小池百合子は、“データ妄想病”大曲貴夫や“ヤクザ医師”尾崎治夫と組み、《夜の街》に「人民の敵マーク」を貼りまくる“《廃業・失業》快楽症の疫病神”──日本経済の破局「革命」及び迫るロシアと中共の侵略脅威隠しが目的の新聞・テレビは、“コロナ集団ヒステリー”煽動報道を止めない

Pocket

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 本稿は、小池百合子の「7月15日」記者会見に戦慄するものを感じ、7月16~7日に急ぎ執筆した。ただ、この執筆中の7月16日、「Go Toキャンペーン」を巡り安倍晋三と小池百合子の場外乱闘が起きた。ために冒頭では、この「安倍・小池の真昼の決闘」に少し触れる。

 日本人に限り“ただの風邪”にすぎない「武漢ウィルス」を煽りに煽って、国民を恐怖に慄く“コロナ集団ヒステリー”に焚きつけた国家的大犯罪において、安倍晋三と小池百合子は、1月から5月までは、呉越同舟の共犯関係の仲間だった。例えば、1月中旬までに、対中“相互渡航”全面的鎖国をすれば武漢ウィルスを水際対策で阻止する絶対的な特効薬になったが、安倍・小池は協同して、「国賓」来日予定の習近平に対し媚態外交に終始し、二カ月間もこれを遅らせた。

 日本におけるコロナ蔓延のA級戦犯が安倍晋三/二階俊博/小池百合子/公明党/鈴木直道らなのは、証拠十分。“未曽有の大借金”六十兆円は、安倍晋三/二階俊博/小池百合子/公明党/鈴木直道らが支払うべきである。見識ある日本国民の諸君! そう声を上げて頂きたい。

“人気至上主義の三枚舌”安倍が勝つか、“《夜の街》潰し狂の貧乏神”小池が勝つか

 コロナ感染者数を増やせば増やすほど政局動乱は不可避となるから、武漢ウィルスは安倍晋三退陣への起爆剤に活用できる。しかも、人気が上がるなら毒饅頭すら喰らう安倍晋三は、その幼児性もあって、「武漢ウィルスを退治した偉大な政治家に成れる」と逆さに錯覚する“スーパーお馬鹿”。有害無益な2・27休校や五百億円の国民の税金をゴミ捨てしたアベノぽい捨てマスク配給は、“史上空前の脳内ゼロ宰相”安倍晋三の度し難いおバカさのほんの一端にすぎない。

 7月5日に東京都知事選に再選された直後から安倍晋三への(打倒の)闘志を剥き出しにする小池百合子は、だから、この安倍晋三の超弱点であるコロナ感染者数を急騰させるべく、遮二無二、PCR検査数を(医学的な意図からではなく)政治的に増やした。まさに安倍・小池“真昼の決闘”が始まった。小池百合子の直近の狙いは「Go Toキャンペーン」潰しだった。

 7月16日の「東京都感染者286名」は、4月平均1000名検査の五倍に近い検査数4683名の成果。が、この286名、陽性率で見れば6.1%。4月平均20%に比すれば、武漢ウィルスの伝染力は既に極めて弱い。余波とは言えても、第二波ではないことはしっかと証明されている。

 だが、安倍晋三も強かな悪徳政治家。「Go Toキャンペーン」を“東京抜き”で強行した。東京都内の旅行業者やホテル・旅館・土産物店業界は、怨嗟の声を小池に向け始めた。この意味で、この勝負、安倍の辛勝と言ったところか。第二ラウンドの安倍・小池のデスマッチが待ち遠しい。

一、悪質な営業妨害「ガイドラインを守らない店は避けて」は、憲法違反! 

 なお、教養が高い当該ブログ読者には不必要だが、念のため、注意を喚起しておきたい。新聞テレビが発表する感染者数は、各保健所等からPCR検査の結果が報告・集計された日の数字。感染日の感染者数ではない。4月で謂えば、集計数字のピークは4月11日。が、感染日に修正すると、二週間前の3月28日がピークだった。これは当時すでに判明していた(注1)。が、尾身茂/脇田隆字/西浦博は、この事実を隠蔽し、4月に入ってから「これから感染爆発が起きる!」と、科学に無知蒙昧でデータが読めない“無学・無教養のスーパー痴呆”安倍晋三を強迫し緊急事態宣言を発出させた。

