ウクライナついに蛇島“無血奪還”に成功。ならば日本も、北方四島“無血奪還”に国民挙げて爆走しよう──無交渉/無条約のみが、北方四島を確実に取り戻す唯一無比の賢策

Pocket

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 6月30日、ウクライナ軍は、小麦輸出の大型貨物船の海上ルート「オデーサ→ルーマニア領海→ボスポラス海峡」上に位置する、ズミーイヌィ島(漢字表記「蛇島」)を奪還した。ロシア国防省も、いつもはダンマリなはずが慌てふためき、「同島の駐留軍を撤退させた」と発表した。

 2月24日、開戦と共にロシア黒海艦隊が占領したズミーイヌィ島は、ルーマニアのドナウ側河口から37㎞の地点にあり、NATOにとっても戦略的要衝の島。ネットの動画を見ているとウクライナ製の自走榴弾砲「ボフダーナ」が、この37㎞遠隔の島に着弾していた。ウクライナ兵器産業の能力がかなり高いのに感心した。

 なお、私はかねてから、日本が供与するハプーンを四基づつ束ねた25セットを、10トントラック二十五台を改造した臨時発射台に搭載し、(ヘルソンの西部を含めて)オデーサからドナウ河口まで満遍なく配備することを提案してきた。黒海の西側沿岸に出没するロシア黒海艦隊の水上艦艇を一隻残らず撃沈し、ボスポラス海峡までの海上ルートの安全確保を確実にするためである。

 むろん、ズミーイヌィ島を侵略したロシア軍に、ハプーンを雨霰とお見舞いすることも含んでいた。今般の奪還報道には、私が予定していた“日本からのハプーンに感謝する”が欠如しているのは、ひとえに岸田政権を蝕む《対ロ忖度“病”》からの、日本国の武器供与を禁止する臆病風が原因。

 さて、ズミーイヌィ島の奪還で、黒海西海岸沿いの海上の安全は大いに好転した。が、「オデーサ→ルーマニア領海→ボスポラス海峡」ルートの海面下には、ロシアのキロ級潜水艦が常時二隻は張り付いており、オデーサ港に封鎖されている約百隻の小麦貨物船の出航は、今なお、不可能。

 西側が仮に対潜駆逐艦三隻を供与しても、ウクライナには実態として海軍はなく、その慣熟訓練に二年間が必要で、現時点の小麦輸出には間に合わない。私は、国際法・中立法規に抵触せず、キロ級ロシア潜水艦の撃沈をどうすれば可能になるか、2月24日からずっと思案している。が、妙案が浮かばない。それはともかく、ウクライナとNATOの戦略的要衝「ズミーイヌィ島」“無血奪還”は、実に慶賀に堪えない。6月30日夜、ネットでこの報を見た時、私は思わず「万歳!」と叫んだ。

ウクライナの蛇島“無血奪還”が教える、北方四島“無血奪還”こそ最高の日本外交

 さて、日本国民よ。じっくり考えて欲しいことが三つある。第一。ウクライナは、ズミーイヌィ島を奪還するに、プーチンと交渉したのか。交渉など一秒もしていない。第二。ウクライナは、ズミーイヌィ島を奪還するに、ロシアと条約を結んだのか、条約など煙ほども存在しない。第三。ウクライナは、ズミーイヌィ島を奪還するに、その兵士は一人でも戦死したか。一人でも負傷したか。戦死傷者はゼロ名。 

 まさに対ロ無交渉/対ロ無条約を貫いたが故に、ウクライナはズミーイヌィ島の完全奪還を無血で成功したのである。(1965年の二十歳の時からだから、私がいつしか57年間も主張し続けてきた)対ロ外交の大鉄則「ロシアとは無交渉・条約を徹した時のみ、日本国は対ロ要求を完遂できる」がいかに真理であるかを、今般、有難いことにウクライナが証明してくれた。日本国は、ウクライナに感謝しても感謝しきれない。

