「ご即位パレード」を狂信共産党員・河西秀哉の人民主権論で讒謗報道したNHK──日本人の皇室敬仰は二千年間不変の自然感情で永遠

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 NHKに対して高市早苗・総務大臣が、厳しく対応している。当然のこと。NHKの政治報道は、共産党細胞によって牽引・支配されており、日本国民を“暗黒の共産日本づくりの革命”に誤導するのを“社是”とする。日本が真に日本国たらんとすれば、「反・日本」のNHKそのものを存在させてはならない。言うまでも無かろう。

 その意味で、高市早苗のNHK対策は、むしろ生ぬるく甘すぎる。総務省は、NHKを解体(民営化)する方針を確固と持つべきだろう。また、その決断の実行こそが日本国の担当官庁として、総務省の当然の職責履行。総務省は、NHK解体民営化の責任を片時も忘れてはいけない。

“「ご即位パレード」を狂信共産党員・河西秀哉の人民主権論で讒謗報道したNHK──日本人の皇室敬仰は二千年間不変の自然感情で永遠” の続きを読む

一国の宰相である安倍晋三が、“素姓不審者”櫻井よし子と対談(痴話雑談)していいのか──妖婦の吹く“ハーメルンのエロス笛”に、底なし沼に沈んだ日本会議

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 本稿は、紙幅の都合その他の理由で、前々稿と前稿において割愛した部分を復活したもの。

一、前々稿「即位大礼に“天皇制廃止の時限爆弾”を仕掛けた安倍晋三」

(1) 前々稿で、マーガレット・ミッチェルやT.S.エリオットに言及したのは、文章の修辞からではない。それらは、保守主義の消滅や大衰退を慨嘆する、政治思想史上に重要な作品だからである。両名は、日本における“二千年の天皇制度を保守せんとする保守主義の精神”が腐食的に消えんとしている恐ろしい光景を、令和の日本人に代わって警告している、と考えたからである。

 なお、長すぎと割愛したのは、附記として掉尾に掲載する予定だった、次の「保守主義で建国された米国における、保守主義の衰退と再興」。

“一国の宰相である安倍晋三が、“素姓不審者”櫻井よし子と対談(痴話雑談)していいのか──妖婦の吹く“ハーメルンのエロス笛”に、底なし沼に沈んだ日本会議” の続きを読む

文在寅への集団ヒステリーは、安倍晋三「対ロ外交大破綻」“隠し”の情報操作──“北鮮「対日」工作本”『月刊Hanada』と「在日」櫻井よし子の悪魔的「洗脳」犯罪

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 文在寅(ぶんざいいん)は、韓国の中でも際立つ過激「反日」人士。また、北朝鮮の独裁共産党(朝鮮労働党)の党員である可能性もある。等々は、2017年5月の文在寅の大統領就任以来ここ一年半を通じ、誰でも知っている衆知のイロハ。今さら騒ぐ話など、何一つない。

 しかも、歴史事実にも法的に正しい処理にも違背する、韓国の狂った徴用工「無法判決」への報復としての、日本の対韓国経済制裁は順調に成果を上げている。とすれば、今しばらくは様子を観察するのが外交。この基本を逸脱し高飛車な追撃などすれば、逆効果を招く恐れもある。

 だのに、『月刊Hanada』や『WiLL』という、無学歴・低学歴の(国益などからきしわからぬ)クズ人間たちが手にする民族系「下衆(ゲス)」雑誌は、何を血迷ったか、韓国に対し集団ヒステリーの狂態を呈して大騒ぎ。これら雑誌に、相当にどす黒い「自国毀損」の他意・犯意が潜んでいなければ、日本へのブーメラン必定の、こんな有害行為、するわけがない。

 自国が奈落に転落する深刻な危機事態が発生した時、それを隠蔽する常套手口の一つに、「こっち(国内)を見ない。あっち(外国)を向いて。あっちの方が大変だ」と、注目すべき真に重大・深刻な国内問題に国民の目がいかないようにする、“国民の関心を外国に逸らす”戦術がある。『月刊Hanada』や『WiLL』の、文在寅に対する集団ヒステリー煽動の狙いは、これだろう。日本国にとって敵は、文在寅でも韓国でもない。『月刊Hanada』や『WiLL』である。

“文在寅への集団ヒステリーは、安倍晋三「対ロ外交大破綻」“隠し”の情報操作──“北鮮「対日」工作本”『月刊Hanada』と「在日」櫻井よし子の悪魔的「洗脳」犯罪” の続きを読む

即位大礼に“天皇制廃止の時限爆弾”を仕掛けた“狡猾な民族系コミュニスト”安倍晋三

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 10月22日、新天皇・今上陛下の御即位の大礼を、光栄にも、テレビで御拝視聴させて頂いた。最初に頭をよぎった事が二つ。

 第一。共産党系・八木秀次一派の「廃太子キャンペーン」(注1)、および“狂暴アナーキスト軍団”西尾幹二一派の“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』をもっての新皇后陛下へのアクドイ中傷誹謗を(注2)、双方とも、まさに高貴な華麗さをもって斬り倒し、今上の新天皇陛下への皇位継承を果された先帝・上皇陛下の“譲位ご聖断”の正しきに、昭和天皇の偉大なポツダム宣言受諾の“ご聖断”が重なる感無量の感動に襲われた。

 第二。高御座に登られた新天皇の今上陛下に、今から二千年以上を遡る昔、奈良県畝傍山の橿原の皇居に設けられた、さほど高くはない「祭壇」にお登りになられた日本国最初の即位式──そのほとんどは大嘗祭に継承されている──における神武天皇が、重なる光景がふと眼に浮かんだ。

“即位大礼に“天皇制廃止の時限爆弾”を仕掛けた“狡猾な民族系コミュニスト”安倍晋三” の続きを読む

シベリア強制奴隷労働(のスターリン命令)承諾者は、種村佐孝/阿南惟幾/近衛文麿──瀬島龍三は「107万人」シベリア連込み実行犯

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

  “ロシアの「対日」大犯罪”シベリア強制連行・大量殺戮をうやむやにすべく、周到に仕組まれた“1991年4月ゴルビー嘘数字”拡散工作の後、この“世紀の非人道犯罪”の更なる隠蔽の念押しの一環で、エリツィンのロシアが仕掛けた対日謀略(偽情報撒布)の一つが、1993年、“KGB直轄”産経新聞に命令して実行された、斎藤六郎対瀬島龍三の八百長論争の大キャンペーン。

“シベリア強制奴隷労働(のスターリン命令)承諾者は、種村佐孝/阿南惟幾/近衛文麿──瀬島龍三は「107万人」シベリア連込み実行犯” の続きを読む

シベリアの嘘墓に詣でる「強制連行犠牲者」遺族は、死者の無念を冒涜する、“スーパー暗愚”な対ロ売国奴!