 今般の「7月16日の286名、7月17日の293名」も、小池百合子の都知事再選のために、ハチャメチャに検査を増やした結果である。特に、人為的に20〜30代を対象に検査を集中させたのだからウィルスの死骸に反応したエセ陽性者が相当数混じり込んでいる。7月末になれば、16~17日の数字がピークだったと判明する可能性も高い。要は、今般の不確かな数字に騒ぐ輩は、小池百合子や西村康稔と同じ誇大妄想狂の騒ぎ屋で、理性を有さない劣等ゲス人間といえる。

 実際の感染状況は、死者数と重症患者数に、最も科学的に表れる。東京でECMOを利用している重症患者は4月26日の最高十八名から下降し続けてきて、7月16日現在一名に過ぎない。人工呼吸器ですら、東京都で使用している患者は、4月24日の最高八十九名から一貫して減少し、7月16日現在八名に過ぎない。即ち、感染者数が7月16・17日に急騰したのは検査数と検査対象の選択にあたって恣意的操作をした結果。感染動向とはいっさい無関係。取扱注意が必要な参考値。

 また、死者数は、表1で明らかだが今は一日平均0.8名。日本では武漢ウィルスは完全に終息した。

表1;死者数が示す、完全終息した武漢ウィルス病

 さて、話を本稿執筆の動機に戻す。7月15日、小池が左手に「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲げ、右手に小池は自分のアピールを要約したパネルを掲げた記者会見の光景を見た時、私の小さな眼がまん丸く大きくなったように感じた。このパネルの言葉に仰天したからだ。

 なぜなら、そのパネルは、「ガイドラインを守らないお店は避けて! (ステッカーのあるお店に!)と書いているからだ。政治権力が民間零細企業のささやかな営業を妨害する、知事の権力濫用の最たるものではないか。全体主義/ファッシズムの暗黒政治そのものの実践ではないか。限度を越えた、許されない権力の暴走である。小池百合子は、自由社会日本の自由を破壊せんとしている。

 “貧乏神の宅急便”小池百合子や“ミニ・ヒトラーになった気分の赤い幼児”西村康稔は、“真赤な嘘八百”「コロナは怖い」を大義名分に、毎日を真面目に生きている善良な都民から、その生存権・生活権を剥奪せんとしている。これは、明らかに重大な憲法違反。なぜなら、「自由、生命、財産の追求が保証されている国民の権利」の侵害だからだ(憲法第13条、第25条)

 小池百合子や西村康稔は、ヒトラー/スターリン/近衛文麿を再現するファシストで、自由社会・日本の敵である。2020年の日本は、ファッシズム体制だった1937~45年の暗黒日本に回帰している。武漢ウィルス“集団ヒステリー”を消滅させるに、小池百合子や西村康稔を刑務所に収監する喫緊性を、健全な日本国民は自覚し行動に移されたい。

 話を、小池百合子が振りかざした悪魔パネルに戻す。飲食店に対する東京都のガイドラインは、科学的にも医学的にも妥当とは程遠い。科学的・医学的に間違っている可能性の方が極めて高い。飲食店では、換気と消毒を小まめにすれば充分であり、「客と客を仕切るアクリル板はナンセンス」「一席ごとに空けることもナンセンス」が医学的には正解。これは、キャバクラやホストクラブでも同じ。

 「“ドイツ民族の敵”ユダヤ人」を捏造した大量殺人鬼ヒトラーと同じく、小池は「東京都民(=人民)の敵」として“嫌われ職業”「キャバ嬢」「風俗嬢」「ホスト」を標的(バイキンマン)にデッチアゲた。介護老人施設や病院の危険性に比すれば、キャバクラ/ホストクラブの方がはるかに安全ではないか。つまり、ガイドラインを守らない方が科学に適い、ガイドラインに従う方がピエロで人間の尊厳を失った家畜たちだと断定できる。「小池百合子こそ人民(東京都民)の敵」は、12月になれば全日本人の常識となるだろう。

 12月以降に自殺者を大量に出したい“疫病《悪魔》”小池百合子は、科学や医学に違背する“狂”ガイドライン作成を快楽し、本性“残忍冷酷”を丸出して悪魔パネルに自己陶酔する。4月には“日本一の最凶デマゴーグ”西浦博とベタベタし、今でも“度外れの無学無教養ヤクザ医師”尾崎治夫や“データ妄想病の狂人医師”大曲貴夫を側近にしている。小池百合子の“残忍冷酷”は治癒不能。

 尾崎/大曲の両名は、デマゴーグ西浦博と同類で、人格的にも能力的にも、正常な医師の範疇にはない。だから、“善良な人間、真面目人間”に対し憎悪し(破産や自殺に追い込んで)破滅させたい“人間憎悪”病(or人間呪詛教)を病むサイコパス小池百合子の好みに合致した。類は類で群れる。東京都庁とは、“反・医学の狂った伝染病対策に暴走する魔窟”の何物でもなかろう。