“スーパー暗愚”岸田文雄/“KGBロスケ”萩生田光一/“ロシアの犬”日本のガス会社

 4月6日upの本連載「ロシアのウクライナ侵略の次は北海道」第九号は、すでに20号を越えた本連載論稿(原稿用紙で総計800枚)の中でも際立って重要な論文。仮にも読者が露烏戦争に日本はどう対処すべきかを考えるなら、第九号は座右において羅針盤とすべきと強く推奨したい。

 第九号タイトル「陸自は択捉・国後に無血進駐する準備の戦力を挙げよ」(執筆4月3日)は、二テーマからなる。第一節のモチーフは。「岸田総理よ、おバカ丸出しの暗愚を捨て、国家の安全と対ロ制裁の大義において、急ぎサハリン2から撤退せよ」。第二節のモチーフは、「陸自よ、北方四島はロシア軍事力が空っぽ。日本国の領土だから、公然堂々と進駐(=駐屯地の移動)せよ」。

 第一節について。6月30日のプーチンの「サハリン2を接収!」宣言に慌てふためく前に、私が二ヶ月前になした提言がいかに正確で的確だったか、無責任とデタラメでふざけ半分に生きている岸田政府や関係私企業は、少しは反省したらどうだ。日本国で例外的にただ一人、KGBロスケでないロシア専門家・中川八洋の提言や予測で、過去数十年にわたり外れた事柄は一つもない。対露ビジネスをする企業で、私の提言や予測を万が一にも等閑視すれば、いずれ大火傷では済むまい。

 一方、日本国の総理は、暗愚どころではない生まれつき脳内空洞の超お馬鹿・岸田文雄。口を開けば、「これから検討します」だけ。そのエネルギー担当大臣が、新規にロシアKGBにリクルートされた、これまた脳内おバカの“暴力常習の非行少年”上がりの萩生田光一。

 そればかりでない、ロシア産天然ガスを買う日本のガス会社の社長は全員、大道物売りをする貧困家庭の五歳児並みの無知ガキなのはどうしてなのだろう。彼らは異口同音に、ロシア産天然ガスを購入する契約の危険性も有事の対処方法も知らない。火星人の鳩山由紀夫もびっくりの、“妄想と非常識”東京ガス社長を、例として後述する。ともあれ、“総理失格の白痴”岸田文雄に警告した、4月3日執筆の本連載第九号のほんの一部を、以下紹介しておこう。二ヶ月前に、私のこの賢策に従っていれば、岸田は今般の大火傷はしなくて済んだ。

「また、Bいつでも樺太天然ガスの対日供給をストップして、(原発稼働ゼロ状態と相まって)日本をエネルギーなしに追い込み日本の対ロ無条件降伏を強制できるレバーとして、樺太天然ガスを日本に開発させたのである。

 つまり、日本こそが、ロシアの対日侵攻力を育て、またロシア侵略時にあっては日本がそれを阻止できない自縄自縛状態に自らを追い込むために、樺太天然ガスを開発してきた。が、日本がエネルギーをロシアに依存することは、日本が自殺装置を自分の首に巻き付けることと同じである。

 この《侵略される被害予定国(ウクライナとの戦争が終われば、ロシアは日本を次の標的として決定している)に、ロシアの侵略軍事力を強化させる》“ロシアの侵略方法”のことを、ロシアでは(レーニンの命名だが)“役に立つ白痴”戦略という。エリツイン/プーチンは、「サハリン1&2」をもって、レーニンの“役に立つ白痴”戦略を日本に適用し、着実に実践してきたのである」。

 このカッコ内引用文が、いかに厳密に現実に基づいているか、岸田よ、6月30日のプーチン発表で、初めてわかっただろう。が、私の提言の重要性は、現実に起きることを百%の確度で予測するからではない。日本国の対外政策が依拠すべき“道義”と“法”を説いているところにある。

 具体的には、日本はロシアにウ侵略の戦費を一ドルでも絶対に与えてはならない。という大義から、日本国の対外政策は逸脱してはならないのだ。日本は道義国家であるべきことにおいて、岸田文雄は、対ロ制裁を発表した3月中に、「サハリン1&2からの撤退」を宣言する、これ以外の選択肢は無かった。また、国家の外交では、時宜を得た先制性なしには、国家の名誉を守りきれるものではない。この「時宜を得た先制性」外交こそは、世界の平和と法秩序に貢献し続けるための叡智でもある。