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

(1) まず、「シベリア被殺戮日本人数とその墓」に関する基本入門書を紹介する。次の四点を詳読せずに、シベリアの日本人墓地・墓穴を論じることは不可能だからだ。すなわち、この四点を読まずば、日本人の墓がロシアには一つも存在しない現実を推定できない。代わりに、「ロシアは至る所に親切にも墓建立を認めてくれた」と、錯覚する。また、ロシアとグルの厚生省が犯意をもって日本国民(遺族)を欺く真赤な嘘を、日本人は“お馬鹿”になって糾弾できない。日本人の堕落・腐敗・痴呆化は、世界史にも類例がない。

“シベリアの嘘墓に詣でる「強制連行犠牲者」遺族は、死者の無念を冒涜する、“スーパー暗愚”な対ロ売国奴!” の続きを読む

収容のシベリア遺骨は99%非日本人、シベリア「日本人墓」には日本人は納骨されていない──厚生省担当者に、ロシアKGB直属の「敵国人ロスケ」以外はいない

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 『朝日新聞』2019年9月28日付けは、私が1980年から四十年間言い続けてきた自明のことを報道していた。日本人シベリア「107万人」強制連行・「60万人」大量殺戮の、この「60万人」犠牲者の墓など、ロシアには特定できる墓は一つも存在しない。当然、厚生省が持ち帰った「遺骨」と詐称されている骨は、全て無縁仏ロシア人か、ロシアに殺害された他の外国人の骨。つまり、どこの馬の骨かわからぬ代物ばかりを「日本人の骨」と詐称し“世界一の「超アホバカ」腐敗堕落民族”日本人を騙して、それによって金や経済協力をふんだくるロシア流の対日外交の一つである。“ロシア官庁”厚生省(備考)は、ロシアの“日本騙し”犯罪外交の共犯者に過ぎない。厚生省の担当者は過去に遡って全員を懲戒免職に附し、退職している者に対しては退職金全額返納の措置を講じるべきである。

 なお、上記『朝日新聞』の報道記事の見出しは、次。

“収容のシベリア遺骨は99%非日本人、シベリア「日本人墓」には日本人は納骨されていない──厚生省担当者に、ロシアKGB直属の「敵国人ロスケ」以外はいない” の続きを読む

プーチンの靴を舐める“敵国人ロスケ”安倍晋三、ついに発狂──満洲/樺太スターリン献上の“悪魔”白鳥敏夫が憑依した?

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 安倍晋三は、9月11日、(来年の東京オリンピック後に退陣するとすれば)おそらく最後の内閣を組閣した。だからだろう、安倍晋三は、日頃は用心ぶかく名演技する「民族系」擬装や“フェイク保守”を、かなぐり棄てて、あからさまな共産党「自民党支部」内閣をぶち上げた。なぜなら、安倍晋三/菅義偉/河野太郎“コミュニスト・トロイカ内閣”だからだ。外務大臣となった“強度の共産主義シンパ”茂木敏充を加えれば、まさしく“共産党「自民党支部」内閣”以外の何ものでもない。

 さも安倍晋三の後継者のごとく、外務大臣の次に防衛大臣という最重要ポストに横滑りした河野太郎とは、“対ロ売国奴三代目”として悪名高く、また“自民党コミュニスト三代目”なのも広く周知のこと。安倍晋三も、“対ロ売国奴二代目”だし、(河上肇→野坂参三の系譜にある)“コミュニスト国会議員三代目”だから、河野太郎とは家系イデオロギーが完全に一致する義兄弟。

 安倍晋三の「民族系」演技や「親米」擬装は超一流。舌を巻かざるを得ないレベル。本稿は、“「親米」擬装の大名人”安倍晋三が、六年半の“フェイク”「日米同盟重視」の嘘演技を、「もう飽きた」とばかり投げ捨て、ロシア一辺倒もここまでするかの、異様を越えた「9・5狂演説」を解剖するもの。

“プーチンの靴を舐める“敵国人ロスケ”安倍晋三、ついに発狂──満洲/樺太スターリン献上の“悪魔”白鳥敏夫が憑依した?” の続きを読む

共産党の非合法化せずに日本国の存続は、もはや不可能 ──松平徳内twitterでの“共産党非合法化”論争への判決

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 私ごときが、学識と教養を誇る「松平徳内」氏のtwitterを覗き込むのは僭越だとは承知している。しかし、「松平徳内」氏は、今や日本でほとんど消えかけている数少ない真正の愛国者。敬意をもって時々拝見させて頂いている。

 また、「松平徳内」氏は、謙虚な人格において英国風紳士を彷彿とさせる。例えば、T.S.エリオットを引用しているラッセル・カーク『保守主義の精神』の邦訳で、civil society orderを(教条的な共産党員の)訳者は「市民社会秩序」と意図的誤訳をしている。これについて「松平徳内」氏は、“エリオットの専門家”早大O准教授との会話で「文明社会の秩序」と、正しい訳を提案。しかし、政治思想に無知なO氏は拒否。が、これを論難せず、彼の顔を立て引っ込めている。英米には、「市民社会」という政治概念は煙ほども存在しない。

 デヴィッド・ヒュームの『Political Discourses』を『市民の国について』、ジョン・ロックの『Two Treatises of Government』を『市民政府論』など、(英国には存在しない)フランス革命の政治概念「市民」を政治的意図から冠させる(日本人学生を共産革命煽動・洗脳すべく)曲訳タイトルは岩波書店ら共産主義者がデッチアゲたものである。

