フィンランドNATO加盟は「対ロ第二戦線・西」&ムルマンスク奇襲態勢。日本も対ロ国交断絶し北海道「アメリカ中距離核戦力」配備で「対ロ第二戦線・東」を構築しよう──芬と日本は対ロ挟撃の前線兄弟。ロに対ウ停戦させるな、降伏を強制するのだ

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 フィンランドのマリン首相が来日した(5月11日)。私は、マンネルヘイム元帥の信奉者だから、嬉しくてならなかった。憲法第九条が1962年までに改正され“建軍の大義”と国防軍の設置が憲法に明記され、陸海空軍の士官学校が発足しておれば、“第二のマンネルヘイム元帥”を目指していた少年の私は、東大などには入学せず、1963年からは陸軍士官学校に籍を置いただろうことは間違いない。

 防大は自衛官という身分定かでない特殊国家公務員(警察官)“養成”所。(国際法が定める)軍人を育てる士官学校ではない。1952年時点の常識「1950年代中に、第九条が改正されて、防大は三つの士官学校になるだろう」は、早くも1957年には消えた。

 私が中学二年生になった1958年、(岸信介ですらやる気が無いのだから・・・)と多くの大人から「憲法第九条改正(=陸軍士官学校の創設)の可能性は絶望だよ」と教わった。防大一期生(1953年入学)には、東大を蹴って防大に入学したのが七十名もいたが、1958年には僅か六名。1959年の防大入学者には東大を蹴った者はゼロ名。戦後日本の1960年頃まで全国にまだ多かった士官学校希望の先輩たちと同じく、私はガッカリしつつ、第二希望の、凡庸人が行く東大で我慢することを決めた(1958年)

“フィンランドNATO加盟は「対ロ第二戦線・西」&ムルマンスク奇襲態勢。日本も対ロ国交断絶し北海道「アメリカ中距離核戦力」配備で「対ロ第二戦線・東」を構築しよう──芬と日本は対ロ挟撃の前線兄弟。ロに対ウ停戦させるな、降伏を強制するのだ” の続きを読む

KGBロスケ石川一洋(NHK)/河東哲夫/小泉悠らが垂れ流す嘘八百“ロシア偽情報”の量と毒性濃度の凶悪化が止まらない──1932・5・15に始まる《“ロシア属国”日本》九十年の現況は、日本列島がロシアと中共に折半される亡国まで一㍉も変わるまい

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 知床観光船二十六名溺死事件が発生した途端、日本の新聞テレビは、ロシアの対ウ侵略についての報道を、一気に十分の一に減らした。ウクライナの酸鼻な戦場光景のみならず、北条時宗麾下の鎌倉武士を彷彿とさせる勇猛敢闘なる国防精神が満ちるウクライナ国民について報道すれば、それは必然的に日本国民に健全で正しい反ロ感情を形成する。また日本国をして常識的な対ロ国防政策を採用せしめる。

 ために、ロシアKGBの完全支配下にある、NHKほか民法テレビ各局も、朝日新聞・産経新聞ほか日本全国の全新聞も、実は心底ではウクライナの戦況を報道したくない。だから、知床観光船二十六名溺死事件は、日本国民の眼と頭を、残忍非道なロシアのウ侵略問題から逸らす千載一遇のチャンスに活用された。これが、対ロ売国を絶対社是とする、例外一社と無き日本全国の新聞テレビの、いわゆる“ロシア侵略隠し”なる犯罪報道の実態である。

“KGBロスケ石川一洋(NHK)/河東哲夫/小泉悠らが垂れ流す嘘八百“ロシア偽情報”の量と毒性濃度の凶悪化が止まらない──1932・5・15に始まる《“ロシア属国”日本》九十年の現況は、日本列島がロシアと中共に折半される亡国まで一㍉も変わるまい” の続きを読む

JR恵比寿駅のを含め、ロシアの日本侵略を手びく「ロシア語」道路標識/鉄道標識は、北海道はむろん、日本全国一つ残らず撤去しよう──ウクライナを罵倒しても、ロシア侵略の被害国「烏」の領土奪還を一言も発しないKGB佐藤正久の恐ろしい正体

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 日本に漂う亡国の気配は、気配ではない。物理学的慣性となっている不可逆の現実。日本には、国家が具備すべき根本基盤も、日本人が人間ならもつ精神や思考のイロハも、いずれも腐蝕消滅して煙ほどにも見えない。匂いすら嗅げない。国家存立の根本基盤とは、国を物理的に守らんとする諸法律を含む国家安全保障の国策。民族存立の精神とは、国家を支える民族の倫理道徳精神。

 日本国を亡国の奈落へと引き摺り落とす日本人の堕落と腐敗は、東京・山手線JR恵比寿駅で起きた事件にも端的に露わ。ここ二十年を経ずして、日本国は地球から消える。その時、世界史の大家は、「日本国の亡国は、JR恵比寿駅から始まった」と記すだろう。

“JR恵比寿駅のを含め、ロシアの日本侵略を手びく「ロシア語」道路標識/鉄道標識は、北海道はむろん、日本全国一つ残らず撤去しよう──ウクライナを罵倒しても、ロシア侵略の被害国「烏」の領土奪還を一言も発しないKGB佐藤正久の恐ろしい正体” の続きを読む