 しかし、共産党とグルで脱原発に固執するコミュニスト岸田文雄は、日本の電力不足を促進し、日本経済と日本国民の生活を破壊することに没頭するのみ。つまり岸田は、日本をして、国家衰退&滅亡ならびに日本国民の破滅状態での阿鼻叫喚に誘導している。一億日本人は、岸田政権の対ロシア制裁の中途半端が日本国の命取りになるのを気づかないが、これは一億日本人が、文字通りに家鴨や豚並みに劣化し、通常の人間の水準を維持していないことに発生している。

“火星人”鳩山由紀夫もびっくり、現実“自覚”不能の内田高史・東京ガス社長の妄想

 日本国の大義「サハリン1&2の撤退」を妨害している民間企業は、ロシアに騙されてこのプロジェクトを推進してきた三井物産や三菱商事よりも、このプロジェクトから天然ガスを購入するガス会社の罪の方が大きい。この事は、内田高史・東京ガス社長の、五歳以下でも口にできない、次のスーパー妄言を聞けば、瞬時にわかろう。4月12日付け『朝日新聞』は、こう記録している。

「わが社は、天然ガスの一割をサハリン2から調達している。その契約は2031年まで残っており、中途解約しても調達相当分の違約金を支払う契約になっている。だから、天然ガスを買わない場合でも、ロシアからは《代金を支払え》となる」。

 これほど度外れスーパー馬鹿の内田高史が東京ガスの社長をやれるのが、劣化が著しい日本の実情。ロシアとの契約を破棄すれば、全ての関係も契約書自体も打っ飛んで存在しないから、一ルーブルも代金を支払う必要はない。要は、支払わなければ、それで東京ガスは「サハリン2」との全ての縁が切れるだけ。ロシアは、日本の裁判所に「違約金を支払え」の訴訟を決して提起しない。

 が、度外れのスーパー馬鹿である内田高史は、ロシアが契約書を引っ提げて提訴するとの幽霊を幻覚しては恐怖に震えている。ロシアの対外行動パターンのイロハすら知らず、対ロ貿易をする、そのような馬鹿、馬鹿、馬鹿が日本中に蠢いている。日本の国家的最期は近い。

 それよりも、内田高史は人間ではなく、殺戮と破壊を享楽する悪魔である。ウクライナの人々が何万人も殺戮され、町や家を破壊され、ウクライナの二百万人以上(うち三十万人が子供)がシベリアに強制連行されている時に、現実的にあり得もしない違約金を妄想しては御託を並べるとは、真面ではない。東京ガスの社員は一丸となって、“非人”内田を、会社から叩き出す倫理を実践されたい。

北方四島は戦車ゼロ/榴弾砲ゼロのがら空き。無血進駐による無血奪還の好機到来

 話が脱線してしまった。ウクライナ「ズミーイヌィ島」“無血奪還に学ぶ、が本稿のモチーフ。戻す。

 現在、国後・択捉島(総面積は沖縄本島の四倍の4千㎢)には、二種の地対艦ミサイルと地対空ミサイルしかなく、地上軍は全てウクライナ戦線に移動した。つまり、北方四島のロシア軍は、ガラガラの空っぽ。まさに、無血進駐の好機が、天祐として日本に降りてきている。

表1;「北方四島→ウクライナ」に移動した武器

 が、理論的に無血進駐できる情況の到来している状態と、実際に無血進駐をどうやるかとは、かなり相違する。つまり、後者は、そんなに安易になせるものではない。

 まず、軍事行動を起こす場合、この行動の目標をしっかと明確化しておく必要がある。つまり、日本国の北方四島“無血進駐”の青写真を具体的に定めることが先決で、この種の行動は、初めてここから始まる。つまり、次の囲みを定義的に確定してから、具体的な作戦を立てていくのである。