(備考)東京都のステッカー「感染防止徹底宣言」は“適マーク”だから、表面上は、ナチがユダヤ人の家のドアに「敵」マークを貼ったのとは真逆。が、この“適マーク”が無い店は即「不適」と連想されるから、ナチのやり方と本質は同じ。東京都のステッカー「感染防止徹底宣言」は、小池百合子の悪魔的な残忍非道が産んだ“反科学の差別”である。善良な都民に対する一種のテロリズムである。東京都民は、東京都ステッカー「感染防止徹底宣言」に対する反対運動に立ち上がれ! そして、都民は、このステッカーの無い店に積極的に入ってあげようではないか。

二、“低学歴のヤクザ”東京都医師会長・尾崎治夫は、感染症のド素人

 デマゴーグ西浦博の同志に尾崎治夫がいる。東京都医師会の会長だが、誰も尾崎治夫を医師だとは思わない。無学無教養が前面に出るヤクザ型の政治ゴロが本職で、医師としてはクズの中のクズだから当然か。このためもあり、デマゴーグ尾崎治夫は批判の対象にすらならない。

 が、小池百合子を虜にするデマゴーグを放置する事は、東京がいつまでも“コロナ集団ヒステリー”から脱出できず、東京は健全な“通常”を回復できないことに繋がる。これは由々しき事態。

 私が、“低学歴のヤクザ”尾崎治夫の害毒性に気付いたのは、『文藝春秋』六月号の記事。広告で何とも威勢のいい「政治家は現場に来い!」を見て、東京都医師会会長は、感染症指定病院で奮闘する病院長なのかと誤解したのが切っ掛けだった。

 だが、この『文藝春秋』誌の記事(注2)を読んでビックリ。尾崎治夫なる「会長」は、禁煙のススメぐらいしかできない、東久留米市の田舎医師。いわゆる、水準以下のタダの開業医。しかも、学生も教員も際立つ劣等生しかおらず、廃校処分が適切な順天堂大卒。さらに、尾崎治夫は武漢ウィルス重者患者の現場など見たこともないズブの素人。なのに、次のハッタリ啖呵は、いったい何だ。ヤクザや暴力団でなければ、口から出ることは決してない暴言。

 「ふざけんなよ。現場がどうなっているのか、分かってんのかって言いたいよ」は、ヤクザ尾崎治夫が、安倍晋三は全く不要不急の緊急事態宣言を発出せよと絶叫した時に吐いた3月28日の言葉。3月28日は、安倍晋三が「まだ宣言を出す段階ではない」と記者会見し、安倍にもまだ幽かに最後の正常が残っていた日。この記事によると、こうも毒づいたようだ。それは全て真赤な嘘ばかりではないか。尾崎治夫とは、まさしく正真正銘の“嘘つきヤクザ”。

「現場からはもう無理だ、何とかしてくれと言う声があがってきてる。こんなんじゃ患者も救えない。緊急事態じゃないというなら、国会(「総理官邸」の間違いか?)の中に閉じこもってないで現場を見に来いって言いたいよ」(166頁、下段、丸カッコ内中川)

 尾崎治夫が度し難いヤクザで暴力団タイプなのは、この記事は4月20日頃のインタヴューで、3月28日の自分に関する尾崎自身の回想である。4月20日頃には、真面な医師は皆、4月7日の緊急事態宣言は不必要だったと猛省していた。なぜなら、東京でも全国でも重症患者のECMO/人工呼吸器利用率も病床利用率も「超ガラガラだった」ことが判明していたからだ。3月28日の東京都内におけるECMO利用患者は3名、人工呼吸器利用患者は11名だった(注3)

 気狂い級の大嘘付きヤクザの尾崎治夫は、この数字を知りながら、「現場からはもう無理だ、何とかしてくれと言う声があがってきてる。こんなんじゃ患者も救えない」と、真赤なスーパー嘘を捏造する。尾崎治夫は、先天的虚言病の犯罪者。まさに小池百合子好み。今でも小池百合子は、ヒトラーとゲッベルスの関係を彷彿とさせ、尾崎治夫とは大の仲良し。嘘つきは嘘つき同士で群れる。

三、小池百合子に誇大妄想数字を吹き込む“データ妄想狂人”大曲貴夫

 デマゴーグは西浦博だけではない。厚生省が所管する国立国際医療研究センターの大曲貴夫(感染症センター長)は、“第二の西浦博”として、妄想数字を振り撒くことでは、西浦博に迫る。

