は、平和の産物であるべきは言うまでもないこと。不正義の侵略やジェノサイドを遂行するために、あるいは隣国にこの侵略国の悪魔のような戦争犯罪を忘れさせるための、残虐な戦争遂行を隠す煙幕としての芸術文化はすべて否定されるべきである。ロシアの芸術とスポーツの全ては、経済と同じく制裁され叩き潰されねばならない。少なくともそれらをロシア国境の外に出してはならない。

 この意味で、日本政府がすべきことは、このロシア・バレエ団が手にした日本人からの現金を全て没収し、それをロシアに惨殺されたウクライナ人の遺族に送ることであった。それなのに、あろうことか、“中共一辺倒の赤い総理”岸田文雄は、血塗られたロシア・バレエ団を入国させ、それが手にした外貨を没収しなかった。岸田文雄とは、残忍非道なロシアの戦争犯罪に与した“戦争犯罪の共犯者”であり、すぐにも総理の座から降さねばなるまい。

現実と国際法と道徳に適う正論を吐くウクライナからのスルシンスキ氏に、日本人は耳を傾けよ

 在日ウ人ボグダン・スルシンスキ氏は、この血塗られた戦争悪魔ロシア・バレエ団の入国禁止を訴えた署名活動を行っていた。この行動は正義そのもの。真に人間的な行動でもある。が、私が懸念するのは、この署名運動に署名した日本人の数が百万人とか二百万人とかでなく、微々たる数字ではないかとの怖れ。もしそうなら、日本は正義を失った不正義民族ということになる。さらにも人間的な道徳を失った悖徳の非人間と言うことになる。ともあれ、スルシンスキ氏は、こう言った。

「文化を人間から切り離して考えることはできない。ウクライナ文化は、ロシアの侵略で危機に瀕している。ロシアの芸術家は自由に演奏する機会がある。一方、ウクライナの芸術家は爆弾を避けシェルターに身を潜めている」。

 そればかりでない。ロシアは侵略し占領したウクライナの、その文化芸術を根絶せんとしている。現に、ウクライナ国ヘルソン州立オーケストラの首席指揮者ユーリー・ケルパテンコ氏を、ロシア軍は自宅で射殺した。ロシアは、芸術は全て政治・戦争の道具としか考えない。ロシアの戦争に協力しない、自由と独立の芸術があるなどとの考えは、ロシアには煙ほども存在しない。このロシアの侵略の最中、芸術と政治は別であるなど、アクドイ詭弁にも程がある。

(2022年10月20日記)  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。