“共産党の非合法化せずに日本国の存続は、もはや不可能 ──松平徳内twitterでの“共産党非合法化”論争への判決” の続きを読む

「満蒙開拓団」関連の文献解題──読者からの問合せへの回答

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 8月26日upの「朝日新聞8・15キャンペーン批判」の中で、角田房子『墓標なき八万の死者』を紹介したことで、読者から、「満蒙開拓団」関連の文献解題をして欲しいという手紙をもらった。この手紙を見ながら、“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”につき、これまで失念していたことをふと思い出した。満蒙開拓団を含め在満洲一般邦人の地獄史は、①これから三十年以内に日本列島上で起きる事の近未来の歴史の映像・光景であって過去の歴史ではないと、これまでかなり注意喚起してきたつもりだが、もう一つの警告を忘れていた。

 ロシアと中共は、1992年から既に三十年近く、“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”を日本列島に再現させるべく、十七年間(1928~45年)の満洲に絡む“逆走と暗愚の日本の対外政策”を研究し、日本にそれを繰り返させ、②近未来に、日本みずからが“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”に向けて爆走するよう、日本の新聞テレビ完全支配を通じて、日本を誘導し煽動している。この戦慄するほどに恐ろしい現実を直視せよ/気付けよと、日本人に警告するのを忘れていた。

 霞が関の赤い官僚も赤い学界も赤い新聞テレビ出版界もすべて、ロシアと中共の完全支配下にあり、両国に操られるままに、日本人がみずから“1945年満洲の阿鼻叫喚の生き地獄”に爆走しているのを気付かせないようにしている。「ここ三十年以内に、一億日本人を集団自殺と日本国滅亡に追い込む」ための、ロシアと中共が奏でる(朝日新聞やNHKを通じて)“ハーメルンの魔笛”に、日本人が覚醒し払拭できる特効薬が一つだけある。“満洲の1945年の生き地獄”に至った歴史を省察し、1928年から1945年に及ぶ十七年間の、日本の狂った逆走対外政策(外交と軍事)を歯噛みしながら自省・自戒すること、それが日本人が日本を取り戻す唯一の選択肢である。

“「満蒙開拓団」関連の文献解題──読者からの問合せへの回答” の続きを読む

中川八洋教授「特別ゼミ」開催のお知らせ テーマ;「朝日新聞の“猛毒ドグマ”《多様》《共生》《SDGs》を日本から一掃せねば、日本の“国家死滅”は不可避」

 上記テーマの三時間ノン・ストップゼミを、下記要領にて都内ホテルにて開催することになりましたので、お知らせします。当該ゼミがいかに緊急に重要なものかは、中川八洋教授作成のレジュメをお読み頂ければ、一目瞭然です。ただ一言。

 ロシアが“独裁”共産党を追放し東欧が解放されたのに(1991年末)、日本のみ世界の潮流に逆走し、1992年から“世界の奇観”日本社会の共産化、及び次代の日本人に対し生体手術的に(超アパシーな夢遊病者型人間への)残酷・残忍な人格改造をする、二つの革命を過激に推進しています。“レーニンの亡霊”が支配する悪魔の地獄で笑い転げる「“赤い狂人”になった日本人」と言えます。

 しかし、良識ある保守日本人が、仮にいても、これに気付くことはありません。日本人の知的劣化と人格的粗暴化は、世界史的にも空前絶後で、そのような知性も学力も倫理も、もはや存在しないからです。しかも、“赤黒(アナ&ボル)”産経新聞や“共産党の対民族系無能化洗脳部隊”日本会議が、朝日新聞・共産党が促進している過激共産革命に、わずかに残る最後の保守的日本人が気付くことの無いよう、徹底的に盲・聾にする情報遮断(盲目化)の洗脳を行っているからです。

 今般の特別ゼミが解剖するのは、朝日新聞・共産党の“極左ドグマ”「共生」「多様」という“日本を国ごと全面破壊するスーパー劇薬”。及び、共産党語「共生」「多様」を援護する、国連コミュニスト軍団作成の“悪魔の先進国窒息剤”「SDGs」(2015年9月採択)。中川教授は高度に学術的な分析をなさると思います。そして、中川教授が持参される教育現場の多くの資料に、ゼミ参加者全員、卒倒して気絶されることは間違いないでしょう。

 

      記

1、日時;9月23日(月、休日) 午前11時半から午後2時半。

2、場所;都内ホテル

3、ホテル製昼食は各自ゼミ中。中川先生は、昼食抜き。

4、持参すべきもの;次の“高濃縮エボラ・ウィルス”三書

  a マルクス『共産党宣言』、岩波文庫。(事前リーディングをお願いします)

  b ルソー『人間不平等起源論』、岩波文庫。

  c フーコー『性の歴史Ⅰ』、新潮社。

5、ハンス・ケルゼンの価値相対主義も講義予定ですが、事前リーディングや持参はありません。

6、2015・9・25国連採択「SDGs2030アジェンダ」は、インターネットでパラパラ眺めておいて下さい。

7、中川八洋『民主党大不況』第一章はゼミで活用します。持っている方は持参して下さい。

8、afterゼミは、2時45分~4時半。テーマは「安倍晋三《反・国防主義》の代償は、もはや修復不能」。費用は中川先生が負担。

 

      「入ゼミ」手続き

1、入ゼミ希望者は、氏名、住所、固定電話、生年月日、卒業大学・学部名、職業(現所属企業名など)を、次のnakagawamagazine@gmail.comにメールして下さい。期限は、9月12日午後5時。当ゼミでは名簿はなく、またゼミでの本名使用は禁止です。

2、メール受信後、入ゼミ手続き関連の資料を直ちに郵送します。

令和元年9月4日

中川教授「特別ゼミ」事務局長   吉田寿太郎

“中川八洋教授「特別ゼミ」開催のお知らせ テーマ;「朝日新聞の“猛毒ドグマ”《多様》《共生》《SDGs》を日本から一掃せねば、日本の“国家死滅”は不可避」” の続きを読む

日清・日露戦争は“善の戦争”、大東亜戦争は“悪の戦争” ──正義の“国防”戦争を、“祖国叛逆”共産革命戦争に含める朝日新聞

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

【初めに】

 久しぶりに長期休暇をとった。「8月1日から19日まで」だからほぼ三週間。8月20日の朝、作業室の机(両袖机二台連結)の脇に二十日分の朝日新聞が積まれており、そのチェックから夏休み明けが始まった。