ロシア帝国とは“十三世紀モンゴル帝国の継承国家。ロシア人とは元寇のモンゴル兵と同一 ──母ウクライナ(キーウ・ルーシ)から産まれた息子ロシア民族が殺戮と強奪を快楽する“残忍獰猛きわめる悪魔民族”なのは、チンギス・カン騎馬軍団の“生きた化石”だからだ

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋    

 日本では、勝利への道を驀進しているウクライナに対し、「早く降伏しろ」と躍起に煽動する“ニューKGBロスケ”が、結構な数、地下から湧き出してきた。“狂人”非人の橋下徹、満洲引き上げ(備考1)の遠藤誉、日本共産党員の馬渕睦夫、などがそれ。

 ウクライナが早く降伏してくれないと、ウクライナ戦勝後に世界中でKGBロスケ狩りが始まるから、日本では札付き旧ロスケKGBの岩下明裕/佐藤優/袴田茂樹/田久保忠衛/佐瀬昌盛/鈴木宗男/鈴木貴子らは戦々恐々で真っ青。橋下徹や小泉悠らは、どうやらこれら“旧KGBロスケ”のピンチ・ヒッターで登板している。“旧KGBロスケ”ながら厚顔無恥を曝して派手に新聞テレビでご活躍なのは、両親も本人も党籍を持つどんな刑法犯罪もOKの学問業績ゼロ以下の“凶悪共産党員”中村逸郎だけか。備考2に、その他を、ほんの一部だが言及。

(備考1)いずれ出版予定の専門書『ロシア満洲侵略とスターリン直轄だった関東軍』(ノモンハン戦争を含む)で一頁ほど触れる予定だが、名を成した満洲引揚者は、反ロ保守を貫いた森繁久弥ひとりを除き、ほぼ全員が極左&スーパー親ロばかり。長尾龍一(東大教授、法哲学、KGB、中核派シンパ、日本共産党嫌い)、藤原正彦(『国家の品格』の著者、KGB)、宝田明(映画俳優、共産党員?)、澤地久枝(党籍のある共産党員)、なかにし礼(アナーキスト、小説『赤い月』)、遠藤誉(中共「対日」工作員、KGB)などは、その一部。

(備考2)橋下徹とは異質な方法でロシアに忠誠を誓っているKGBロスケには、“スーパー対ロ売国奴”安倍晋三や“反米狂”田母神俊雄らがいる。彼らは中共の脅威と防衛力増強を声高に叫んで、ロシア脅威を打ち消して歩く。人格不健全を極める共産党系反戦運動家の“赤いマントヒヒ”テリー伊藤はゴミ人間だから、取り上げる必要はない。

 話を戻す。ロシアKGBを絶対支配者として戴く日本の学界では、一般通念上のロシア専門家(学者)は一名もいない。その証拠に、今、テレビ新聞に出てくる詐称「ロシア専門家」の中で、学術的論文を書けるのは、小泉悠氏ただ一人。ただし小泉悠氏は、ロシア軍に限定した専門家。一般通念上の語彙「ロシア専門家」が含意する最優先絶対条件が、「一にロシア史、二にKGB(付記)、三にロシア伝統思想・共産主義思想」に精通することならば、これら三分野の知見を欠く小泉悠氏は、「ロシア専門家」としては文句なしだが、この厳密な狭義においては「ロシア専門家」には括れない。

“ロシア帝国とは“十三世紀モンゴル帝国の継承国家。ロシア人とは元寇のモンゴル兵と同一 ──母ウクライナ(キーウ・ルーシ)から産まれた息子ロシア民族が殺戮と強奪を快楽する“残忍獰猛きわめる悪魔民族”なのは、チンギス・カン騎馬軍団の“生きた化石”だからだ” の続きを読む

ロシアの対ウ侵略を助太刀する“プーチンの共犯者”安倍晋三の悪魔的「反日」犯罪リスト──“スーパー対ロ売国奴”安倍晋三を今後も温存すべく、その犯罪隠蔽に躍起な『文藝春秋』『WiLL』『朝日新聞』&TV各局の情報操作

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 今般のロシアの対ウクライナ侵略で、米欧は大きく変化した。ポーランド/チェコ/スロバキアの東スラブ語族がこぞってウクライナの準同盟国になっただけではなく、ここにデンマーク/ラトビア/リトアニアも加わった。永世中立国スイスまでウクライナ支援の烽火を挙げた。

 そして何よりも英国貴族と騎士道の末裔たる英米加豪アングロ・サクソン四ヶ国は、中立法規遵守の枠内ぎりぎりで全力を挙げウクライナの対露勝利への支援を惜しまない。欧州からはるか離れた辺境の豪州ですら、ウクライナ国旗を塗装した装甲兵員輸送車二十輌の供与を開始した(4月7日、3月1日には五千万㌦を供与した)

“ロシアの対ウ侵略を助太刀する“プーチンの共犯者”安倍晋三の悪魔的「反日」犯罪リスト──“スーパー対ロ売国奴”安倍晋三を今後も温存すべく、その犯罪隠蔽に躍起な『文藝春秋』『WiLL』『朝日新聞』&TV各局の情報操作” の続きを読む