 東京都の感染者数が165名になった7月15日の、東京都の対策会議(小池は「モニタリング会議」と呼称)のメンバーとして大曲貴夫は、奇妙奇天烈な数字を披歴した。それはこうだ。

 大曲貴夫は対策会議で、「165名のうち感染経路不明者が75名(「87人」が正しいから大曲の誤解か?)おり、一週間ごとに倍増していく」と、実に奇々怪々な珍論狂説を展開した。つまり、四週間後には16倍、さらにその四週間後には16倍となる、と。そして合計8週間後の二ヶ月後には256倍となり、感染経路不明の感染者数は、「75名×16倍×16倍=1万9200名になる」と言い放ったのである。ために、“思考力ゼロの丸暗記バカ”小池百合子は、記者会見で、大曲貴夫“発案”の荒唐無稽数字「1万9千人」を口にした。

 東京都の対策会議は、まさに気狂い病院と同じ状況を呈している。西浦博はデマゴーグだが、精神異常者ではない。が大曲貴夫は、デマゴーグと言うよりも、急ぎ病院に収監せねばならない狂人。

 感染経路を調査するのは濃厚接触者を洗いだし早期に他の感染者を発見するためであり、保健所において必要な数字。保健所以外では何の意味もない数字。一般に公開すべき数字ではない。これを公開してきたのは、共産党員が多い感染症医師群が、死者数と重症者数を隠蔽する代わりとして、政治的に発表したからである。

 要するに、感染経路不明の感染者数を独り歩きさせて「毎週二倍になる」など、学問的にもナンセンスの極みで“反・学問”。さらに、そのようなことが万が一も起きないことは、3~4月の二カ月間の、感染者数の増減に合わせて増減する、日本の感染経路不明のデータが、すでに充分に証明済み。

 大曲貴夫だけが痴れるこの狂説に従えば、「感染者数が300人、うち感染経路不明者数2万人」などが起こることになる。厚生省は、大曲貴夫を直ちに精神病院に収監し、同時に国家公務員法に基づき、分限免職に処せられたい。(注4)

四、西村康稔よ、コロナを「指定感染症」から解除し、終息宣言を出せ!

(1) 2月3日、横浜港に接岸したダイヤモンド・プリンセス号で院内感染が大発生した時から、私は、日本の感染症医師を観察する破目になった。15名を越える、TVに出てくる感染症医師の水準以下の余りの劣悪さ/出鱈目さのオンパレードには正直言って腰を抜かした。しかも、その人格はトンデモ人間ばかり。専門家とは、学術的知見と人格上の倫理道徳性の両面で合格した者をいう。

 正常かつ水準以上は岩田健太郎氏(神戸大学教授)だけだった。彼以外は、目を覆うほどの欠陥医師ばかり。こんな医師が教授である大学は、全て廃校にすべきである。今般判明したように、日本は「医者は過剰、看護師も過剰」の国。税金の無駄を省くため、二割以上の削減は必要だから、医科大学は、ばっさりと五校ほど廃校にした方がいい。

 DP号院内感染問題から早半年、この間、岩田氏以外で真面な医者を見たことがなかった。が、7月17日午前5時、『東洋経済online』に、「新型コロナ、日本の重症化率・死亡率が低いわけ」とのタイトルで、高橋泰氏(国際医療福祉大学教授)のインタヴュー回答が掲載されていた。医学に適う真っ当な話に驚いた。ほんの一部を紹介する。本ブログ読者はネットで全文を読まれたい。

○「日本人の98%は自然免疫で処理でき、次の人にうつさない(=感染チェーンが切断される)。つまり、感染しても、発症する日本人は2%しかいない」。

○「発症者死亡率は、日本人の70歳以上は0.4%、欧米では2%と、まだ信頼性は高くないが仮説できる。これだと10万人当り、日本人死亡者は0.9人、ベルギー人死亡者は82人となる。日本人死亡率の現実《欧米人の百分の一》に一致する」。

○「ウィルスが現状の特性を維持している限り、日本では全国で3800人以上死ぬことはない(=人口十万人換算で3人以下)」「日本での自殺者は年2万人強。景気悪化の時は1万人以上が増えるので、3万人超となる(人口10万人換算で24人。景気悪化が原因で8人が自殺)」。この数字に基けば、「2人のコロナ死亡を防ぐために、8人を殺していいのかの問題が、今、日本に突き付けられている」。