 朝日新聞は、祖国日本を憎悪し、日本の転覆・破壊・消滅を図るヴァンダリズムの祖国叛逆に、一般国民を誤導・洗脳する記事のみを書く。この朝日新聞固有の特性は、1910年の(日本人の朝鮮人化《=嘘つき病罹患と下劣粗暴化》を狙った)韓国併合キャンペーンをはじめ、1906年以降、百年以上も変ることがない。朝日新聞には、“報道機関の新聞”の匂いも姿勢も皆無。それこそが、朝日新聞。

 しかも、朝日新聞の現在の社是は、日本国を「多民族共生社会」に改造し、しかも、その実態は「共生」ではなく、(現在のウィグル族やチベット族が漢民族の奴隷になっているのと同じ)少数民族・日本人を侵入する他民族に支配させ「奴隷化」する“地獄の新日本づくり”を目指すこと。オウム真理教の残忍残酷よりはるかに残虐・暗黒の、日本憎悪教を狂信する“狂気と殺人(「未生の日本人年間100万人以上殺戮」のこと)の超カルト宗教新聞”『しんぶん赤旗』の丸写しだから、当然だろう。朝日新聞を読めば、日本人の人格から“日本”が抹殺され生物学的ヒトに変態し、日本国をロシアと中共に献上して祖国日本を消したくなる自国破壊・廃滅に走り出す。

 かくて、毎年8月のお決まり「朝日」煽動洗脳記事は必ず、これからの日本人の絶滅(絶滅危惧種的な少数民族化)と日本国を漢民族とロシア民族に献上する方向への最後の仕上げが目的の、オウム真理教の「アルマゲドン」の百万倍も狂気の、共産党が祈祷する“悪魔のカルト宗教経文”「戦争反対!」「核兵器反対!」ばかりで埋め尽くす。

 夏休み明けのブログ第一号のテーマとしてはありきたりで恐縮だが、祖国憎悪「反日」教を狂信する気狂い達が絶叫調で踊り狂う、カルト宗教経文「戦争反対!」「核兵器反対!」を、一刀の下に斬り捨てることにしよう。

“日清・日露戦争は“善の戦争”、大東亜戦争は“悪の戦争” ──正義の“国防”戦争を、“祖国叛逆”共産革命戦争に含める朝日新聞” の続きを読む

警告射撃もさせない“国防否定狂のロスケ”安倍晋三 ──日本領土の中ロ献上を狙い、安倍晋三は“憲法大改悪”に暴走

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 平時・有事ともに日本の国防力を破壊的に弱体化せんとするのが、安倍晋三の“フェイク憲法改正”。ところが、現状より日本の国防情況が大幅に悪化する“憲法第九条の大改悪”を、あろうことか逆さに、「通常の憲法改正」だと思い込んでいる“馬鹿以下の日本人”が、民族系を筆頭に日本人のほとんど。日本人の知的思考の(幼児以下への)大劣化と精神の腐食的アパシー化は、今や、留まるところを知らず。言葉「深刻な重病レベル」では、舌足らず。

“韓国空軍の正しい警告射撃”を批判した“ロスケ”河野太郎と“共産党員”菅義偉

 2019年7月23日は、日本のズサンを越える自衛隊法の深刻な欠陥を露呈させただけではない。常軌を逸した“逆立ち「反日」外交”と“反・国防主義”を主義主張とする、“吉本興業の滑舌芸人”安倍晋三首相が、日本の“固有の領土”を毀損する“敵国人ロスケ”であるのを、またしても実証した。

 その最たるものは、菅義偉と河野太郎に、記者会見で愛国心ゼロを前面に喋らせたトンデモ内容に明らか。両名は、竹島上空の領空を、午前9時頃、二度にわたり侵犯したロシア空軍A-50空中警戒管制機(備考1)に対する韓国空軍の、フレア(曳光)弾発射を含む、警告射撃(バルカン砲360発、備考2)に関し、次のように語った。

(韓国空軍の戦闘機による警告射撃については、)竹島領域に関するわが国の立場──固有の領土である事──に照らして到底受け入れられない。極めて遺憾だ」(菅義偉、注1)

 「この菅発言、余りに奇妙奇天烈だ」と気付いたなら、まともな日本人。「スクランブルした日本の航空自衛隊が警告射撃をしようとしたら、横から韓国空軍が分け入ってきて、先に警告射撃した。けしからん」なら、理に合う。が、安倍晋三内閣は、実際には、航空自衛隊に、「竹島上空の領空侵犯機に対しては、阻止・排除行為をしてならない/黙認しろ(竹島の領空内で、空自戦闘機が飛行するのを禁止する)との命令を出している。そればかりか、竹島周辺には、日本は、防空識別圏すら設定していない。つまり、日本政府は、《竹島上空は、韓国の防空識別圏である》と、公式に認めている。

“警告射撃もさせない“国防否定狂のロスケ”安倍晋三 ──日本領土の中ロ献上を狙い、安倍晋三は“憲法大改悪”に暴走” の続きを読む

ニーチェ系の狂気が一段と進む西尾幹二 ──“新皇后テロルの狂書”を未だ焚書しない西尾幹二とワック社

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

【blog再掲の理由】

 本稿は、タイトルは若干変更したが、2017年1月25日に「掲示板」にupしたブログ「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史(35)」の再掲。再掲の理由を、以下に簡略に触れる。

 去る5月1日、新天皇陛下が践祚され、同時に、新皇后陛下も立后され、洵に慶賀に堪えず、私は余りの嬉しさに一日中、神棚に「二礼二拍一礼」を何度も繰り返していた。作業室の近辺に著名な神社があればそこに参拝したかったが、あいにくと心当たりが無く、結局、このような一日となった。一ヶ月ほど経って、「やはり5月1日の午後、新幹線に飛び乗り、5月2日早朝に伊勢神宮、その午後に熱田神宮に参詣し、新天皇・皇后両陛下に《神の特段のご加護》を祈るべきだった」と、悔やんだ。