 国後島に一ヶ師団(兵員一万、戦車150輌、榴弾砲30門、多連装ロケット20基、対空ミサイル)、択捉島に二ヶ師団(兵員二万、戦車300輌、榴弾砲60門、多連装ロケット40基、対空ミサイル)を上陸・配備する。

 これに付随し、バル&バスチオン搭載車輛を、日本の戦車砲で直撃・破壊し、このミサイル部隊を全員投降させる。序。空自の出動が無いため、無血進駐にはほとんど障害にはならないが、地対空ミサイル「S‐300V4」も戦車砲で完全に破壊しておく。この三ミサイル部隊の投降ロシア兵は、(憲法第九条二項というトンデモ憲法で)日本には捕虜に関する法律が立法されていないので、法務省に不法入国者として送致される。

 一般ロシア住民については、無血進駐が完全終了した時点で、ナホトカに強制送還する。南樺太は、国際法上、未だ日本国領なので、万が一にも、ここに送還してはならない。

北方四島“無血進駐”が簡単にできた1990~4年。しなかった世界一のアホウ日本

 仮に、日本が1990~4年、無血進駐を決行していれば、陸自の三ヶ師団は遠足気分で、文字通りの「国後・択捉」無血進駐が、あっという間に完了していた。なぜなら、当時の北方四島のロシア地上軍兵士は、給与がもらえず、一人残らず島から逃散していて、ロシアの軍隊らしきものは北方四島には影も形も無かった。

 また、無血進駐時に日本がもっとも懸念すべきロシア太平洋艦隊も、樺太空軍基地からの対地攻撃機も、1990~4年、これまたガタガタだった。前者では、乗り組みの海軍兵士は三分の一しかおらず艦隊行動は不可能で、多くの艦艇は錨をウラジヴォストークに降ろしていただけだった。給料を支払わないのだから、兵士は食うために下船し、どこかでバイトするのは当たり前。これが、当時の情況の一端。

 だが今は、この1990~4年とは情況は違う。北方四島の地上軍が消え、ここに陸自が上陸してもドンパチ撃ちあう可能性が消滅した情況だけは同じだが、他の情況は同じではないからだ。例えば、北方四島に巣食う旧KGB国境警備隊──日本の漁船を不法に拿捕しまくっている──の小軍艦が露烏戦争前と変わらぬ勢力で存在している。ウラジヴォストークのロシア太平洋艦隊は、1990~4年のように機能不全に陥っているわけではなく、戦闘能力を有している。

 つまり、2020~25年、無血進駐を実行するには、周到な準備がいる。順不同で以下、羅列。

A、北海道の石狩岳の山麓に、射程800~1500㎞の米国の核巡航ミサイルを最低三十基配備する。その敵標的は、東部軍管区総司令部のあるハバロフスク、太平洋艦隊のウラジヴォストーク、対「日本」侵略兵器兵員の船積み港ナホトカ、樺太の二空軍基地、沿海州にある約五十の空軍基地のうち主要な十空軍基地、等。

B、スペインに、ウェルドックのあるファン・カルロス1世級軽空母を2~4隻を急ぎ発注し、これを旗艦に、定員二万人の日本版海兵隊を急造する。この軽空母の艦載機は、F-35B。また、国産の「おおすみ」級揚陸艦8隻を追加急造する。

C、LCAC(エア・クッション型揚陸艇)を100隻、水陸両用歩兵戦闘車を180輌、米国から購入する。米国のLCACは、戦車の場合は1輌/歩兵戦闘車の場合は3輌/榴弾砲の場合は2門を積載できる。兵員だけに使う場合は145名を積載できる。

 陸自は今、LCACを一隻も保有していない。また、戦車など積載のLCACにも兵員を載せるべく、(大騒音と大風圧を避ける防音壁のある)小さな人員輸送用モジュールを大量に造り、戦車や榴弾砲の隙間に置けば、一隻当たり十二名ぐらいは載せられるだろう。距離は、標津から羅臼にかけての海岸から国後島・択捉島までの短距離。