○「30歳未満の重症化リスクは限りなくゼロ。学校で対面授業を行わない/スポーツをさせないは、間違った政策」。

(2) 岩田健太郎氏/高橋泰氏のほか、真面な医師があと二人いる。7月12日のTVタックルに登場した宮澤孝幸氏(京都大学准教授、東大農学部卒)と木村盛世氏(健康を害し無職か。筑波大学医学部卒。ジョン・ホプキンズ大学・医学大学院修士)。両名は、愛知医科大学の“度し難いバカ教授”三鴨廣繁を相手に正論を吐いていた。惜しいことに両名はテレビ討論での勝利に不可欠な笑顔がなかった。笑顔や間合いは、廃校にすべき劣悪以下の愛知医科大学の“クズ”三鴨廣繁を叩く時でも欠いてはならない。大竹まことや東国原を無視するのもテレビ討論のイロハ。次回は是非とも頑張れ!

(3) さて、西村康稔にスナイパー的に照準を合わせる。ナチ統制経済官庁の経産省出身で“軽佻浮薄な男”西村は、未だに自身の赤い妄説から覚醒することがない。7月16日の閉会中・参院予算員会で、西村は共産党員で札付き革命家・児玉龍彦らに対し、「一都三県で、指針を守らないキャバクラやホストクラブ等に対し、休業要請を検討する」と答弁した(注5)。逆さま!

 馬鹿げた反・医学ガイドラインを守る飲食店の方が可罰されるべきだ。守らない飲食店の方が、医学や科学を守っている正常者である。正常な無実の者が、どうして休業という加罰を受けねばならないのか。理不尽にも程がある。

 おしゃべり屋でドスケベ政治家・西村康稔は、物事を深く洞察する知性がない。新宿区がさもエピセンター(伝染の震源地)のごとき様相を呈しているが、これは(ウィルスの死骸でも陽性を示す)PCR検査を、犯意をもって恣意的に集中実施したことによる人為的操作の結果である。つまり、科学を装った政治的犯罪の結果。こんなことぐらい、西村よ、察知したらどうか。東大卒でも馬鹿は馬鹿。嘆かわしい。

 特に、参院集中審査に児玉龍彦や尾崎治夫など“病的虚言の職業革命家たち”が参考人として出席した事実から、「情報操作が目的だな」と危険を感じないのは、西村康稔のオツムが弱いからだ。また西村康稔が、慎重や用心深さを欠く三歳児レベルの幼児だからだ。

 西村康稔よ、死者数と重症者数において日本では武漢ウィルスが終息したのは瀝然としている。終息宣言を今直ぐ発出するのが正しい行政である。このためにも、内閣から雑音・狂音・妄音を奏でる尾身茂/脇田隆字/山中伸弥を叩き出せ! 代わりに、「高橋泰を正アドバイザー、宮澤孝幸を副アドバイザー」に任用し、政令「指定感染症」を急ぎ廃止しろ!

 「指定感染症」を外せば、日本人に限り伝染力を有さない軽症者・無症状者を入院させる必要が完全に無くなる。しかも、日本では重症者も中等症者もほとんどいないから、一瞬にして“集団ヒステリー”がぶっ飛んで消え、日本全体が武漢ウィルスから解放される。

 こうなれば、日本は経済活動を旧に戻せるから、今、日本を襲っている深刻な国難、中共とロシアの対日侵略の危機対処に全力投入できる。中ロに侵略されたら、国民の三千万人ぐらいは一気に殺される。うち老人一千万人は遺棄され死を選択せざるを得ない。病院などことごとく焼き尽くされ存在しないし、流通システムは切断されるから食料も手に入らないからだ。子供たちは一冬だけでも数十万人が餓死する。

 

1、『朝日新聞』6月21日付け、二面。

2、『文藝春秋』六月号(5月10日発売)、164~171頁。

3、日本COVID-19対策ECMOnet。

4、2月の当該ブログで、私は知人からの伝聞を鵜呑みし“大間違い”「大曲貴夫は真当な医師の一人」に挙げた。DP号問題で、知人が「大曲貴夫は中川先生と同じく、2月5日までに全員を下船させ、健常者は直ちに本国に帰国させ、罹患者を二週間、日本で治療する」策を採らなかったことを猛省すると喋ったと連絡してきたのを、私は鵜呑みにした。大曲貴夫の私的会話など責任逃れ弁解の可能性が高いから、大曲貴夫のDP号始末記(エセー)が出るまで、伝聞情報は棚上げするのが学者のルール。現に大曲貴夫は、学術的論文はむろん、DP号始末記も出さなかった。

5、『朝日新聞』7月17日付け。

(2020年7月16~17日記)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です