 この5月1日から丸三ヶ月、今日の7月30日まで私はある動きを待っていた。が、未だにそれがない。よって、本稿を再掲することに決めた。何を待っていたか。ワック社が西尾幹二著『皇太子さまへの御忠言』を絶版にし、また古本屋や市中在庫から徹底的に残部を回収し焚書(裁断を含む)して、その後、ワック社が責任をとって閉店する措置(動き)のこと。

 なぜ、ワック社とその社長・鈴木隆一の動きを待ち、西尾幹二の動きには期待しなかったか。それは、このブログ論考を一読すれば氷解する。西尾幹二は、ニーチェと同じ精神分裂病の最終段階で、良心がカラカラに乾き空洞と化し、善悪の区別も混然・朦朧とできなくなり、新皇后陛下の立后に合わせ『皇太子さまへの御忠言』を絶版し、その後に自裁する判断力を既に持ち合わせていない。

 当然、日本史上、空前絶後の“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』の出版の責任は、ワック社社長の鈴木隆一がとるしかない。ついては本ブログ読者諸兄へのお願い。本稿を読破された後、ワック社社長・鈴木隆一に対し、①西尾幹二著『皇太子さまへの御忠言』を直ちに絶版にせよ、②古本屋や市中在庫から徹底的にその残部を回収し焚書(裁断を含む)せよ、とfaxして頂ければ、幸甚至極に存じ上げます。

“ニーチェ系の狂気が一段と進む西尾幹二 ──“新皇后テロルの狂書”を未だ焚書しない西尾幹二とワック社” の続きを読む

仁徳・応神天皇“御陵”のユネスコ登録は、刑法「礼拝所不敬罪」。安倍晋三よ、直ちに登録抹消の手続きをとれ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 安倍晋三の皇室侮辱と天皇大権簒奪の過激さは、今や、止まるところを知らない。冷静に観察すればするほど、“スーパー反・天皇”安倍晋三に比すれば、菅直人/鳩山由紀夫/野田佳彦の民主党政権の方がはるかに中道穏健だった。現に、先帝(上皇)陛下に対して譲位を禁止し、1792年夏のルイ十六世の強制退位を再現した“2019年4月30日共産革命”は、民主党政権ではできなかった。それは、志位和夫のシャム双生児で過激共産党員そのものの安倍晋三だからできた、狂暴極める天皇制廃止革命であった。

 人民法廷をイメージした「譲位禁止」式で見せたように、安倍晋三が、“コミュニスト安倍家三代”の本性を隠さなくなったのは、自民党総裁の任期が2021年12月で切れることと無関係ではないだろう。東京オリンピックの終了と同時に、いったん総理をやめることもありうる。とすれば、総理最後の駆け込みで、日本に対する共産革命を可能な限りしておこうというのか、民族系の偽装ジャケットは「うざい」「もはや不必要」とばかり、脱ぎ捨てたようだ。

 安倍晋三は、海外では、2013年以来、朝日新聞や共産党と寸分違わぬ純度100%の共産主義者であることを隠すことはなかった(注1)。これら安倍晋三の事実・真実をひたすら隠蔽する役割を果たしたのが、“共産党の別動隊”産経新聞/日本会議(櫻井よし子ら)。彼ら“赤黒「反日」”の団体・人士は、摩訶不思議な白ペンキで安倍晋三を塗りたくり、真赤な安倍晋三の真像隠しに爆走している。

仁徳天皇陵、ユネスコ遺産に登録」に卒倒しない“「反日」朝鮮人になった日本人”

 七夕7月7日の早朝、朝日新聞を手に取り二面を捲った時、いよいよ共産党の天皇陵暴きの大犯罪が開始するぞと、私は唇をかみしめた。刀を腰に差していたら、抜刀している。

“仁徳・応神天皇“御陵”のユネスコ登録は、刑法「礼拝所不敬罪」。安倍晋三よ、直ちに登録抹消の手続きをとれ!” の続きを読む

“フェイク親米”安倍晋三は、有事の「片務性」を、平時の「防衛負担公平性」に摩り替える“外交ペテン師”

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 安倍晋三首相は今、日米同盟で、前向き処理をすれば日本の国益に直結する二つの難題に直面した。第一は、トランプ大統領が、日米安保条約の「片務性」を「双務性」に正常化すべしと正論を提案したこと。第二は、イランのタンカー攻撃脅威に対する、ペルシャ湾における日本ほかの国々のタンカー護衛のため米国主導の有志連合結成(=参加)を打診されていること。

 条約改訂は、日米間交渉では三ヶ月もかからないが、国会での批准では朝日新聞・共産党が全力挙げて反対運動・キャンペーンを展開するため、安倍晋三としては批准の代償に内閣総辞職を差し出さねばならない万が一の事態も覚悟せねばならない。本稿では、この日米安保条約の正常化=双務化改訂問題に焦点を当てる。

““フェイク親米”安倍晋三は、有事の「片務性」を、平時の「防衛負担公平性」に摩り替える“外交ペテン師”” の続きを読む

ロシアKGB工作員の“在日マタ・ハリ”櫻井よし子は、“敵国人ロスケ”安倍晋三の犯罪を、どう巧妙に隠蔽したか

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 日本には現在4000人以上のロシアKGB工作員がおり、官界、政界、新聞界、テレビ界、学界を支配している。官界のKGB工作員の巣窟は、外務省、経産省、防衛省、自衛隊に集中している。このように日本とは、実態的にすでにロシアの属領。独立国家ではない。さらに、ロシアKGB工作員ではない、その他の日本人のほとんども、西尾幹二/八木秀次や日本会議20万人をあげるまでもなく、基本的には親ロ一辺倒で、ロシア批判など一言もした事がない。

 現に、日本には、緊迫する対ロ国防を口にする者はいない。戦雲立ち込める急迫する対ロ問題に比すれば、(日本国にとっては)ゴミほども国家危機が存在しないマイナーな韓国問題(備考)などには、幼児的に騒ぐ。ロシア脅威を日本人の目から逸らすための情報操作なのがわかっているのに。

“ロシアKGB工作員の“在日マタ・ハリ”櫻井よし子は、“敵国人ロスケ”安倍晋三の犯罪を、どう巧妙に隠蔽したか” の続きを読む

“敵国人”安倍晋三の“共犯ロスケ”朝日新聞の「豹変アリバイ工作」社説は、「ロシア北海道侵攻」歓迎シグナルか?