D、国後島のバル基地に40艇、択捉島のバスチオン基地に60艇のLCACを奇襲させれば、前者では四百名、後者では六百名の特殊部隊員を上陸させることができる。かれらの主任務の第一は、国後島の「バル」と択捉島の「バスチオン」の破壊。第二の任務は、海方向が相当な要塞化されている前者の古釜港、後者の単冠湾の制覇。これらの軍事作戦が終われば、海自が輸送を担当できる。

E、用心のために、米軍には青森県三沢沖に原子力空母を一隻、並びに根室空港には海兵隊のオスプレイ二十機を待機してもらう。

F、北海道と新潟県は要塞化する。前者については、戦車1500輌・人員15万人態勢など。石狩岳/雌阿寒岳に軍用シェルター、札幌・旭川などの公共施設・大型病院は全て地下を核シェルター化。詳細は別稿。

 上記は、討議用の粗いデッサン。実際には極めて緻密で詳細な無血進駐の計画書を作る。これは、米国海兵隊の専門家を数名雇用しなければならない。陸自から海兵隊二万人を抽出するが、このうち司令官候補の数名は、この計画書作成に参画する。なお、無血進駐の好機であれば、海兵隊ができる前であれ、現有の組織・装備で直ちに決行する。

ロシア民族は侵略地から追い出されると直ちに侵略自体を“忘却”。内心隠しの演技?

 さて、一億日本人全員は、戦後、共産党・朝日新聞や社共系の極左教員によって、徹底的にロシアに関するイロハ知見が剥奪された。一億日本人は、ロシアの当たり前の行動パターンに無知蒙昧の“ロシア音痴”。だから、ロシアから北方領土を奪還し、そこに不法侵入中の犯罪ロシア人二万人を追放すると、彼らは日本を憾むとか可哀想とかのデマを信じる、溢れかえるバカ日本人ばかり。

①ロシア人は侵略した領土から叩き出されると、あっけらかんと、すぐ忘れる。演技しているようには見えない。例えば、1979年12月にアフガニスタンに侵略したロシアは、レーガン大統領に西ドイツ配備のパーシングⅡを撤去してもらう代償として、1989年8月、撤退した。

 問題は、この後。ロシアは、それから三十年間以上、アフガニスタンに侵略していた事実を、高官を含め一言も口にしない。完全忘却。しかも、演技ではなく、どうも本当に忘れている。

 これは東欧諸国を1945年~1989年11月まで四十四年間以上も植民地にして徹底的に収奪し、また膨大なソ連軍を駐留させKGB第二総局による恐怖政治をしていたのに、解放後のエリツィン政権もプーチン政権も、この東欧支配四十四年史について、一言も語らない。注意してそうしているようには見えない。ロシアは、自分の東欧支配の四十四年史自体、頭からすっぽり抜けて完全忘却している。

②ロシア人はチンギス・カーンのモンゴル帝国の、思想と精神における純血の末裔。この故に、ロシア民族文化は完全なる遊牧民族のそれ。日本人のような典型的な定住農耕民族文化を一欠けらも有さない。だから、北方四島のロシア人二万人をナホトカに強制送還すると、このナホトカ港に降りたった瞬間、元島民のロスケ達は、北方四島に住んでいたこと自体を忘却して思い出すことが無い。記憶が消えるのである。

 移動するノマド(放浪者)であるロシア人は、今いるところが“母なるロシアの大地”。すなわち、“母なるロシアの大地”は、固定しておらず絶えず移動している。我々日本人のように、故郷とか子供時代に慣れ親しんだ懐かしい父祖の地とかの、通常の土地感覚が全く無い。今般も、ウクライナ人を二百万人以上、シベリアに強制連行したが、ロシア人には故郷が無く、乞食などの放浪者と同種の、ロシア人固有のノマド感覚が、“他民族の強制移住”という残忍なロシア政策に決定的に関係している。

③要は、北方四島を日本に奪還され、追放されるロシア人は全員、「北方四島?? そんなところ、俺らロシア人は知らないなー/一度も行ったことが無い」となる。この程度のロシア民族文化、日本人は、少しは知ったらどうか。

                                            (2022年7月3日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。