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 2019年7月2日、朝日新聞は、“中川八洋の弟子”が執筆したかのような、「対ロ平和条約、何のために」とか、「安倍の“プーチン抱きつき外交”の失敗」とか、えっと驚く朝日新聞らしからぬ社説を掲げた。「安倍の対プーチン抱きつき外交」とは、(中川八洋が)2013年2月から丸六年間、指摘し続けた“安倍晋三のプーチン靴舐め叩頭外交”の準・盗作ではないか。

 社説の一節「クリミヤ半島の併合など国際法違反(「侵略」のこと)を犯したロシアと今、平和条約を目指すことにも疑問符がつく」などと、朝日新聞自身も、有害かつ全く不要な日ロ平和条約締結に六年間も浮かれたのを反省したかのようである。だが、六年に亘り“敵国人ロスケ”安倍晋三の“共犯ロスケ”朝日新聞が、果して、反省するだろうか。日本を多民族共生の共産社会に革命する“赤いカルト宗教新聞”朝日新聞の辞書には、二文字「反省」は見当たらない。

““敵国人”安倍晋三の“共犯ロスケ”朝日新聞の「豹変アリバイ工作」社説は、「ロシア北海道侵攻」歓迎シグナルか?” の続きを読む

“敵国人ロスケ”安倍晋三の家・動産すべてを差押え、3000億円を賠償させよう──””対ロ売国奴”を処断せずば、日本国は地球から消え“亡国”必至となる

筑波大学名誉教授   中 川 八 

 安倍晋三とは、生れながらのスーパー外交阿呆。「外国要人と雑談しては外交」だと考えるレベル。諸外国を頻繁に訪れたから“外交の安倍”だと思い込むレベル。安倍晋三のオツムは、三歳の童子と変わらない。だが、劣化著しい日本人は、安倍晋三の過度な頻度での海外飛び回りをもって、外交をしていると錯覚する。要は、安倍晋三を”外交の安倍“などと思い違いするのは、アヒルやブタ並みの知能の日本人が急増したからである。

 例えば、強引にイランのハメネイ師との会談を申し込んだが、ハメネイ師から「お前なんかに、仲介を頼まないよ」とケンモホロロでお開き(6月13日)。世界に日本の恥をさらすべく、安倍晋三は、国費を浪費してイランに出かけたのである。イランは安倍にお土産として、「二度と来るな」と、日本のタンカーに、火薬をほとんど抜き“船腹に穴をあける”脅し攻撃を行った。安倍晋三のイラン訪問は、自国・日本を“世界の笑いもの”にする、自国侮辱の自虐が初めからの目的だったようだ。

““敵国人ロスケ”安倍晋三の家・動産すべてを差押え、3000億円を賠償させよう──””対ロ売国奴”を処断せずば、日本国は地球から消え“亡国”必至となる” の続きを読む

ロシアの領空侵犯にもプーチンの辺野古発言にも抗議せず、ただ容認の安倍晋三は、“日本のロシア属領化”を加速中

 筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 大東亜戦争を肯定する民族系とは、昭和天皇暗殺に執念を燃やした靖国神社の“赤い宮司”松平永芳や日本亡国を祈祷する林房雄を挙げるまでもなく、スターリン崇拝を源流とする。ために、大東亜戦争肯定論者は、すべからく対ロ売国奴しかおらず、日本の領土も主権も、ひたすらロシアに貢ごうとする。これを端的に証明している国賊が、今、日本で権力をほしいままにしている。言うまでもなく、日本国民としての自覚も矜持も欠如した“凶悪ロスケ”安倍晋三・首相こそ、その人である。

“ロシアの領空侵犯にもプーチンの辺野古発言にも抗議せず、ただ容認の安倍晋三は、“日本のロシア属領化”を加速中” の続きを読む

ヒトラー系“病人殺戮狂”西尾幹二は、相模原19名殺人・精神分裂病男の親族──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史30

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 (本稿は、2016年8月に発表した、『“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史』シリーズの一篇。ここに改めて本blogを愛読される諸兄にお目にかけるのは、次の理由による。新天皇陛下におかれては厳かに践祚され、日本列島がすみずみまで光暉に照らされる光栄の令和元年5月1日、“新皇后テロリスト”がこの慶賀を穢す目的で皇室を論じるという、皇室を奉戴する日本国にあってはならない不浄で不敬行為を傲岸にも実践したからである。『正論』六月号(5月1日発売)や動画(5月3日)がそれ。

 西尾幹二とは、日本史上類例のない“不敬の狂書”『皇太子さまへの御忠言』を通じて、新皇后陛下に対して、刑法不敬罪もびっくりの、血生臭い罵詈讒謗をあらん限りに投げつけた、大逆事件の幸徳秋水を継ぐ狂犬アナーキスト。

 問題は、「西尾幹二が自裁もせず・・・」だけにあるのではない。問題は、韓国・文議長の百萬倍も百億倍も不敬の犯罪者・西尾幹二のエセーや動画を読んだり視聴したりする非・国民が日本に存在すること。これら西尾幹二系の非・国民は、“反・天皇/反・皇室の地下マグマ”の一部を形成している以上、その一掃なしには、日本国の天皇制度の安泰は期しがたい。読者諸兄には、本稿を熟読吟味しつつ、西尾幹二の害毒を真剣に直視されんことを乞い願う。)

(以下、本文) “ヒトラー系“病人殺戮狂”西尾幹二は、相模原19名殺人・精神分裂病男の親族──“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史30” の続きを読む

言論弾圧に大暴走する朝日新聞の「購読者全員に罰金50万円を課す」法律を立法しよう──“健全で暖かな人柄”桜田義孝を罵詈讒謗する、朝日新聞「声」欄投稿者の“スーパー鬼畜” 

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 まったく非のないどころか、絶大に称賛されるべき時宜と的を射た正論を口にした桜田義孝・前大臣の5月29日発言に対し、翌5月30日付けだけではまだ足りないとばかり、悪口雑言の中傷誹謗を朝日新聞は執拗に続けている。これは明らかに限度を超えた、悪質を極める言論弾圧。自由な言論/思想の自由を最高レベルで擁護する、我が国の国是において、朝日新聞の発行停止と朝日新聞社の営業停止を、政府も国会も一般国民も、一丸となって真剣に考えるべき時である。

 しかも、この“限度を超えた悪質を極める言論弾圧”は、日本国を滅亡させ地球から抹殺・消滅させ、国家喪失の日本人子孫の塗炭の地球放浪を快楽せんとする、レーニン/メンギスツ系の気狂い三千人以上が収容されている「築地精神病院」の計画的大犯罪の一つ。かくも恐ろしい朝日新聞が断行する“悪魔の言論弾圧”を、自由社会の日本国が僅かでも許すなら、それは暗黒の日本全体主義体制(ファッシズム)に戻ることを意味する。 

鬼畜すらたじろぐ非人間の極み、「声」欄の投稿者「高見恭子」を法廷に引き摺り出そう

 午前五時ごろ起きた6月12日、朝日新聞をパラパラ捲っていたら、唖然を越えてビックリ仰天。眠気がぶっ飛んでしまった。「声」欄に、鬼畜ですらこれほど残忍なのは見当たらない投稿と、すり替え術を駆使した狡猾な投稿が、掲載されていたからだ。

“言論弾圧に大暴走する朝日新聞の「購読者全員に罰金50万円を課す」法律を立法しよう──“健全で暖かな人柄”桜田義孝を罵詈讒謗する、朝日新聞「声」欄投稿者の“スーパー鬼畜” ” の続きを読む

桜田前五論相の“憂国”を誹謗した蓮舫は議員剥奪、朝日新聞社は営業停止──新生児数「年250万人」回復を妨害する罵詈讒謗を準・殺人罪とする立法を急ごう

筑波大学名誉教授  中 川 八 洋

 朝日新聞社の記者たちは、レーニンの共産革命が成った1917年11月7日で、時計が止まっている。レーニンはロシアを共産社会に改造すべく、暴力とテロル(無差別殺戮)でそれを達成した。レーニンの残虐性は歴史に例がない天文学的なレベル。皇帝ネロの暴虐ぶりなど、レーニンに比すれば子供騙し。

 顔からも手からも血が滴るレーニンを教祖に崇拝する“レーニン教の狂徒”が、東京・築地で、日本人を非人間化する人格改造を狙った洗脳キャンペーンが大洪水の真赤なカルト宗教新聞づくりに勤しんでいる。これら“悪魔の狂人”3000人以上たちが盤踞するカルト宗教新聞社は、実態の通りに「築地精神病院」と呼ばれるべきだろう。

“桜田前五論相の“憂国”を誹謗した蓮舫は議員剥奪、朝日新聞社は営業停止──新生児数「年250万人」回復を妨害する罵詈讒謗を準・殺人罪とする立法を急ごう” の続きを読む

二階・幹事長の「産めよ」発言こそ、亡国に走る日本を救う正論で真理──日本人三千万人を殺した“赤い人喰い鮫”朝日新聞

筑波大学名誉教授    中 川 八 洋

 2018年6月29日付け『朝日新聞』に、“驚愕の逆立ち狂説”というべきトンデモ「社説」が掲載されていた。表題は「二階氏の発言 《産めよ》の発想の罪」。6月26日の二階俊博・自民党幹事長の講演会での発言に対して、家族解体を教理とするマルクス『共産党宣言』丸出しの悪質な罵詈讒謗を投げつけたもの。誹謗中傷以外の何者でもなく、とても正視して読むことができなかった。

“二階・幹事長の「産めよ」発言こそ、亡国に走る日本を救う正論で真理──日本人三千万人を殺した“赤い人喰い鮫”朝日新聞” の続きを読む

加藤寛治(衆議院議員)こそ憂国の真な政治家──安倍晋三は自民党の総理として“勇者”加藤寛治を大声で大称讃せよ!

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 「セクハラ」という共産主義者たちが振り回す“猛毒の共産革命語”が猛威をふるっている。昭和天皇が崩御された1989年1月以降orソ連邦がロシア帝国に回帰した1991年12月以降、世界に逆行して、日本における共産革命は年々過激さを増している。

 ソ連邦のロシアへの外装塗り替え後の日本における共産革命は、マルクス主義はかくれんぼをするかのように舞台裏に隠れ、代わりに映画グレムリンのような悪鬼フェミニズムを前面で操り、日本からすべての正常を破壊尽しすべての健全を腐食させるに至っている。直接的には、男女共同参画社会基本法が、悪性インフルエンザより性質が悪い、国家を致死させる伝染病である日本版フェミニズムの発電機となっている。だが、“カルト宗教”フェミニズムの筆頭経典は、あくまでもマルクスの『共産党宣言』。フェミニズムは、『共産党宣言』の家族解体と道徳の全面破壊を普通の女性に洗脳し暴走させる悪魔の革命ドグマである。

“加藤寛治(衆議院議員)こそ憂国の真な政治家──安倍晋三は自民党の総理として“勇者”加藤寛治を大声で大称讃せよ!” の続きを読む

日本女性の“幸福な人生”を善導した寺井壽男・中学校長に嚙みつく、“人喰い鬼畜記者”ばかりの朝日新聞

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋  

 朝日新聞社の記者に、人間を見出すのはほとんど不可能である。彼ら・彼女たちは人間ですらないから、日本人であるはずもない。朝日新聞社の記者とは、人間の仮面を被った反日の鬼畜が群れる“悪のペンを凶器に振り回す犯罪者軍団”である。

 だから朝日新聞は、不幸誘導の洗脳機朝日新聞に騙されて人生の後半から不幸のどん底に陥る日本人女性を未然に救わんと立ち上がった正しき日本国民に対し、目を吊り上げ牙を剥き出し嘘偽りの中傷誹謗記事で罵倒して社会的に抹殺する。このように、正義を転倒し真実を破壊するのを社是とする“非人間的な悪鬼”集団の朝日新聞が存在する限り、日本国も日本国民も、特に日本女性は、幸福とは真逆の不幸と陰惨の未来に誘導される。

 現に朝日新聞は、大阪市の茨田(まった)北・中学校の寺井壽男校長の、“日本人女性への真に愛情あふれる素晴らしき講話(2月29日)”に対し、中傷誹謗の讒言暴言を雨霰と投げつけた。朝日新聞社の記者とは、正確な表現を探せば女性の敵だが、どうもそれ以上だ。猛毒のウイルスを読者に注入するゾンビを本性とする朝日新聞とは、人喰い「反日」魔女・悪魔たちの群れと称すれば、そのありのままの姿とぴったりだろう。

“日本女性の“幸福な人生”を善導した寺井壽男・中学校長に嚙みつく、“人喰い鬼畜記者”ばかりの朝日新聞” の続きを読む

愛国心の四大柱──皇統護持、領土死守(国防)、新生児数250万人維持、黒字財政──を全て欠く“非国民”安倍晋三

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋  

 今や、日本人は一人残らず、完全に狂ってしまった。日本には日本国民は一人もいないどころではない。正常な人格を有し正常な思考ができる日本人がそもそも消えてしまった。当然、稀にも日本国民など見ることはできない。「日本国民」の最低要件は、この日本国を子孫に立派に相続していく義務を果すこと。

 戦後日本が多少なりとも日本国を回復した時期は、19459月から19524月までの「米国GHQ占領中の期間」だけだった。少し寛容に考えても、GHQによって一時的に回復した“日本国”の遺制と遺風が残存していた1968年まであった。

 だが、この1968年を最後に、つまり1868年の明治維新からちょうど百年をもって、日本は実体的には滅んだ。「古き良き日本人も、その温室である家族制度も消えた」からだが、ここでの“日本国滅亡”は、この意味ではない。1969年以降の日本では、日本人の顔をしている生物学的ヒトに成り下がった“非・日本国民”だらけになった事において「日本は亡国した」という意味である。

“愛国心の四大柱──皇統護持、領土死守(国防)、新生児数250万人維持、黒字財政──を全て欠く“非国民”安倍晋三” の続きを読む

国民の「自由・生命・財産」擁護の義務を負う安倍晋三は、元島民の土地(私有財産)を剥奪し、レーニン共産主義を強制 ──“国民殺し”をしない、私有財産剥奪の権力者は、世界史に皆無

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 2019年2月7日の、元島民たちの正しい「北方四島を返せ!」大会を、漫画でも描けない「北方四島はロシアの固有の領土だ」に転倒した安倍晋三の狂った演説とその異様な光景についての論評は、本ブログで2月中旬にアップした。が、重大にして最重要問題の指摘をうっかり脱落した事に気が付いた(5月17日夜)。ここに補充しておきたい。

 なお、このブログ記事名は「国後・択捉島だけでなく、日本の全領土を中ロに献上する“対ロ売国/対中売国のウルトラ非・国民”安倍晋三を、今直ぐ内閣総辞職させない自民党は、共産党より極左だ!」である。

“国民の「自由・生命・財産」擁護の義務を負う安倍晋三は、元島民の土地(私有財産)を剥奪し、レーニン共産主義を強制 ──“国民殺し”をしない、私有財産剥奪の権力者は、世界史に皆無” の続きを読む

米軍の日本国防衛を全面妨害する“敵国ロシア人”安倍晋三は“悪魔の超・反日”──「不法占拠」「日本帰属」「固有の領土」「四島を返せ」の抹殺は、ロシアの対日侵略を計画する反・国際法の極み

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

 前稿で、1930年代のドイツ人は、ヨハネ黙示録の“お粗末な盗用”に過ぎないヒトラー「ドイツ千年王国」が“ドイツの廃墟”“ドイツ人が一人も生きていない荒涼のドイツ”の転倒語だったのを見抜けず、国家亡国(戦争大敗北)の道を選択し暴走した、と指摘した。この自国の国益に叛逆する逆走は、ドイツ人が、正常人が一読すれば必ず嘔吐を催すヒトラー『我が闘争』/ローゼンベルグ『20世紀の神話』/ハウスホーファー『現代世界政治』(直観でもドイツの破局を企図しているとわかるデマゴギー本)を拒絶しなかった“思慮なき(盲目の)熱狂”の代償でもあった。

 だが、日本人は、ヒトラーに魂と理性を麻痺され自ら亡国への暴走列車となった1930年代ドイツ人を笑えない。1930年代の日本人の方が、ドイツ人よりひどく魂も理性も腐食的に喪失していたからだ。

“米軍の日本国防衛を全面妨害する“敵国ロシア人”安倍晋三は“悪魔の超・反日”──「不法占拠」「日本帰属」「固有の領土」「四島を返せ」の抹殺は、ロシアの対日侵略を計画する反・国際法の極み” の続きを読む

南樺太と沿海州に包囲された北海道をロシアに侵攻させるべく、安倍晋三は「択捉島の軍事基地化」に全面協力──ロシア満洲侵攻の軍用鉄道づくりが目的だった「服部・辻のノモンハン戦争」

筑波大学名誉教授   中 川 八 洋

(本稿は、三時間ノンストップ「6月2日ゼミ」の、最後15分間の討議部分レジュメを兼ねています)

 1930年代、ドイツで、ラジオから流れるヒトラーの対外プロパガンダ語「平和(=ドイツは戦争を欲しない)」乱発を聞き、かなりのドイツ人は、ヒトラーは「戦争による対外膨張をする」を決意している、その逆さの表現だと正しく喝破した。ために彼らは、ベルサイユ条約の桎梏から解放されるぞと熱狂した。

 一方、ヒトラーの対国内プロパガンダ「ドイツ千年王国」に、“悪魔の思想”「ドイツの廃墟」「ドイツ国の地球からの抹殺」が秘められていると透視していたドイツ人は、ハイデカーやニーチェの妹を除き、果たしてどのくらいいたのだろうか。ハイデカーは“悪魔の思想”「ドイツの廃墟」に感動してナチ党員になった。ニーチェの妹も、廃墟主義の兄ニーチェの代替をヒトラーに観想した。

“南樺太と沿海州に包囲された北海道をロシアに侵攻させるべく、安倍晋三は「択捉島の軍事基地化」に全面協力──ロシア満洲侵攻の軍用鉄道づくりが目的だった「服部・辻のノモンハン戦争」” の続きを読む